menu

【中国EC】1年足らずで急成長「生放送アプリ」のパワーがすごい!

中国では有名人や人気ブロガーが発信する情報が、商品の売り上げを左右しますが、いま熱いのは生放送アプリ。中でも人気の「一直播(yizhibo)」「映客直播(inke)」「花椒直播(huajiao)」についてお話しします。

中国では生放送アプリが熱い!

一直播(yizhibo)」は2016年5月13日にサービスインした生放送アプリです。ローンチからわずか9か月で、毎日およそ1,000万人のユーザーが視聴し、生放送1回のオンライン数はなんと最大450万人と急成長しました。

立ち上げの翌月から、姚晨、周迅、李氷氷、李宇春といった有名芸能人をはじめ、約300人の有名人が生放送を開始。一気に知名度を高めました。

一直播(yizhibo)のスクリーンショット

一直播(yizhibo) http://www.yizhibo.com/

ちなみに3大生放送アプリは、この「一直播」と「映客直播(inke)」と「花椒直播(huajiao)」。

映客直播(inke)のスクリーンショット

映客直播(inke)
花椒直播(huajiao)のスクリーンショット

花椒直播(huajiao)

3つのアプリの集客と広告費はこうなっています。

中国3大生放送アプリのDAUと平均広告料(筆者調べ)
サイト名 DAU ※1 広告費(1日)
一直播 約1,000万 約60万元(約1,000万円)※2
映客直播 約1,500万 約400万元(約6,600万円)
花椒直播 約500万 約120万元(約2,000万円)※2
※1…DAU:1日あたりのアクティブユーザー数 ※2…3種類のバナーがランダムに表示される設定

最近、「一直播」は中国の自動車業界で有名な評論家を起用し、Audiとのタイアップを行いました。

「一直播」とAudiのタイアップ画面

「一直播」とAudiのタイアップ(編集部でキャプチャ)

このタイアップは生放送視聴者数が約3,100万人、いいね!数で約5,500万人という成果をあげました。ローンチから1年足らずでこの集客力。凄まじいパワーです。

中国では鉄板! 生放送 × 有名人 × EC

「一直播」の特長がEC機能。KOL(Key Opinion Leader/ファンが多く影響力の大きいブロガー)お勧めの商品を、生放送中に商品詳細を確認しながら購入できる仕組みです。

「一直播」の通販画面。アロマオイルをチャットしながら販売

「一直播」の通販画面

微博(Weibo)でチャットしながら、KOLが紹介している商品を、淘宝(Taobao)、天猫国際(Tmall Global)、京東商城(JD.com)など各モールで購入できます

一直播は「生放送」「有名人」「大手モールとの連携」という、中国では鉄板とも言える強みを持っているのです。

去年の独身の日には、元々動画で有名なKOL・穆雅斕が化粧品を販売し、開始から14時間で、時間ごとのランキングではありますが、淘宝全体のコスメジャンルで3位と躍進しました。

また、北京大学出身のベンチャー経営者として有名なビーフン専門店(日本のビーフンとはちょっと違う、米や里芋やジャガイモからできた麺です)「伏牛堂」の創業者も独身の日に生放送を行い、日本円にしておよそ3,200万円のビーフンを売り上げました。

日本では「ステマ」と嫌われるけれど……

日本では「ステマ」と言われるのに、なぜ中国ではこうしたKOLを中心とした販売方法がここまで人気なのか……。よくみなさんに聞かれるのですが、そもそも中国の人は商品や企業が作ったCMを根本的に信用していません

ただ、自分と同じような立場から有名になったKOLには親近感があるため、 「彼らがすすめる商品なら問題ないだろう」という感覚がある気がします。

また日本と違って商品の生産工程を見せるKOLがとにかく多いのも特長です。これも「私が紹介している商品だから安心、安全ですよ」ということで、ユーザーにとっては1つの安心材料になるようです。(ネットショップ担当フォーラム)

イギリスが注目する日本とドイツの介護保険制度 「個人と国の責任を明確化にした

中国で生まれたサービスモデルがシリコンバレーにも飛び火、いま中国で一番ホットなQ&Aアプリ「Fenda(分答)」とは?

関連記事

  1. 世界のスマート・カンパニー10

    エヌビディアNvidia 本社所在地米国カリフォルニア…

  2. シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーは長きにわたって、現状を打ち破ろうとするテック企業のホームグラウンドとして知られてきた…

  3. 東南アジアで勢いのある3つのスタートアップ企業

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の10ヵ国の総人口は6億人を超えており、巨大な市場を形成しています。…

  4. streetperformance

    クレジットカードで投げ銭ができる「世界初のストリートパフォーマー…

    Suica・ICOCAなどの交通系電子マネーやETC・Apple Payなど、現金を持ち歩かなくても…

  5. ニッポンの大問題 ギグエコノミーの吉凶

    聞き慣れませんが、ギグエコノミーが世界を席巻しそうです。個人が雇われずに仕事を請け負う。自由…

  6. フランスの給与サービスPayFitが1590万ドルを調達

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(1400万ユーロ)を調達…

  7. startup

    2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  8. ベンチャー企業 成長の鍵は

    今、ベンチャー企業が熱い。上場が相次ぎ、2017年のベンチャー調達額は5年前の4倍を超える。第4次ブ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP