menu

音声感情解析AIのEmpath、総額3億2,000万円の資金調達を完了

感情解析を駆使したコールセンターAIの開発ならびに感情解析領域のAI人材補強を促進

音声感情解析AIを開発する株式会社Empath (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:下地貴明、以下Empath)は、株式会社SXキャピタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤秀樹、以下SXキャピタル)が運用するSXC投資事業有限責任組合、およびSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下SBIインベストメント)が運営するSBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合等を引受先とする第三者割当増資を実施し、2018年7月31日に総額3億2,000万円の資金調達を完了いたしましたので、お知らせいたします。

Empathは人の声から感情を解析する人工知能を開発しています。スピード、ピッチ、トーンなど音声の物理的な特徴から解析を行っているため、言語に依存せず感情解析が可能なことから現在世界50ヶ国、約1,000社に利用されています。米国ではAmazon EchoやGoogle Homeの発売以降、音声領域においてAI技術の発展が期待されておりAIに組み込む「感情解析」という分野が注目を集めています。Empathは、これまで困難とされてきたAIが人間の感情を理解することの解決策として音声感情解析の技術を世界各国へ提供しています。

この度の資金調達では、合計2社より資金調達を実施いたしました。引受先の詳細は以下のとおりです。

【引受先】
・SXC投資事業有限責任組合(SXキャピタル運営)
・SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合等(SBIインベストメント運営)

今回の資金調達により、音声感情解析AI Empathの機能拡充と、Empathの感情解析を利用した新しいコールセンターAIの開発に取り組んでまいります。また、さらなる成長に向け、AI特にAffective Computing(感情コンピューティング)の領域において専門知識を有する人材のさらなる獲得を進めてまいります。

【引受先からのコメント】
・株式会社SXキャピタル
「スマートスピーカーの急速な普及を見るまでもなく、「音声」は次世代デバイスに対する重要なインターフェイスであり、Affective Computingは、コネクテッドカーはじめ、あらゆる分野で活用が進んでいきます。そうした事業環境を背景に、Empathは大きな成長ポテンシャルを有しています。弊社は、このポテンシャルを更に拡大させるべく、あらゆるサポートを行っていきます。」

・SBIインベストメント株式会社
「AI/スマートスピーカーや自動車向けの音声エージョントなど、今後音声をインターフェースとしたソリューションの普及が期待されています。そういったなか、Empathは、人が話す速さやピッチ、トーンなどをAIで解析してリアルタイムで「喜び」「平常」「怒り」「悲しみ」の4つの感情と元気度を判断する非常に優れた音声感情解析技術を提供しております。我々はEmpathの チームとともに同社の音声感情解析技術を世界中の潜在顧客にアピールし、彼らのビジョンの実現に向けて協力してまいります。」

<Empath Inc.概要>(https://webempath.com/
Empath Inc.は、音声から気分状態を可視化するエンジン「Empath(R)(エンパス)」を利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発しています。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモとの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されています。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは世界50か国以上で利用されています。また、ICT Spring 2018で開催されたPitch Your Startupで日本企業としてはじめて優勝、Viva Technology 2018でBest Startupに選出されるなど海外のピッチコンテストですでに5度の優勝をおさめています。(PR TIMES)

顧客満足度を下げず社員も犠牲にしない「生産性向上」の方法

global中国進出企業は知らないとマズい独特な「経営パートナー制度」

関連記事

  1. blockchain

    国連世界食糧計画(WFP)、食糧支援にブロックチェーン活用

    WFPの食糧支援では、支援対象者に現金や電子マネー、デビットカード、引換券などを配布し、自身がこれら…

  2. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒が被災地にあった。革新を…

  3. 中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

    中国ではあるビジネスモデルが流行すると、猫も杓子もマネをする。爆発的に普及しつつある「シェアサイクル…

  4. alexa

    (前)Alexa開発者インタビュー

    世界的に人気のAIスピーカー、Amazon Echoに搭載されているAI、「Alexa」。果たしてA…

  5. 中国でカーシェアリングが急速に拡大中

    中国にはレンタルやシェアリングを中心とした新時代が到来している。そしてこれは、環境配慮型“緑色経済”…

  6. ビットコイン大国を目指すスイスの挑戦

    <法整備と安全性の確保に手間取る他国に先駆け、金融立国スイスは仮想通貨ビジネスを全力で後押しする>…

  7. 【長時間働く国ランキング】

    一般的に日本人は「働き者」「ワーカホリック」として、知られています。私たち自身も「勤勉である」「働き…

  8. 自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値の…

    「スモールスタート」という言葉がある。その字面の通り「小さく始める」という意味で、新たな事業やプロジ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP