menu

越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境コマースレポート(Global Cross-border Commerce Report)」の2018年度版を発表した。

同レポートによれば、調査回答者の50%が国を超えてオンラインショッピングをしており、中東の回答者のうち、70%が越境ECサイトで買い物したことがあるという。越境ECサイトで買い物したことがある回答者のうち、68%がアパレルまたはシューズを、53%が家電を、53%がおもちゃを購入していた。

また、購入に使われた端末について、モバイルまたはタブレットを使った購入の割合は中国で53%、インドで48%、アメリカで45%。中東を除いた世界各国で行われた購入のうち、30%以上がモバイルまたはタブレットを使用していた。

消費者が越境ECサイトで購入をする理由についてペイパルのスポークスパーソンは「1番目の理由は、国を超えて買い物した方が安く手に入るからで、72%の回答者がそう答えている。多くの消費者は国に関係なく価格比較をするが、25%が外国のECサイトで何かを購入するとき、送料が高いことがネックになると答え、24%が関税や購入に際してかかる租税を気にしている。2番目の理由はユニークなアイテムを探すためで、49%が自国で手に入らない目新しい商品を探すためと答え、34%が新しく面白い商品を探すためと回答している」と話す。その他、為替レートの関係で安く購入できること、安全な支払いができることが越境ECサイトを利用する理由に挙がった。

支払い方法については、回答者の4分の3が自国の通貨での支払いを選べるとよいとし、5分の3が購入前に為替レートをチェックすると答えた。また、44%が安全な支払いが可能かどうかを購入の際に気にするとし、24%が確実に荷物が届くという安心感が必要と答えた。(WWD)

 

個人や企業でもECサイトを用いた越境ビジネスを行なっている企業は少なくありません。為替や送料がネックになりますが、Made in Japanは海外でも高い評価を受けているので、国内マーケットが縮小していく中今から海外に活路を見出すべく手をつけても良いかと思います。

年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

イスラエルのモビリティスタートアップ11社

関連記事

  1. スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

    本連載では、イスラエルのビジネス慣習についていろいろお伝えしてきたが、今日は、技術立国イスラエルとい…

  2. English-teacher

    中国の「中小都市」英会話ビジネス

    「北上広深」と呼ばれる北京・上海・広州・深圳を中心に大都市をターゲットとしたサービスは大量に存在し、…

  3. alibaba

    中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小にも

    中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける食品や化粧品などを中国市…

  4. ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

    [ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)…

  5. 360度パノラマ撮影が可能な小型球体カメラ「Luna 360」

    VR、ヴァーチャルリアリティとは仮想現実世界のことを意味しています。本年はVR(…

  6. ソーシャルメディアを活用して成功した零細企業例

    Coconut Bliss:アイスクリーム会社Coconut Blissはア…

  7. 日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意

    地中海に面する、中東の小国・イスラエル。人口は約860万人、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地と…

  8. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人口6億人の購買力が爆発し…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP