menu

ドバイでも進む「女性の社会進出」

イスラムの女性は働いてはいけない。車や自転車にのってはいけない。かつて、アフガニスタンがタリバン政権下にあった時、女性は学校にいけなかった。女性が賢くなる事を恐れたため、賢くなればそのうち権力をもち、男性に歯向かってくる。女性の社会的な地位が低い時代があった。しかし近年、イスラム圏内でも女性の社会進出は増加しており、ドバイでも進んでいるという。

 そもそも、イスラム教の聖典コーランには女性と男性の間の完全な平等を説く文言が数多くあり、女性が働くこと、学ぶことを禁じてはいないという。

今から約1,400年前のイスラム教の預言者ムハンマドの妻は貿易商だったという説もある。彼らが信仰している宗教では昔から女性は社会に出て仕事をしていたにも関わらず、いつから、なぜ、このように考え方が変わってしまったのでしょうか。

それは女性が自立すること、働くことが、出産など女性しかできないことを放棄することにつながるかもしれないという危機感や、それに対する過剰な批判が理由の一つと推測されている。

◆イスラム教と働く女性

しかし、現在ではイスラム教の国々でも、以前に比べて少しずつ考え方が変わってきているという。UAEでは女性の接客業が規制緩和されたことで、女性の社会進出が進んだ。
ドバイでも多くのムスリムの女性が就業し始めている。

スーパーマーケットの責任者はマレーシア人のムスリムの女性であったり、空港内で働いているローカルのアラビア人、免税店で働いているイラン人やアフガン人など、様々な国籍の女性が活躍している。イスラム圏に進出する日本企業は、このような時代の変化にも対応していかなければいけない。(DEGIMA NEWS)

日本の介護 ベトナムに

エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバンキング」開設

関連記事

  1. battery

    東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低…

    東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らの研究グループは、デジタル化により世界最小電力で動作するB…

  2. IoTで「がんばらない介護」を支援、Z-WorksがシリーズAで…

    IoT介護支援システムを開発するZ-WorksがシリーズAラウンドで総額4億円の資金調達をしたことを…

  3. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  4. トルコが欧州でもっとも暗号通貨に理解のある国との調査結果

    わずかヨーロッパ人の9%がビットコインを所有し、16%が将来いつか何らかのビットコインを購入すると答…

  5. シンガポールに集まる富裕層の「節税事情」を解説! 相続税や贈与税…

    シンガポールには、有名な大富豪がたくさん住んでいます。例えば、世界的にその名を知られる投資家のジム・…

  6. candice

    -アメリカ人女性起業家- 水着写真の「大炎上」をビジネスチャンス…

    2016年3月、ビジネス特化型SNS・リンクトインへのある投稿が話題になった。大胆なビキニ姿のモデル…

  7. 任天堂スイッチにも搭載!エヌビディアの凄さとは?

    AIを支えるGPUの生みの親エヌビディア画像処理半導体(GPU:グラフィックス・プロセッシン…

  8. 複業採用の[サイボウズ]

    「サイボウズで複業しませんか?」2017年1月17日、サイボウズが「複業採用」を発表し、多く…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP