menu

医療ビジネス

  1. 米国で過去10年に最も雇用が増えた職種

    2007年12月から2009年6月にかけて起きた世界金融危機から10年近くがたった今も、米国の労働市…

  2. VRで視力治療の米企業がEU進出、2018年はアジア進出目指す

    VRを使って弱視・斜視などの治療を行う製品を開発するVivid Visionは、これまで米国を中心に…

  3. 世界のスマート・カンパニー10

    エヌビディアNvidia 本社所在地米国カリフォルニア…

  4. シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーは長きにわたって、現状を打ち破ろうとするテック企業のホームグラウンドとして知られてきた…

  5. トーンで感情理解 AIスピーカーに付加機能

    音声による感情分析を手がけるイスラエルのスタートアップが、米アップルの「Siri(シリ)」や米アマゾ…

  6. 心肺蘇生ができる人を派遣するアプリがドイツでテスト中!欧州全体での展開も視野に

    近くにいる人が突然倒れ、心停止したとする。場所が病院でなければ、居合わせたほとんどの人が、救急車を呼…

  7. 日本の介護 ベトナムに

    日本の介護技術を学んで母国の医療現場で役立てようと、ベトナムの看護師たちが高松市の特別養護老人ホーム…

  8. 医療の販促プラットフォームはコミュニティに浸透するか

    ネット上には、さまざまな病気の患者たちによってつくられたコミュニティが数多く存在する。WEGO He…

  9. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  10. イギリスが注目する日本とドイツの介護保険制度 「個人と国の責任を明確化にした

    世界一の高齢化社会といわれる日本の一挙手一投足は、あとに続く先進諸国の注目を集めやすい。先日はニュー…

さらに記事を表示する
PAGE TOP