menu

ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

米調査会社のウェルス-X(Wealth-X)が発表した世界の超富裕層に関する年次報告書によると、投資可能資産3000万USD(約33億円)以上を保有するベトナムの超富裕層人口の2012~2017年の期間における年平均増加率は+12.7%で、バングラデシュの+17.3%、中国の+13.4%に次ぎ世界3位となっている。

超富裕層人口の年平均増加率トップ10には、◇ケニア(+11.7%)、◇インド(+10.7%)、◇香港(+9.3%)、◇アイルランド(+9.1%)、◇イスラエル(+8.6%)、◇パキスタン(+8.4%)、◇米国(+8.1%)が入っており、アジアから6か国がランクインしている。

ウェルス-Xの予想によると、2026年におけるベトナムの超富裕層人口の年平均増加率は2.7倍に達し、インドの2.5倍、中国の2.4倍を超えて世界最高値となる見通しだ。

なお、2017年における世界の超富裕層は前年比+12.9%増の25万5810人で、前年の増加率+3.5%を大きく上回り、その総資産は31兆5000億USD(約3500兆円)となった。このうち、超富裕層が最も多いのは米国で、続いて日本、中国、ドイツ、カナダなどの順だった。(VIETJO)

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

関連記事

  1. 拡大する「Gig Economy」とは

    米決済情報サイト「Payment.com」が発表した「Gig Work Index(GWI/フリーラ…

  2. 日本の「紙芝居」が海外で人気 国境なき医師団から多言語政策まで

    <ヨーロッパから南米まで、世界各国で今、紙芝居の上演やワークショップが人気を博している。テクノロジー…

  3. 観葉植物でスマホを充電。環境にも優しいエコ充電

    観葉植物でスマホを充電? 環境にもお財布にも優しいエコ植木鉢ができました。植物の光合成を利用し、スマ…

  4. 絵を売りながら旅をする生活

    才能とネットを活かした新しい生活が普及してきています。ロンドン在住のMaxwell Ti…

  5. ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハブ的存在

    ドイツのスタートアップ事情欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな…

  6. IoT市場、今後6年で2兆4000億円へ ソリューション事業分野…

    ミック経済研究所によれば、IoTソリューション市場は2017年度より成長期に入る。同研究所の予測では…

  7. 中東向けスモールビジネス

    中東と聞くと、乾燥した大地とイスラム教徒の人々、石油といった漠然としたイメージをする人も多いのではな…

  8. battery

    東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低…

    東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らの研究グループは、デジタル化により世界最小電力で動作するB…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. small start -コスメコミュニティサイト
  2. スモールスタート_シリコンバレーで働く女性

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP