menu

独の教会に「ロボット牧師」

500年前にマルチン・ルター(1483~1546年)が宗教改革を始めたドイツ東部ウィッテンベルクに、牧師のように信者に祝福の言葉をかけるロボット「BlessU―2」が登場し、世界中から訪れる信者や観光客らに親しまれている。

 優しい顔つきの「ロボット牧師」は今春、宗教改革から500年を祝うために建てられた教会の敷地内に設置された。胸部のタッチスクリーンでドイツ語や英語などの言語を選択すると、両腕が動いて手のひらが光り「神のご加護を」などと語りかける。腹部からは祝福の言葉が印刷されて出てくる。

 担当のファビアン・フォクト牧師は「人々が信仰について考えを深め、話し合うきっかけを生み出したかった」とロボット牧師を導入した理由を説明する。信者らの反応もおおむね良好という。(Yomiuri News)

ビジネスとして成立するまで資金調達は不要

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

関連記事

  1. 中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

    中国ではあるビジネスモデルが流行すると、猫も杓子もマネをする。爆発的に普及しつつある「シェアサイクル…

  2. AIが業務委託契約のリスクを判定

    ランサーズは2018年4月17日、オンライン契約判定サービス「AI-CON」を、同社の会員向けに1カ…

  3. アフリカにおける中古産業用機械の可能性

    〜タンザニアの中小企業開発機構への訪問を通じて〜SIDO(Small Industries De…

  4. 世界中のフリーランスに共通する驚くべき10の事実

    フリーランスが流行の兆しを見せています。米国だけで5500万人のインディペンデント・ワーカー(独立労…

  5. 急成長中のシリコンバレー・スタートアップ企業、バンティック、日本…

    あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」に対応したイベント・ドリブン型アプリケーション開発プ…

  6. 各国のスタートアップ状況

    起業家や投資家が集まり、スタートアップ企業が自らの事業などについてプレゼンテーションする北欧発のイベ…

  7. 任天堂スイッチにも搭載!エヌビディアの凄さとは?

    AIを支えるGPUの生みの親エヌビディア画像処理半導体(GPU:グラフィックス・プロセッシン…

  8. ビットコイン大国を目指すスイスの挑戦

    <法整備と安全性の確保に手間取る他国に先駆け、金融立国スイスは仮想通貨ビジネスを全力で後押しする>…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP