menu

スタートアップ、南米市場で活躍を

日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2億人で、インターネットユーザー数は世界4位。スマートフォン普及率は日本並みに高く、交流サイトに費やす時間も多い。新たなIT(情報技術)サービスが発達する土壌は十二分に整っている。

ブラジルには貧富の格差や治安など社会的な課題が多く残っている。だからこそビジネス機会は多い。富裕層向けには日米欧のような先進国向けの商品やサービスが求められる一方で、低所得者層向けには独自のサービス開発があり得る。業界を問わず少ない企業による寡占市場が多いゆえに、費用対効果の悪いサービスや商品が豊富に残っている。

国際会計事務所KPMGによると、ブラジル向けのベンチャーキャピタル(VC)の投資額は2017年に5億7500万ドル(630億円)と、16年比で47%増えた。最近では電子決済や電子マネーを対象とする法律も制定され、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック企業を後押しする環境が整ってきた。

米シリコンバレーの著名VCセコイア・キャピタルなどの出資を受けたヌーバンクが風穴を開けた代表例だろう。銀行口座が持てない人々向けに、アプリでの決済や家計管理、クレジットカードを提供している企業だ。ユーザー数はすでに300万人に達しており、1300万人が登録を待つ。

決済サービスのパグセグロ・デジタルは1月にニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)を果たし、23億ドルを調達した。世界有数の農業大国という特徴から、ドローン(小型無人機)を用いて益虫を配布するベンチャーなどユニークな企業もある。

米国の新興企業はこうしたビジネス機会を見逃していない。ライドシェア(相乗り)最大手のウーバーは全ユーザーの2割強がブラジルだ。動画配信大手のネットフリックスの利用者数、民泊仲介大手のエアビーアンドビーの登録件数でも上位に入っており、事業を広げている。

日本企業ではソフトバンクグループがライドシェア大手の99に出資したような例はあるが、決して盛んとはいえない状況だ。現状では出資先の候補としての検討さえあまり進んでないように映る。もちろん地理的には遠いものの、それだけでビジネス機会を逃してしまうのはあまりに惜しい市場だ。(日本経済新聞)

日本の「紙芝居」が海外で人気 国境なき医師団から多言語政策まで

ビットコインは7%以上の低下を記録 今後の見解とビットコインの先行きは?

関連記事

  1. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化している

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、その次の鄧小平の段階にな…

  2. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

  3. シリコンバレー投資家が語る「今からの起業」で成功する条件

    「”複雑な連立方程式”を解くような経営ができる人物こそ、現代の理想の起業家だ」そう話すのは、スクラム…

  4. 中国を制したテンセント、旅路は終わらず-次の目標は世界制覇

    中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の最高幹部らで構成するリーダーシップ委員…

  5. 資金がない状態から始まった35の大企業

    ベンチャーキャピタルは麻薬だ、そしてVCでクスリ漬けになる可能性もある。しかしほとんどの創業者たちに…

  6. ヨーロッパ各国における仮想通貨普及率調査・一位はトルコ

    ドイツのリサーチ会社であるスタティスタ(Statista)が世界15カ国を対象にした仮想通貨の普及率…

  7. あらゆるガラスに情報表示、スマートグラスのGauzy

    イスラエルのスタートアップ「Gauzy」(2009年設立)は、LCG(液晶ガラス)パネルの特許技術を…

  8. イスラエルのモビリティスタートアップ11社

    名古屋を主拠点に自動車関連を中心としたIT技術を提供するAZAPA株式会社が、イスラエルから11社の…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP