menu

(後)Alexa開発者インタビュー

Ravi Jain氏によると、Amazonは、Alexaを秘書型から親友型に進化させるべく、今年も世界中の大学の研究チームを巻き込んだ研究開発コンテスト「Alexa Prize」を行っているという。

Amazonが、AIを人間の親友にする?「Alexa Prize」に要注目という記事の中でも書いたが、最も優れた「ソーシャルボット(親友型AIのこと)」を開発した大学のチームに、50万ドル(約5000万円)という巨額の賞金が贈られるコンテストだ。最終目標は、つじつまがあって楽しい会話を20分間続けることができて、審査員から5点満点中4点以上の平均点を獲得すること。この最終目標を達成したチームの大学には、さらに100万ドル(約1億円)の研究予算がプレゼントされるという。大盤振る舞いだ。

Alexa Prizeは2017年から始まり、2017年度は応募してきた100チームの中からカーネギーメロン大学などの12チームがスポンサードチームに選ばれた。スポンサードチームには、開発に必要なAlexaデバイスと、Amazonのクラウド・コンピューティング・サービス「AWS」を無料で使う権利、研究資金25万ドル(約2500万円)などが与えられた。スポンサードチームには選ばれなかったものの審査を優秀な成績で通過した補欠チーム6チームも加わり、全18チームが半年間に渡って、Amazon Echo上で一般ユーザーに利用してもらうことで優劣を競った。

優勝したのはワシントン大学のチームSounding Boardで、平均対話時間は10分22秒。5段階評価で平均3.17を獲得した。下の写真は、優勝チーム。賞金の50万ドル(約5000万円)は、みんなで分けるそうだ。

Ravi Jain氏にさらに話を聞いた。

ーーコンテストを開催してみた感想は?

残念ながら最終目標には達成しなかったが、学問的には非常に大きな前進があったと思います。ここまで多くのユーザーに使ってもらって性能を試せたり、データを集めることのできる機会は、そう多くない。結果として、このプロジェクトを通じて、多くの論文が発表されることになりました。

見せてもらった一覧表には、各チームから発表された18の論文のリストが乗っている。

「対話のランキングのためのアンサンブルモデル」「ディープラーニングを使ったチャットボットの強化学習」「対話エージェントの評価と比較」対話ボットのトピックスごとの評価」「ソーシャルボットの2レイヤーダイヤログ・フレームワーク」「話題の豊富さと対話に引き込むことのバランスの取り方」などなど。

対話を評価する技術に関する論文が多い。「対話を評価する方法が確立すれば、あとはその評価ポイントを高めるためにアルゴリズムを工夫すればいいわけですから」。ソーシャルボットは、どうやらまだ評価の方法を確立しようというフェーズのようだ。

Alexa Prizeは今年も継続されて行われることになった。

ーーなぜ今年も継続してコンテストをするのですか?

まだ最終目標をクリアしていないからです。目標の20分の半分である10分に達しました。あと半分と思われるかもしれないけど、難易度は前半の半分と比較になりません。対話は1分伸びれば、難易度は何倍にも増える。なので、半分まできたというより、まだまだ先は長いと考えています。

今年は15カ国以上のトップレベルの大学から応募が寄せられ、学問的貢献度やアイデアの斬新さなどから審査した結果、英Heriot-Watt大学、チェコのチェコ工科大学、米ブリガムヤング大学など12校が選抜された。11月には優勝チームが発表されることになる。

昨年も今年も、残念ながら日本の大学からの応募はなかったようだ。日本でも昨年末からAIスピーカーが販売されているので、来年辺りには日本の大学からもこのコンテストに応募するチームが現れるかもしれない。

ところで、世界トップレベルのソーシャルボットとの対話って、実際にはどんな感じなんだろう。実は日本にいながらにして、Alexa Prizeに参加するソーシャルボットと対話できる裏技がある。

Amazon Echoを日本のAmazon.co.jpのアカウントではなく米国のAmazon.comのアカウントで設定すれば、Alexaが英語仕様になりAmazon Prizeのソーシャルボットと対話することができる。

Amazon.comでアカウントを作るのも面倒だし、AlexaアプリでEchoのアカウントを切り替えるのも面倒。ソーシャルボットととも英語で話さなければならない。いろいろと結構面倒なので、なにがなんでもお勧めするというわけではないが、ある程度の英語力と時間、労力のある人は、試してみてもいいかもしれない。

僕は、アメリカに住んでいたころにAmazon.comのアカウントを持っていたので、それを使ってEchoのアカウントを切り替えた。切り替えると、Alexaが英語をしゃべり始めた。当たり前だけど。

まずはAlexaに対して「Let’s chat(お話しましょう)」と話しかけてみる。

そうすると「〇〇大学チームのソーシャルボットの〇〇です」と、コンテスト参加チームのソーシャルボットが立ち上がった。どうやら「Let’s Chat」と話しかけるたびに、異なる大学チームのボットが登場するらしい。

「政治、スポーツ、芸能、音楽、スターウォーズ、どんなことを話したいですか?」と聞いてくるので、「スターウォーズ」と答えると、「スターウォーズのジョージ・ルーカス監督は、〇〇という映画を手がけたこともあります。知ってました?」という雑学を披露してきた。「あ、そうなんだ」と相づちを打つと、スターウォーズに関するジョークを言ってきたりする。

「もうスターウォーズの話はいいや。別の話をしよう」と言うと、「政治、スポーツ、芸能、音楽、ゲーム、どんなことを話したい?」と聞いてきた。「どれも興味ない」と言うと「好きな歌手いる?」「いない」「好きな映画スターは?」などと聞いてくる。適当に返事して飽きてきたので「もういいや。バイバイ」というと、「会話をやめたいときは一言、ストップと言ってね」。「ストップ」。「じゃあ最後の質問、今の対話をランク付けすれば、5段階評価でいくつになる?」「3かなあ」。「ありがとう。またお話したくなったらLet’s chatって声をかけてね」。そう言ったあとソーシャルボットは、黙った。

個人的な感想はと言うと、うんちく好きの友人と会話している感じ。当たり前だけど、ソーシャルボットは、なんでも知ってる。

ただおしゃべりの目的って、情報を得ることだけじゃない。相手の話も聞きたいが、同様にこちらの話も聞いてもらいたい。理解してもらいたい。共感してもらいたい。おしゃべりの目的って、互いに理解し合い、共感し合うことじゃないのかな。

AIに意識はないので共感はできないのかもしれないが、少なくとも共感しているような反応は示してほしいもの。

自分の知識をひけらかすボットではなく、こちらの話を聞いてくれる「聞き上手」ボットの方が人気が出るように思う。もちろんウィキペディアに載っているような話を一方的にする技術より、ユーザーの発話の内容を理解して適切な相槌を打つ技術のほうが何倍も難しいのだろうけど。(AI新聞)

alexa(前)Alexa開発者インタビュー

AIが業務委託契約のリスクを判定

関連記事

  1. aiclinic

    受診必要?AIがアドバイス…埼玉県が開発へ

    埼玉県は、病気やけがの際に医療機関での緊急受診が必要かどうかをアドバイスする人工知能(AI)システム…

  2. Cloud AutoML

    Google、データさえあれば素人でもAIを構築できるサービスを…

    米Googleは1月17日(米国時間)、企業向けに提供しているクラウドサービス「Google…

  3. Processed-Mea1

    加工食肉製品群を伸ばし5期連続で増収増益

    〈加工品構成比を25%に拡大へ、市場が変化する中で自らも変化する考えを浸透〉スターゼンの中津濵健…

  4. 音声感情解析AIのEmpath、総額3億2,000万円の資金調達…

    感情解析を駆使したコールセンターAIの開発ならびに感情解析領域のAI人材補強を促進音声感情解…

  5. aidemy

    東大発ベンチャー、無料AIプログラミング学習Aidemyのアプリ…

    東京大学発スタートアップのアイデミーは、オンラインAIプログラミング学習サービス「Aidemy」のス…

  6. 失敗すら歓迎されるシリコンバレー

    「世の中のスタートアップの90%は失敗に終わる」と言われている。一時的に注目を浴びる…

  7. はとバスを窮地から救った本当の「現場重視」とは?

    倒産寸前のはとバス社長に就任し、“古巣”の東京都からV字回復の厳命を受けた宮端清次氏。リスト…

  8. 起業家不毛の地「オーストラリア」が南半球のシリコンバレーになる

    オーストラリアが、にわかにスタートアップ・ブームに沸いている。「第2のシリコンバレー」を目指す、オジ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP