menu

AIが業務委託契約のリスクを判定

ランサーズは2018年4月17日、オンライン契約判定サービス「AI-CON」を、同社の会員向けに1カ月の期間限定で無償提供すると発表した。AI-CONでは、フリーランスや個人事業主が仕事をする上で必要な契約書をAI(人工知能)が判定する。

ランサーズの「フリーランス実態調査2018」によると、フリーランスの経済規模は拡大傾向にあり、2018年には20兆円を超える見込みだ。同社によると、フリーランスは契約書に関する「知識」や、それをチェックする「時間」、あるいは「資金」のない場合が多く、取引先の契約書にそのままサインしてしまうことが多々見られるという。経済産業省の「『雇用関係によらない働き方』に関する研究会報告書」によると、契約を結ばずに仕事を請け負っている割合は20.2%あり、フリーランスが契約トラブルに巻き込まれるケースもあるとしている。

雇用関係によらない働き方の業務委託契約の方法(出典:経済産業省「『雇用関係によらない働き方』に関する研究会報告書」)

AI-CONは、こうしたフリーランスの契約リテラシーを向上させ、契約に関するトラブルを未然に防ごうとするものだ。AI-CONでは、開発委託契約や、コンテンツ制作、アドバイザリー契約、コンサルティング契約、製造委託契約などのリスクをまずAIで判定し、最終的には弁護士がチェックする。サービスの提供期間は2018年4月17日から1カ月。(@IT)

 

ネットを利用して単発で仕事の受発注ができるギグエコノミーが広がっています。それに伴い相手の信頼性についても発注する側、受注する側双方ともに抱えているので、信頼できるかどうかといった問題解決サービスは今後も出てくることでしょう。個人的にもLancersは使ってましたが、途上国でもないような低価格が増えているので徐々に利用しなくなってきています。

 

alexa(後)Alexa開発者インタビュー

flier書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版をリリース AIの自動読み上げ機能を活用

関連記事

  1. 都市の成長力ランキング

    野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性がある都市の1位が福岡市…

  2. AIで人事も自動に、オンデマンド配置が新潮流

    米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズなどいわゆる「ギグエコノミー」のパイオニアは、アプリやアル…

  3. 「クール・タイ」起業家底上げ タイ文化で商品価値高く

    タイ商工会議所が「クール・タイ」プログラムを始めた。創造性豊かな商品やサービス開発にあたる若手主体の…

  4. battery

    東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低…

    東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らの研究グループは、デジタル化により世界最小電力で動作するB…

  5. salesfoce

    資金調達の際全てのVCから追い返された SalesForce事業…

    先月行われた、Business InsiderのJulie Bortとのインタビューの中で、Park…

  6. トルコが欧州でもっとも暗号通貨に理解のある国との調査結果

    わずかヨーロッパ人の9%がビットコインを所有し、16%が将来いつか何らかのビットコインを購入すると答…

  7. イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 20…

    人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年…

  8. 全国鉱工業公設試験研究機関保有機器・研究者情報検索システム

    アメリカのシリコンバレーでは少数人数でのメーカースタートアップが盛況ですが、プロトタイプを動画で紹介…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP