menu

Kickstarterが日本に上陸

クラウドファンディングサービス「Kickstarter」が、2017年中に日本に上陸することが分かった。
【「Kickstarter」年内に日本上陸 クラウドファンディングの雄の画像・動画をすべて見る】
公開された告知ページでは、「日本のクリエイターも、今年のKickstarterでプロジェクトを立ち上げることができるようになります。詳しくは下記のサインアップをご覧ください」(翻訳)との文言と共に、サインアップ(登録)を促している。
現状、登録しても新たな情報は届かないが、いち早く情報を手に入れたい人は登録したほうが良さそうだ。
クラウドファンディングの先駆け「Kickstarter」とは?
「Kickstarter」は、2009年にアメリカで設立されたクラウドファンディングサービス。

自主制作の映画やアニメーション、新たなガジェットにゲームなど、クリエイティブとクリエイターに特化したクラウドファンディングサービスとして知られ、「クラウドファンディング」という資金調達の概念を世界中に浸透させた、先駆け的な存在だ。
日本でもゲーム「Omori」やアニメ「リトルウィッチアカデミア」のプロジェクトは大きな話題を呼んだ。

現状、出資は行うことはできても、日本からのプロジェクト立ち上げができなかった「Kickstarter」だが、もし日本からも可能となれば、さらに豊かなプロジェクトが数多く生まれることが期待される。
すでに日本では家入一真さんが手がける「CAMPFIRE」やサイバーエージェント発の「Makuake」など、大きなサービスが展開されているが、どのような住みわけがなされていくかにも注目したい。(kai-you.net)

革新機構、サイバー分野技術取り込み イスラエル企業に出資検討

数億円獲得者も…単発請負型経済「ギグ・エコノミー」の可能性

関連記事

  1. mining

    中国から世界初のブロックチェーン歯ブラシが登場、歯を磨くだけで仮…

    ブロックチェーンは、今年最大のバズワードだ。しかしながら、この技術が愚かなクリエイティブの形で適用さ…

  2. AIは弁護士の職を奪うのか、「喪失」から機会「創出」へ

    人工知能(AI)の登場により、一部の職種は雇用が奪われてしまうとの予測がある。膨大な判例や法令を扱う…

  3. game

    東南アジアのゲーム市場を制覇する、ミャンマー企業の野望

    マイクロソフトや任天堂のような大手がやってくる前に、新興国のゲーム市場を制覇してやろう──。東南アジ…

  4. ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハブ的存在

    ドイツのスタートアップ事情欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな…

  5. 日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

    ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第…

  6. 農山村の暮らし学ぶ「塾」開講へ 24日と4月7日、真庭で説明会

    真庭市などは6月、同市中和地域で農山村の暮らしや里山資源を活用した起業などを学ぶ「真庭なりわい塾」を…

  7. 世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

    世界は「スマートフォンからテクノロジー」へと潮流が変化している。この流れは日本の“強み”が生きる機会…

  8. 投げ銭システム

    日本人が知らない中国のブロガーの稼ぎ方「投げ銭」も一般化

    今から数年前、中国の沿岸部の町の厦門(アモイ)で工業デザイナーを務めていたLin Shaoは「WeC…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP