menu

「AI」で音声から議事録作成 県がソフト導入、職員負担を軽減

岡山県は、庁内会議や記者会見などの記録作成用に、音声データを自動で文章化するシステムを導入した。働き方改革の一環で、職員の負担軽減が狙い。

人の音声を文字に変換する音声認識技術を活用し、民間企業がクラウドサービスで提供している議事録作成支援ソフトを活用。同ソフトは人工知能(AI)が自ら学習するディープラーニング(深層学習)機能を備え、使うほど変換の精度が高まるという。

これまで県では録音内容を聞き返すなどして文章化しており、2時間の会議で4時間かかることもあった。システム導入で誤変換の修正などで済むため、作成時間は半分から約3分の1に短縮できる。当面はパソコン5台で運用し、年400回程度の会議に用いる。

システムを手掛けた民間企業や県によると、同様のソフトは全国で約50自治体が議会の議事録作成などに利用しているが、庁内会議に用いるのは中国地方の5県では初という。

県行政改革推進室は「最新技術を活用した業務省力化で職員の働き方改革につなげるとともに、記録の素早い公開など県民サービスの向上も図りたい」としている。(山陽新聞Digital)

 

 

AI議事録ではIBM ワトソンのSpeech textを使えば、無料で音声をテキスト化してくれます。さらにこちらは複数人の声を認識できるので議事録作成にも使えるのではないでしょうか。

またGoogleドキュメントには音声入力機能が備わっているので、文字入力せずBlog記事を書きたいとき、または腱鞘炎を患っているときにも便利です。

yousan「養蚕秘録」 江戸時代に日本から欧州への初技術輸出?

cryptocurrencyタイ財務省、仮想通貨課税に関する枠組み最終版を発表

関連記事

  1. 自分に本当に合う靴をオーダーメイドで作る時代に

    長時間履くと足が痛くなったり、ヒールが高すぎて疲れたりと、女性にとって靴の悩みは深刻だ。…

  2. 中東のカリームが配車サービス運営開始

    中東で配車サービスを展開する「カリーム」が、イスラエル占領下のヨルダン川西岸地区で初めての送迎サービ…

  3. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  4. アリババの使命 -スモールビジネスを助けていくこと-

    中国のアリババ創業者のジャック・マーは先日、約30名の部下たちを引き連れてイスラエルを初訪問した。彼…

  5. 世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

    世界は「スマートフォンからテクノロジー」へと潮流が変化している。この流れは日本の“強み”が生きる機会…

  6. AIで人事も自動に、オンデマンド配置が新潮流

    米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズなどいわゆる「ギグエコノミー」のパイオニアは、アプリやアル…

  7. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  8. 岐路に立つフードデリバリー、勝者と敗者を分けた要因は?

    日本でもUber eatsなど今までデリバリーをしていなかったレストランがフード…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP