menu

-マレーシア女性起業家- ムスリム・ファッションの魅力を世界へ

母国マレーシアの美少女コンテスト、Dewi Remajaで優勝したのは2010年のこと。その4年後、ノール・ネロファ・モド・ノールは「ヒジャブ(ムスリム女性が頭を覆うスカーフ)」を身にまとうことを決め、それがオシャレに敏感なムスリム女性たちを触発するファッションブランド、「Naelofar Hijab」を立ち上げる契機となった。

現在は、多種多彩なヒジャブを販売する「Naelofar Hijab」に加え、ムスリム女性の衣服に特化した「Naelofar Abaya」、ファッションコンタクトレンズの「Lofalens」を創設。3つのレーベルをまとめる「NH Prima International Sdn Bhd」にてディレクターを務める。

女優、タレントでもある彼女のSNS影響力は絶大。フォロワーはインスタグラムで500万人、ツイッターで200万人を超える。

本社はマレーシアだが、現在は米国・フランス・シンガポール・ブルネイなど世界38か国へオンラインで販売。16年には、ロンドンの一等地チェルシーに店舗をオープンし、海外売上は現在の3倍の15億マレーシア・リンギット(3億7500万ドル)を目指す。

13年、ムスリムによる衣類の消費額は2660億ドルを超え、19年には世界のファッション市場の14%を占めるだろうと予測される。ネロファは語る。

「私の成功体験で、お金を稼ぐことはもちろん、自分に自信を持ち、男性に頼らない強さを持った女性を後押ししたい」(Fobes)

企業向けサイバーセキュリティー完全ガイド – 2018

ukiyoe1m3-日本人女性起業家- 「平成の浮世絵」を世界へ

関連記事

  1. 起業家が集まる 市場拡大するドバイのビジネスハブ

    ジェトロは2018年6月26日、東京・神谷町のコワーキングスペース“dock-Toranomon”に…

  2. Pokémon GOビジネス

    日本では今年の夏リリース予定ですが、アメリカやニュージーランド、オーストラリアで…

  3. 中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

    中国ではあるビジネスモデルが流行すると、猫も杓子もマネをする。爆発的に普及しつつある「シェアサイクル…

  4. dobai2

    ドバイに学ぶ観光戦略

    普通であれば忙しいはずの年度末、わざわざ休暇を取ってドバイに行ってきました。お目当ては3月31日の競…

  5. 「世界10大ユニコーン」に中国企業が4社、ランク入り

    企業価値が10億ドルを超える非上場のベンチャー企業「ユニコーン」の数において、中国は米国に迫っている…

  6. イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェク…

    F1の技術がふんだんに使われています。たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEH…

  7. 北海道経済、ロシアとの交流で活性化できる

    サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに参加した北海道の高橋はるみ知事は、スプートニクのイン…

  8. ハイテク産業に人材集中

    日本の四国ほどの面積しかない中東のイスラエルが短期間でなぜ起業大国になったのか。エリ・コーヘン経済相…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP