menu

医療電話通訳24時間対応 タイなど11言語追加 福岡県

福岡県が県内の病院や診療所を受診する外国人向けの電話通訳サービスを、3日から24時間対応に拡大する。これまでは平日の日中のみだった。対応言語も英、中、韓の3カ国語にタイ、ベトナム語などを加え、計14言語となる。県によると、自治体が医療に特化した24時間対応の電話通訳を提供するのは、全国でも珍しいという。

サービスを実施しているのは県と福岡市が運営する「福岡アジア医療サポートセンター」。もともとは県が2012年、医療ツーリズムの受け入れを目指して設立した。15年から在留外国人向けのサービスとして、市との共同事業に転換した。電話のスピーカー機能やテレビ通話を介して医師と患者の間の通訳に入っているほか、病院に直接、通訳ボランティアも派遣している。

最近の通訳派遣が2年連続で120件を超える一方、電話通訳の利用は年間20件に満たない。昨夏に県と市が県内の医療機関を対象に行った調査では、外国人診療で困ったこととして筆頭に「言語対応」が挙がり、必要な言語は、中英韓に続いてベトナム、タイ語の順に多かった。夜間の電話通訳対応を求める声も上がっていた。

これまでは事前に登録した医療機関に限っていた同センターの利用を、本年度からは患者も直接、依頼できるよう改める。医療情報サイトを運営する県の外郭団体「県メディカルセンター」と連携し、患者向けの医療機関案内も行う。

通訳の派遣は、従来通り医療機関による事前予約が必要だが、新たにタイ、ベトナム語のボランティアを募集し、導入する方針。県は「外国人が県内のどこでも不自由なく受診できる状況をつくりたい」としている。(西日本新聞)

NTT西がIoTクラウド第一弾、ドローン活用の太陽光パネル点検技術を提供開始

日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

関連記事

  1. ukiyoe1m3

    -日本人女性起業家- 「平成の浮世絵」を世界へ

    三井悠加が浮世絵と出合ったのは9年前。アーティストのコンサートグッズの企画をしていた三井は、ある版元…

  2. 資金がない状態から始まった35の大企業

    ベンチャーキャピタルは麻薬だ、そしてVCでクスリ漬けになる可能性もある。しかしほとんどの創業者たちに…

  3. 都市の成長力ランキング

    野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性がある都市の1位が福岡市…

  4. spacex

    スペースXの最新ロケット、ここがスゴイ

    打ち上げの瞬間は21:30頃。  必見のブースター帰還場面は…

  5. 世界「急成長企業」ランキング、上位5社を中国企業が独占

    中国企業はここ数年、米国企業を上回る成長スピードを達成しようとしてきたが、なかなか難しかったのも現実…

  6. 救急箱セットの販売から始めるスモールビジネス

    アメリカの医療向けビジネスアイデアでFirst Aid kit(救急箱)販売のビジネスは在宅、少ない…

  7. unicorn

    (後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市2

    2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や当初売り上げがなくても創…

  8. 中国で「爆買い」新サービス、ネットライブ中継で買い物

    中国は春節の大型連休に入り、旅行客が日本に押し寄せています。「爆買い」に陰りも見え始める一方で、中国…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP