menu

医療電話通訳24時間対応 タイなど11言語追加 福岡県

福岡県が県内の病院や診療所を受診する外国人向けの電話通訳サービスを、3日から24時間対応に拡大する。これまでは平日の日中のみだった。対応言語も英、中、韓の3カ国語にタイ、ベトナム語などを加え、計14言語となる。県によると、自治体が医療に特化した24時間対応の電話通訳を提供するのは、全国でも珍しいという。

サービスを実施しているのは県と福岡市が運営する「福岡アジア医療サポートセンター」。もともとは県が2012年、医療ツーリズムの受け入れを目指して設立した。15年から在留外国人向けのサービスとして、市との共同事業に転換した。電話のスピーカー機能やテレビ通話を介して医師と患者の間の通訳に入っているほか、病院に直接、通訳ボランティアも派遣している。

最近の通訳派遣が2年連続で120件を超える一方、電話通訳の利用は年間20件に満たない。昨夏に県と市が県内の医療機関を対象に行った調査では、外国人診療で困ったこととして筆頭に「言語対応」が挙がり、必要な言語は、中英韓に続いてベトナム、タイ語の順に多かった。夜間の電話通訳対応を求める声も上がっていた。

これまでは事前に登録した医療機関に限っていた同センターの利用を、本年度からは患者も直接、依頼できるよう改める。医療情報サイトを運営する県の外郭団体「県メディカルセンター」と連携し、患者向けの医療機関案内も行う。

通訳の派遣は、従来通り医療機関による事前予約が必要だが、新たにタイ、ベトナム語のボランティアを募集し、導入する方針。県は「外国人が県内のどこでも不自由なく受診できる状況をつくりたい」としている。(西日本新聞)

NTT西がIoTクラウド第一弾、ドローン活用の太陽光パネル点検技術を提供開始

日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

関連記事

  1. fruits

    (前)ブラジルの未来を切り開く日系人経営者 越山 末巳

    ここノルデスチの地で、天職に生きる大和魂と日本精神を持ったサムライ経営者・越山が、1982年にバイア…

  2. unicorn

    (前)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市

    マクロン大統領就任も追い風、起業家が生活しやすいパリのスタートアップシーン池田 将(THE BR…

  3. 埼玉で起業目指す女性を応援 参加募集

    県は、起業を目指す女性のビジネスプランを募るコンテスト「SAITAMA Smile Womenピッチ…

  4. remotowork

    組織を腐らせる「ダメリモートワーク」

    働き方改革の一環としてリモートワークを採用する会社が増えている。社員はパソコンで会社につながればいつ…

  5. アリババの使命 -スモールビジネスを助けていくこと-

    中国のアリババ創業者のジャック・マーは先日、約30名の部下たちを引き連れてイスラエルを初訪問した。彼…

  6. 米国で人気のキャッシュバック付きネットショップが日本上陸

    世界のEコマース(EC)市場で注目される「Dubli.com(デュブリドットコム)」が日本でも利用で…

  7. ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算してお…

    旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。ポーランド…

  8. 経済の体温”世界の物価上がらぬ「謎」 背景に新型経済の台頭

    “経済の体温”と呼ばれる物価が世界的に上がらない。国際決済銀行(BIS)の調べでは、6月時点で物価上…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. southasiamarket2
  2. asean-aec

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP