menu

世界の一人当たりのGDP 日本の順位は..

経済規模で言えば日本は中国に抜かれたとはいえ世界第三位の経済大国です。しかしながら世界の一人当たりの名目GDP 日本の順位は26位となっています。(世界の1人当たり名目GDP 国別ランキング・推移(IMF)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-9-15-38

しかしながらこの数字だけ見ても意味がない、という説もあります。上位に位置している国は国防費などに割ける出費も少なく、日本のように廻りを海に囲まれており、依然領土問題を抱えている国では安全保障費用が違うので一概にこの順位で図るべきではない、という意見です。

このようなケースでは似たような環境の国々と比較するといいとのことで、以下がそのグラフです。(世界経済のネタ帳)一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2014年)のグラフと時系列表です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-9-21-21%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-9-21-29

このグラフではアメリカには及ばないとはいえ、ドイツには近づいてきており、またイギリスやフランスといった国々とさほど遜色がないことが分かります。よって単に一人当たりのGDPが低いとは決して言えない、という考えです。

 

だがしかし、本当にそうでしょうか。日本では定時に帰れる企業というのはまだまだ少なく、残業で遅く迄仕事をしている企業がこれら比較対象の国々に比べても多いのが実情です。無理に頑張って今の経済状況を維持しているとも言えるかもしれません。

実は経済協力開発機構(OECD)が2012年時点でとった1年の平均労働時間の統計では日本は15位と、他国に比べて突出して長時間働いてるわけではありません。逆に労働時間が少ない国のトップ5は以下の国々です。

■世界で最も平均労働時間が短い国トップ10

1位:オランダ(1年間で平均1,381時間)

2位:ドイツ(1年間で平均1,397時間)

3位:ノルウェイ(1年間で平均1,420時間)

4位:フランス(1年間で平均1,479時間)

5位:デンマーク(1年間で平均1,526時間)

 

世界順位15位の平均労働時間の日本は1年間で平均1,746時間なのでフランスに比べて267時間、ドイツに至っては349時間も多く働いています。しかもサービス残業なども多いので実際もさらに差は広がっているのではないでしょうか。

それでも企業が元気で雇用が安心している時期であれば良いのかもしれませんが、1つの会社で働いていれば安泰に生活できる、とは言えない状況では、日本でもアメリカのギグワークのような、個人個人が自分の時間と能力を用いて稼ぐ必要が出てくる気がします。

電力を作るエコビジネス

ダンボールビジネス

関連記事

  1. businessclass

    10万円以下でビジネスクラスに乗る4つの裏ワザ

    通常だと50万円以上することも珍しくないビジネスクラス。窮屈なエコノミーから比べると別世界だけに、一…

  2. 中国でカーシェアリングが急速に拡大中

    中国にはレンタルやシェアリングを中心とした新時代が到来している。そしてこれは、環境配慮型“緑色経済”…

  3. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜索も可能に

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが、多くの大企業は技術の進…

  4. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化している

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、その次の鄧小平の段階にな…

  5. flier

    書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版をリリース AIの…

    株式会社フライヤーは、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利便性を高めること、新たな…

  6. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

  7. 音声感情解析AIのEmpath、総額3億2,000万円の資金調達…

    感情解析を駆使したコールセンターAIの開発ならびに感情解析領域のAI人材補強を促進音声感情解…

  8. 世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

    世界は「スマートフォンからテクノロジー」へと潮流が変化している。この流れは日本の“強み”が生きる機会…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP