menu

AI「ワトソン」手軽に 日本IBM、安く短期間で導入

日本IBMは10月から、これまで1社ごとの作り込みだった人工知能(AI)「ワトソン」を活用したサービスを、多くの企業が使いやすいようにパッケージ化して提供する。設備の保守やコールセンターなど約40種類の業務システムを整えた。顧客企業はワトソンを使って日本IBMとともにシステムを開発するのに比べ、より廉価で短期間に導入できる。

ワトソンを使った40種類の業務システムのうち、16種類を日本IBMが自ら用意した。残りは今夏までワトソンの国内事業で提携していたソフトバンクが外部の情報システム会社と協力して開発した。両社がそれぞれAIサービスとして顧客企業に提供する。作り込みのシステムに比べ手軽で、AIを活用する企業が大手から中堅に広がりそうだ。

IBMの保守業務向けシステムはワトソンが修理のマニュアルや過去の不具合を読み込み、はじき出した最適な対処法を保守要員に伝える。マーケティング向けは顧客がSNS(交流サイト)に書き込んだ内容からワトソンが嗜好を推定して商品を推薦する。
コールセンターで使う対応指示などオフィスから作業現場までビジネスで使う多様なサービスを用意している。クラウド経由で利用し、導入費用は保守業務向けのシステムで3000万円から、マーケティング業務向けで1000万円から。

 日本IBMはワトソンを使ったパッケージ型の業務システムの開発を加速するため、他社との連携も進める。様々な分野のIT(情報技術)関連企業に協業を働きかけることでワトソンの応用範囲を広げたい考えだ。(日経ビジネス)

ワトソンのAPIを使った人工知能Speech To Textを使って議事録をとれるか先日試してみました。個別に声は認識でき、またけっこうな早口言葉でもちゃんと判別できておりました。ただしゃべり方によるのか意味不明な文字になるケースもあったので見直しや修正は必要ですが、今までの議事録に費やしていた業務は軽減されると思われます。

猛スピードで3兆円企業に!異色のCEOが導くAirbnb成長物語

iPhone Xを支えるイスラエル技術

関連記事

  1. インドと日本の「非欧米型」イノベーションから学べること

    <日本企業の「出向」システムから、現代インドの「2000ドル自動車」まで、欧米とは異なる形のイノベー…

  2. 医療電話通訳24時間対応 タイなど11言語追加 福岡県

    福岡県が県内の病院や診療所を受診する外国人向けの電話通訳サービスを、3日から24時間対応に拡大する。…

  3. streetperformance

    クレジットカードで投げ銭ができる「世界初のストリートパフォーマー…

    Suica・ICOCAなどの交通系電子マネーやETC・Apple Payなど、現金を持ち歩かなくても…

  4. nature energy

    「おだやかな革命」に見る、「幸せな経済」のつくり方~

    景気拡大が続いているにもかかわらず、賃金が上がらない。相変わらずなくならないブラック労働、その末の過…

  5. いま注目すべき、イスラエル発スタートアップ6選

    人工的に「鶏肉」を作り出すラボ、仮想通貨を搭載した170万円の携帯、病変の見逃しを防ぐAI、危険を事…

  6. 東南アジアは“世界のイノベーションハブ”になる

    東南アジアのスタートアップというと、以前まではシリコンバレーや日本で流行ったサービスのタイムマシン経…

  7. ビットコイン初心者向けの資産運用方法

    ビットコインのリスクを回避する6つのルールこれまでご説明してきたように、ビットコイン取引にお…

  8. alibaba

    中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小にも

    中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける食品や化粧品などを中国市…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP