menu

人口9千万人、爆発間近のベトナム「Eコマース」の可能性

アジアのEコマース市場は今後、急激な拡大が見込まれている。米国のデジタル決済企業「ペイオニア(Payoneer)」は2016年に楽天と提携したことでも知られるが、同社は中国に加え、東南アジア市場にも目を向けている。

「アジアはECや越境ECの分野で急成長を遂げ、デジタル化の潮流の最先端を走っている。この分野のパイオニアとなったのは中国だ。中国の事業者はマーケットプレイスを世界に拡大しようととしている」とペイオニアで東南アジア地域を統括するMiguel Warrenは話す。

ペイオニアは最近リリースしたレポート「Digital Economy in Asia: Insider’s Guide into the Global Opportunity」で、ベトナムやマレーシア、タイ、フィリピンがとりわけ大きな可能性を秘めていると述べた。

「ベトナムをはじめとするAPAC諸国は急速に進化している。この数年、『Lazada』や『楽天』『Flipkart』『Shopee』などのマーケットプレイスが浸透したことで、ベトナムの業者はAPAC圏内でのビジネスを拡大させた。彼らは越境ECの経験を積み、世界中に事業を拡大するノウハウを習得できたとWarrenは話す。

Warrenによるとベトナムは歴史的に製造業や貿易が強く、地元企業は世界中の消費者向けに製品を供給する技術を持っている。さらに、インターネット普及率の高さと労働人口の拡大が組み合わさったことで、EC市場が急拡大した。

現地企業は、経済発展や製造コストの低下を追い風にし、グローバル市場で成功を収める可能性を秘めている。人口9200万人を抱えるベトナム政府は、同国のECセクターが年率30〜50%の成長を遂げると予測している。統計サイト「Statista」のデータでは、2017年に5386万人だったベトナムのインターネット利用者数は、今後4年で6000万人に近くに達すると見込まれる。

国民の7割は銀行口座を持たない

ベトナムを含むAPAC全域では、携帯電話の普及がECの成長を加速させている。これらの国々では人口の大半が銀行口座を持っておらず、モバイルウォレットが重要な役割を果たしている。2014年にはベトナム人の31%しか銀行口座を持っておらず、このことは人々が物販やサービスを利用する上で障害になりかねない。

しかし、「Garena Group」のNick Nashによると、銀行口座を持たない人でもデジタルウォレットを開設することができるようになったことで、東南アジアのECは大きな変革を遂げた。今後、ウォレット決済の浸透によりベトナムの消費者はより多くのサービスを利用するように鳴る。

さらに、ベトナムの人口構成は若く、2015年には年齢の中央値が30.4歳だった。「ベトナムは若者の人口が非常に多く、ネット利用率が高い。彼らの中には起業家も多く、自国のビジネスを成長させることに関心が高い」とWarrenは話す。

一方で、ベトナムで成功を勝ち取るのは容易でないのも事実だ。デジタル化に熱心な若者が多いにも関わらず、ECで購入経験があるネット利用者の割合は30%に過ぎない。今後の課題は、決済手段を拡大し、消費者のEコマースに対する不信感を克服することだろう。

「ベトナムで成功を収めるためには、消費者の信頼感を勝ち取ることが重要だ。また、物流や決済インフラに大きな投資をする必要もある」とWarrenは話す。ペイオニアは地元企業と提携し、販売者と消費者の双方が信頼できる決済ネットワークの構築を目指している。

ベトナムは、EC普及率や売上金額において他市場の後塵を拝している。しかし、アリババやアマゾンなどの大手マーケットプレイスが進出を図り、地元企業の「NextTech」が“ベトナム版アリババ”を目指すなど、EC市場の成長はまだ始まったばかりだ。(Fobes)

 

米国のデジタル決済企業「ペイオニア(Payoneer)はインターネット上からグローバル決済ができる口座を作ることができます。Amazon輸出している人にはよく知られていますが、海外の取引先から口座に振り込んでもらえ、日本円で引き出せるので海外取引には便利なサービスです。

 

mining中国から世界初のブロックチェーン歯ブラシが登場、歯を磨くだけで仮想通貨のマイニングが可能に

30u30europegroupフォーブスが選ぶ30歳未満、欧州版で唯一リスト入りした日本人

関連記事

  1. ベトナムで経済 栄養補助食品市場が急成長、偽物の氾濫で取り締まり…

    この10年間でベトナムにおける栄養補助食品の生産輸入業者数が急増し、偽物も氾濫していることを受けて、…

  2. unicorn

    (後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市2

    2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や当初売り上げがなくても創…

  3. 中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足へ

    日本商工会議所が、2月にも中小企業へのモノのインターネット(IoT)普及に向けた専門組織を発足させる…

  4. 服を脱がずに試着、中国の最先端サービス

    最先端の試着はタッチパネルで行われるスマートな試着。タッチパネルの前に立つとスキャンが開始し、その場…

  5. 絵を売りながら旅をする生活

    才能とネットを活かした新しい生活が普及してきています。ロンドン在住のMaxwell Ti…

  6. タイでビジネスをするなら欠かせない「世界初の国家会員プログラム」…

    微笑みの国タイといえば、ムエタイ、象、タイカレーやトムヤンクンなどを連想する人が多い一方で、昨今は経…

  7. AIは弁護士の職を奪うのか、「喪失」から機会「創出」へ

    人工知能(AI)の登場により、一部の職種は雇用が奪われてしまうとの予測がある。膨大な判例や法令を扱う…

  8. nature energy

    「おだやかな革命」に見る、「幸せな経済」のつくり方~

    景気拡大が続いているにもかかわらず、賃金が上がらない。相変わらずなくならないブラック労働、その末の過…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP