menu

ビットコインは7%以上の低下を記録 今後の見解とビットコインの先行きは?

ビットコインは7%以上の低下を記録し、300億ドル近い損害が発生

わずか24時間程度の間で8000ドルをキープしていたビットコインの取引価格は7%を上回る強い下落を記録しました。

このビットコイン価格の低下は30日間をさかのぼってみても急激な値下がりの1つにランクインします。

仮想通貨が約300億ドルを失い、強気相場は転換を迎えたとアナリストや専門家も予測しています。

現在は7,500ドル付近で推移しており、再度買われる事があれば8000ドルに戻りを付ける可能性も否定できません。

ビットコインは7%以上の価格低下を招きましが、仮想通貨関連の企業も四半期の決算を発表しています。

最近では億万長者のヘッジファンドマネージャーが経営する会社も損失を確定しています。

仮想通貨の先行きは読みにくく、今後の展開からも目が離せません。

億万長者ヘッジファンド・ギャラクシーデジタル銀行 3か月で1億3000万ドルの損失

ギャラクシーデジタル1億3000万ドル損失

億万長者のヘッジファンドマネージャーMike Novogratz氏よって設立された投資銀行『Galaxy Digital』がわずか3か月で1億3000万ドルの損失を計上しました。

Galaxy Digitalはニューヨークで、中心に業務を行っており主な活動拠点としています。

現在12人が働いています。これまでGalaxy DigitalはConsenSys Ventures、SoFi、Kenetic Capitalから日本円にしておよそ11億5000万円を集めたと伝えられています。

Galaxy Digitalの貸し出しは正式に発表されていませんが、どれくらい貸し出しているかわからず、すぐに8桁になる7桁の金額に達するとも伝えられています。

ビットコイン以外の海外仮想通貨でも急落が発生 下落はいつ止まる?

btcother

7月30日、31日とブル相場から離脱してしまったビットコインはいつ強気を取り戻すのか色々な予測が伝えられています。

1日のボリュームの不足と理想的な仮想通貨の勢いは低下を露わにし、第1四半期と第2四半期に安定した値上がりを見せていた
・Bitcoin Private
・Ark
・ICON
・Polymath
・Pundi X
・Aelf
・VeChain
・Decentraland
・Ontology
・WanChain

10%から大きい物では30%近くの下落を記録したと伝えられています。

テクニカルアナリストからビットコイン回復の期待も

テクニカルアナリスト

ビットコインは7%を越す下落後に

ゆっくりと回復を見せ、プレスの時点で上値抵抗線を再びテストしました。

ビットコインは安定した回復が進んだかのような推移を見せ、7,575ドルと7,694ドルを上値としています。

MACDは現在マイナスの推移を示す兆候を示しており、トップサイド抵抗は7,987ドルです。

ビットコインは7,987ドルから7,802ドルに上昇し、短期的なボリュームは増加しました。

RSIは22.9を示し行き過ぎである。

再度下落して弱気になったり、短期的な価格の上昇からさらに以前の時間よりも低下する事で下がり続けることが可能です。
しかし、RSIはより高い結果を生み出す事にもなります。

強気な見方をすると

MACDとRSIの両方の見解から
値を再びあげる可能性があり、再度8,000ドルまで上昇し、試した後買い抵抗線が7,575ドルをブローしたいところです。

直近の下落はレンジの引き締めからのブレイクアウトを見せ急落しています。

買い勢力は引き続き売りを逆行させ、トレーダーの間で「FOMO」(不足する恐れ)の可能性を高めている。

弱気な見方をすると

ここ数日のRSIは一時期63.00を超えると短期的に仮想通貨市場の需要な上昇を妨害しています。

仮想通貨市場に流入する新しい投資資金はこれまでの下落により、ヒストグラムが下がりシグナル線が下がり始めるような動きの兆しを見せています。

ビットコインが買いボリュームを継続できず、8,100ドルを下回るマークを見せたとしたら、ビットコインは8,000ドルでメインサポートをテストします。

その後に、8,000ドルを下回る可能性があります。

もし、ビットコインが8,000ドルの下値で安定しだすと、8,500ドルが短期的な上値だと意識されるようになり、ビットコインは再び8,500ドルへの回復を見せるのではないかと期待されるようになります。

過去48時間でビットコインはボリューム、価格の両方で足踏みし、上昇に苦労しました。

結果的には一晩で大幅な価値の低下を経験しました。

ですが、ビットコインは2018年1月以来初めて暗号通貨の48.1%に達しており、時価総額を見る投資家達がイーサリアムなど他の暗号通貨や小規模のトークンに投資することによってビットコイン以外でもリスクを取ることができます。

ここ1カ月でビットコインは仮想通貨市場のどんな銘柄よりも最高のパフォーマンスをあげておりデジタル資産としてはトークンを含めその優位性を確保していました。

その事から7月中のビットコインは強い動きを見せ、ビットコイン価格が下落すれば、他の仮想通貨はビットコインよりも大きな損失を招く要因に発展する事は明らかでした。

MACDのヒストグラムが弱気を見せるにつれ7,374ドルと7,575ドルのレンジで締め付け推移したあとに潜在的に8,000ドルという価格目標に向けてビットコイン投資家は再度資金を点火させる可能性が有ります。

RSIとMACDが両方とも弱気を見せる場合、短期的にビットコイン価格を下げる可能性があり、これは売りが続く場合、短期間続く可能性もあるので注意が必要です。(CoinHack)

スタートアップ、南米市場で活躍を

asean-aec成長するASEAN

関連記事

  1. chineseit

    中国で「IT革命」が劇的に進んでいる3つの理由

    先月、中国グルメサイト大手「大衆点評(ダージョンディエンピン)」やネット宅配サービスを展開する「美団…

  2. AIと英会話ができるアプリ

    人工知能と英語の勉強

    そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達…

  3. IOT-AI

    目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが…

    日本におけるスマートシティの先駆けである「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市)で2018年6…

  4. bcoin

    仮想通貨ブームで売り切れているPCパーツとは

    ワシントン在住のビデオゲームプレーヤー、ジェームズ・リスカさん(30)は、コンピューター・グラフィッ…

  5. 米国で人気のキャッシュバック付きネットショップが日本上陸

    世界のEコマース(EC)市場で注目される「Dubli.com(デュブリドットコム)」が日本でも利用で…

  6. エストニアで無人運転バス導入。信号無視するワイルドな一面も

    ロボットに変身することはありませんが、運転手なしで走行できます。運転手のいないバスが2台、エ…

  7. 複業採用の[サイボウズ]

    「サイボウズで複業しませんか?」2017年1月17日、サイボウズが「複業採用」を発表し、多く…

  8. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2億人で、インターネットユ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP