menu

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

スマホアプリを活用した“スマート郵便受け”

今、日本では荷物の発送数の大幅増加による配達業者不足や、再配達の多さが社会問題になっている。
エストニアのCleveron社が手がける“スマート郵便受け”「SnapLocker」は、そんな問題の解決の糸口になるかもしれない。

クラウドベースの郵便受けで、スマートフォンアプリを活用し、鍵なしで手紙や荷物を受け取れる仕組み。LAEVというスマートハウスの居住者が利用できるシステムだ。

・QRコードを活用

居住者に権利を授与された配送業者は、スマートフォンの専用アプリを通じて「SnapLocker」にアクセスする権利を取得する。

ロッカーに設置されているQRコードをスキャン後、受取人の指定をおこない、荷物のサイズに適合したスロットを選び、中に荷物を収容する。同じ受取人に違うサイズの荷物がある場合も、1つの受取人にまとめて指定できるという。

・受取人にアラートを送信

その後、指定された受取人にアラートが送信される。受取人がQRコードをスキャンすると、該当のスロットが開いて荷物を受け取れるという仕組みだ。

荷物が何個もある場合、アプリ内でリストを確認できるようになっている。これなら不在が多い人も安心して荷物が受け取れるし、配送業者の再配達の負担も大幅に削減できるだろう。

Cleveron社としては今後、エストニア国外のヨーロッパや北アメリカの市場にこの技術を展開していきたい意向。日本でも一刻も早くこのような仕組みが導入されて欲しいものだ。(TECHABLE)

独の教会に「ロボット牧師」

freeeが事業用クレジットカードに参入、スモールビジネスのキャッシュレス化促進へ

関連記事

  1. 各国のスタートアップ状況

    起業家や投資家が集まり、スタートアップ企業が自らの事業などについてプレゼンテーションする北欧発のイベ…

  2. シンガポールのスタートアップエコシステムから見る、日本企業と東南…

    メガベンチャーが牽引した2017年の東南アジアスタートアップ1644億ドル、これは2017年の1…

  3. AIは弁護士の職を奪うのか、「喪失」から機会「創出」へ

    人工知能(AI)の登場により、一部の職種は雇用が奪われてしまうとの予測がある。膨大な判例や法令を扱う…

  4. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  5. AIスタイリスト

    アリババは11月11日の土曜日、驚くべきことに、250億ドル分もの商品を売り上げ、「独身の日」の売上…

  6. unicorn

    (後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市2

    2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や当初売り上げがなくても創…

  7. イギリスが注目する日本とドイツの介護保険制度 「個人と国の責任を…

    世界一の高齢化社会といわれる日本の一挙手一投足は、あとに続く先進諸国の注目を集めやすい。先日はニュー…

  8. AI「ワトソン」手軽に 日本IBM、安く短期間で導入

    日本IBMは10月から、これまで1社ごとの作り込みだった人工知能(AI)「ワトソン」を活用したサービ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP