menu

エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバンキング」開設

電子居住プログラムを進めるエストニアが、「国境なきデジタルバンキング」を導入する。電子居住者たちがオンラインで口座を開いたり企業を立ち上げるのが、より容易になった。

英国では、欧州連合(EU)離脱の投票以降、エストニアのデジタル市民になりたいという人が急増している[日本語版記事]。

2014年に始まったエストニアの電子居住(e-レジデンシー)プログラム[日本語版記事]には、これまでに138カ国から2万人以上が申請しており、英国からの申請者は1,060人を超えている[訳註:e-レジデンシーとは、100ユーロ(約1万2,000円)の手数料を支払い、顔写真の提出と指紋の登録を行えば、審査を経てエストニアの電子居住者になれるというもの。配布されるICチップ搭載のIDカードを使えば、会社設立、銀行口座の開設、金融取引、納税などができるようになる]。

エストニアではこのほど、この仕組みをさらに容易にした。これまでは銀行口座や企業を開くためには実際にエストニアに行く必要があったが、その制限を撤廃したのだ。「国境なきデジタルバンキング」が導入されたことで、電子居住者は同国を訪れることなくEU企業を設立できるようになる。

電子居住プログラムのディレクターを務めるカスパー・コルユスは『WIRED』UK版に対して、「誰もがオンラインでEU企業を設立できるようにすることで、起業のハードルが大幅に下がりました」と語る。この国境のない企業の枠組みによって、英国民も「国を出る必要なく、EUのビジネス環境にアクセス」できるようになるわけだ。

フィンランドのフィンテック企業Holviが開発した新しいバンキングシステムでは、「ほとんどすべての電子居住者」がビジネス口座を開設できる(現在、米国民はできない)。口座をもつのにかかる費用は1カ月35ユーロ(約4,350円)だ。

エストニアの電子居住者が現在までに起業した会社は、約3,000社に上る。コルユスは、国境のないデジタルバンキングの導入によって、同国で設立される企業の数が増えることを期待している。(WIRED)

ドバイでも進む「女性の社会進出」

世界を変え続ける イスラエル発のテクノロジー

関連記事

  1. ビットコイン初心者向けの資産運用方法

    ビットコインのリスクを回避する6つのルールこれまでご説明してきたように、ビットコイン取引にお…

  2. 資金繰りが劇的に変わる!? 中小企業の新しい資金調達法とは

    フィンテックという金融業界の大きな潮流が、さまざまな変化を引き起こしています。今回は、スモールビジネ…

  3. ソーシャルメディアを活用して成功した零細企業例

    Coconut Bliss:アイスクリーム会社Coconut Blissはア…

  4. 東南アジアのソーシャルインパクト系スタートアップ6社

    DBS Foundation からの助成金を獲得したアジアのスタートアップ12社のうち、東南アジアの…

  5. 目だけでマウスを動かすハンズフリーマウス

    健康なときには気づかないものですが、いざ病気や怪我になると日常で当たり前にできていた生活やパソコンな…

  6. 投げ銭システム

    日本人が知らない中国のブロガーの稼ぎ方「投げ銭」も一般化

    今から数年前、中国の沿岸部の町の厦門(アモイ)で工業デザイナーを務めていたLin Shaoは「WeC…

  7. Pokémon GOビジネス

    日本では今年の夏リリース予定ですが、アメリカやニュージーランド、オーストラリアで…

  8. Airbnb新シェアリングエコノミー

    シェアリングエコノミー自体旬が過ぎた、という説もありますが、日本ではまだまだ活用できるシーンが多いよ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP