menu

起業

  1. イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

    F1の技術がふんだんに使われています。たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEH…

  2. 東南アジアのソーシャルインパクト系スタートアップ6社

    DBS Foundation からの助成金を獲得したアジアのスタートアップ12社のうち、東南アジアの…

  3. スモールスタート

    起業の“小さなきっかけ”を教えてくれるユニークな1冊働き方改革の旗印のもと、多くの企業では長…

  4. 補助金頼りの起業支援」が失敗しまくるワケ

    補助金で地方の起業を促進できるのか最近、地方創生に関して、「内閣府が移住での起業に最大300…

  5. ベンチャーキャピタル代表が語る「スタートアップが成功するためには」

    ベンチャー企業をコンサルタントして資金を集められるように育て上げるという異色の投資スタイルを持ちDr…

  6. フリーランス美容師が利用する個室シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」、東証1部の事業会社3社などから約6000万円の資金調達を実施

    株式会社GO TODAY SHAiRE SALON(東京都渋谷区、代表取締役:大庭邦彦)は、フリーラ…

  7. シリコンバレーとは違う、フレンチ起業

    サッカーワールドカップロシア大会で優勝したフランスが、「起業大国」という新たな称号を得つつある。20…

  8. 2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  9. 露天商の息子がベトナムの電話市場を変えた

    グエン・ドク・タイ氏の母親は露天で食べ物を売っていた。同氏がベトナムの携帯電話市場に革命を起こすと2…

  10. オートバイ版配車アプリの「Go-Jek」、東南アジア各国への国際展開に向け5億米ドルを投資へ

    設立以来、ローカル市場にフォーカスしてきたインドネシアの配車サービス大手 Go-Jek。同社はかなり…

さらに記事を表示する
PAGE TOP