menu

自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である

「スモールスタート」という言葉がある。その字面の通り「小さく始める」という意味で、新たな事業やプロジェクトを立ち上げる際は、機能やサービスを限定してはじめ、後に需要に合わせて規模を拡大していくことである。始めるまでのハードルが低く、方向性を変えやすく、撤退という最悪の場合でもリスクが少なくて済む。主にIT分野や起業する際などによく使われる

 

自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である

-レッシング (18世紀ドイツの詩人・劇作家・批評家、1729~1781)

 

昨年はIoTという言葉が盛り上がり、さまざまな情報が飛び交った。これを受けて、今年はそれらを実行する年にしていかなければならないという風潮にある。しかし動きは鈍いままだ。あるIoTプラットフォームベンダーはこんな状況を「日本人はIoTに対して非常に関心が高く、よく勉強している。情報収集という面では世界でも一番かもしれない。でも、予算を付けて実行するフェーズになると、一気にスピード感が失われる」と指摘する。取り組む意欲はあるが、いざ始めるとなると何から手を付けていいか分からなくなり、思考停止に陥ってしまう。IoT化が進まない日本企業は、ほとんどがこのパターンだそうだ

▼これからの製造業にとってIoT導入は必須である。しかし、現段階ではほんの小さなもので良い。何も工場全体をネットワークでつないだり、データを取ったり、すべてを見える化したりする必要はない。「まずやってみる」ことが大事なのだ。対象をある一つの装置に限定し、稼働データをクラウドに上げてデータを分析して予知保全をしてみる。それだけで十分だ。IoTのプロセスをいったん経験すれば、何が必要で、どういう手順を踏めばよいのかが分かる。IoTはスモールスタートが鉄則。「自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である」(ゴットホルト・エフライム・レッシング)。IoTを経験することこそ、今の日本企業に必要なことである。

 

多くの人は自分の経験に自信を持たないかも知れませんが、自身で経験したこと自体価値があります。また自分にとっては大して価値がないと思っていてもその経験や話はその人にとってとても価値あるものになるケースもあります。

資金繰りが劇的に変わる!? 中小企業の新しい資金調達法とは

医療機関で発揮される「音声AI」の真価ーー声で病院の事務作業時間を60%削減する「Notable」が300万ドルの資金調達

関連記事

  1. 都市の成長力ランキング

    野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性がある都市の1位が福岡市…

  2. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  3. ヨーロッパ留学中の両替でおすすめの方法は?お得な海外送金方法は?…

    イギリス留学中、語学学校の休憩時間のこと。ブラジル人のクラスメイトに、「どうやって両替してるの?」と…

  4. chineseit

    中国で「IT革命」が劇的に進んでいる3つの理由

    先月、中国グルメサイト大手「大衆点評(ダージョンディエンピン)」やネット宅配サービスを展開する「美団…

  5. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化している

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、その次の鄧小平の段階にな…

  6. spacex

    スペースXの最新ロケット、ここがスゴイ

    打ち上げの瞬間は21:30頃。  必見のブースター帰還場面は…

  7. iPhone Xを支えるイスラエル技術

    2011年、アップルはイスラエルの半導体スタートアップ、Anobitを買収した。この買収でアップルは…

  8. スマート工場はスモールスタートで、50万円から始める「見える化」…

    FAプロダクツは、スマートファクトリー化に向けた障壁を下げるため、既存設備の稼働監視や帳票レス化を低…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP