menu

独の教会に「ロボット牧師」

500年前にマルチン・ルター(1483~1546年)が宗教改革を始めたドイツ東部ウィッテンベルクに、牧師のように信者に祝福の言葉をかけるロボット「BlessU―2」が登場し、世界中から訪れる信者や観光客らに親しまれている。

 優しい顔つきの「ロボット牧師」は今春、宗教改革から500年を祝うために建てられた教会の敷地内に設置された。胸部のタッチスクリーンでドイツ語や英語などの言語を選択すると、両腕が動いて手のひらが光り「神のご加護を」などと語りかける。腹部からは祝福の言葉が印刷されて出てくる。

 担当のファビアン・フォクト牧師は「人々が信仰について考えを深め、話し合うきっかけを生み出したかった」とロボット牧師を導入した理由を説明する。信者らの反応もおおむね良好という。(Yomiuri News)

ビジネスとして成立するまで資金調達は不要

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

関連記事

  1. 日本でも買える!いまヨーロッパを席巻している激安アウトドアブラン…

    海外旅行の楽しみの1つといえばショッピング。日本には無いアイテムやレアなもの、日本ではあり得…

  2. 資金がない状態から始まった35の大企業

    ベンチャーキャピタルは麻薬だ、そしてVCでクスリ漬けになる可能性もある。しかしほとんどの創業者たちに…

  3. Shenzhen

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘

    広東省深圳市が今、脚光を浴びている。未来感あふれる新たなサービスが続々と導入され、気鋭のベンチャー企…

  4. なぜ日本は起業率が低いのか

    日本は他の国と比べて起業率が低いことが知られている。起業率が高ければ経済の新陳代謝が活発だと言えるが…

  5. スモールスタート型のアドバイザリーサービス、ロボットによる業務自…

    コンシェルジュで導入を後押し多くの企業がRPA(ロボットによる業務自動化)の導入について、前…

  6. ベルリンでオープンしたスタートアップキャンパス Silicon …

    先週木曜日、ベルリンの中心部ミッテ地区のある建物に何百人もの人が詰めかけた。ベルリンに新たに生まれよ…

  7. デルが女性起業家支援をはじめて8年 状況は変わったのか

    シリコンバレーの女性起業家はセクハラのリスクと戦っているDell Technologie…

  8. スタートアップ企業がメディアの取材で注意すべき3カ条

    どんな経営者もニュースを読むのが好きだが、自分が取材を受けるとなったらどうだろう。好意的な取材であっ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP