menu

受診必要?AIがアドバイス…埼玉県が開発へ

埼玉県は、病気やけがの際に医療機関での緊急受診が必要かどうかをアドバイスする人工知能(AI)システムの開発に乗り出す。

 都道府県では初の取り組みといい、2018年度にAIに応答パターンを学習させ、19年度からの運用を目指す。

 県は、不要不急の軽症者の救急搬送を減らすため、救急電話相談を小児向けと大人向けに行ってきた。昨秋以降は24時間対応とし、それぞれ看護師2~5人を配置しているが、1日の平均相談件数は小児向けが約280件、大人向けが約200件に上る。相談の半数が集中する午後7~11時には電話がつながらないことも多いため、AIを活用して体制強化を図ることにした。

 AIによる相談はインターネットを使い、無料通話アプリ「LINE(ライン)」のように、スマートフォンなどの画面上で一問一答を交わす形式を想定している。(読売新聞)

日本は他の国に比べて医療機関に行くケースがとても多いとイギリスの人から驚かれたことがあります。一つは高齢者のしゃべり場的になっているケースが見受けられ、これは定期診断と地域の交流を兼ねているので一概には悪いとも言えず、診療所のお医者さんも医療だけでなく話を聞く、と言うこと自体価値があると思っている人が周りに多かったです。一方重い症状で診察せざるを得ない状況で長時間待たされるのはかなり苦痛です。今回のAIは診断の判断を補助する形での導入なので部分的ですが、病院行った方がいいかどうか意見を聞きたいときに個人的にも利用してみたいです。

English-teacher中国の「中小都市」英会話ビジネス

israelstartupイスラエスから学ぶ、ビジネスを成功へ導く3つの「C」

関連記事

  1. イスラエルのモビリティスタートアップ11社

    名古屋を主拠点に自動車関連を中心としたIT技術を提供するAZAPA株式会社が、イスラエルから11社の…

  2. 広がるギグ・エコノミー 対応力を示す英文メール術

    働き方の変化は英語を使う局面にも変化をもたらしています。ビジネスライティングのプロ、ポール・ビソネッ…

  3. カジノ、アジアで相次ぎ開業 韓国やベトナムで大型計画

    アジアでカジノが相次ぎ開業する。域内の経済成長に伴い、国境をまたいだ往来が増える中、旅行者を狙ってベ…

  4. シンガポールのスタートアップエコシステムから見る、日本企業と東南…

    メガベンチャーが牽引した2017年の東南アジアスタートアップ1644億ドル、これは2017年の1…

  5. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Startup World Cup…

  6. 弁当のIoT

    パナソニックは1日、AIVICK(京都市南区)と共同で、IoT(モノのインターネット)技術を活用した…

  7. japancompany

    AI時代に日本人が世界の少数派になるということ

    AIも自然言語解析ツールやテキストマイニングのように、質の良いデータが大量に投入され、それらのデータ…

  8. ニッポンの大問題 ギグエコノミーの吉凶

    聞き慣れませんが、ギグエコノミーが世界を席巻しそうです。個人が雇われずに仕事を請け負う。自由…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP