menu

書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版をリリース AIの自動読み上げ機能を活用

株式会社フライヤーは、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利便性を高めること、新たな読書機会を創出することを目的とし、要約の音声版を4月18日にリリースしたことを発表した。

AIによる自動読み上げ機能を活用し、要約記事を音声化することで、車移動が多い方、活字が苦手な方、目の不自由な方などに向けて新たな読書機会をしたい考えだ。

現在はフライヤーのウェブ版で使用することができ、今後アプリ版にも対応していくという。

フライヤーのウェブ版画面。右側に「この本の要約を音声で聴く」というボタンが追加されており、クリックするとポップアップで操作パネルが出てくる。

音声は1.2倍、1.5倍、2.0倍の倍速に対応している。BGMをつけて聴くこともでき、ラジオ感覚でも楽しめるという。1コンテンツは倍速なしで約15分程度。スキマ時間でいつでも楽しむことができる。

書籍要約サービスの『flier(フライヤー)』は、1冊10分で読める書籍要約コンテンツを配信、読書体験を豊かにするディスカバリーサービス。話題の書籍や名著のなかから「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を選び、経営コンサルタントや各分野の専門家が編集した高品質の要約を配信している。会員数は現在18万人を超える。

今後は音声版をアプリで提供していくことに加えて、「Google Home」「Amazon Echo」のようなスマートスピーカーの追加機能としての提供も検討していると述べている。(ロボスタ)

 

AI音声はAmazonのAlexaもダウンロードした書籍をAIが読み上げてくれる機能があるのですが、聴いている時間が長ければ長いほどAI音声を聞いてくるのが辛くなります。いわゆる不気味の谷に当てはまるのですが、今後もっと人間の感情に沿ったAI音声が出てくると思います。

AIスピーカーはまだ音声コンテンツは十分とは言えないものの、天気予報やGoogleカレンダーと連動した今日の予定など、朝忙しい時間帯には出勤の準備をしながら情報を得られるので、音声ビジネスは今後ますます拡大していくことと思われます。

AIが業務委託契約のリスクを判定

(動画)シリコンバレーの“貧困街”が抱く希望

関連記事

  1. 豪州不動産事情

    2017年の後半ごろから不動産価格が低迷を始め、シドニーでもわずかながら1.3パーセントの価格の下落…

  2. 中国を制したテンセント、旅路は終わらず-次の目標は世界制覇

    中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の最高幹部らで構成するリーダーシップ委員…

  3. イスラエル発の匿名AI求人プラットフォーム「Workey」、シリ…

    ミレニアル世代の職探しを支援する雇用スタートアップの Workey が、PICO Partners …

  4. ベルリンでオープンしたスタートアップキャンパス Silicon …

    先週木曜日、ベルリンの中心部ミッテ地区のある建物に何百人もの人が詰めかけた。ベルリンに新たに生まれよ…

  5. エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバンキング」開設

    電子居住プログラムを進めるエストニアが、「国境なきデジタルバンキング」を導入する。電子居住者たちがオ…

  6. はとバスを窮地から救った本当の「現場重視」とは?

    倒産寸前のはとバス社長に就任し、“古巣”の東京都からV字回復の厳命を受けた宮端清次氏。リスト…

  7. 「格安スマホ」満足度ランキング!2年連続の1位はどこ?

    スマホは、いまや生活必需品という人も少なくない。しかし、「使い過ぎで月々の支払いが大変だ」という声も…

  8. タイで「ジャパンエキスポ」、BNK48お披露目

    今年、日本との修好130周年を迎えたタイで、日本の文化を紹介するイベントが開かれ、大勢の人でにぎわい…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP