menu

アイテムやiPhoneを迷子にさせないシステム『Bikn』

 

前回の記事で、スマホを簡単に探す方法について記しましたが、そもそも電源が入っていないと電話も繋がらなければロックもできません。今回紹介する『iPhone』ケースとスマート・タグを使う『Bikn』では電源が入っていない状態でも探すことができる新サービス。

Bikn』は、失くしたくないものに付けておく、現代版の迷子札のようなものだ。[紛失したアイテムの位置情報を確認しアラーム音を出させる“Find”機能や、アイテムが一定の距離を離れた場合に自動でアラーム音を出す“Leash”機能等がある]

スターター・キット[130ドル]には、『iPhone』ケースと2個のスマート・タグが付いてくる。初めて使うときは、iPhoneをケースに挿入し、『iTunes』から無料のBiknアプリをダウンロードする必要がある。

 
[iPhone本体が紛失した場合は、アイテムに取り付けたタグのボタンを押すことで、iPhoneケースからアラーム音を出すことができる。このケースにはバッテリーと位置情報センサーが内蔵されているため、紛失したiPhoneの電源が切れていても、位置を特定することができる]この呼び出し音は、スマート・タグのボタンをもう1度押すか、iPhoneアプリで呼び出しを無効にしない限り鳴り止まない。
アプリのサイズはわずか15MB程度なので、iPhoneのストレージを食うことはなく、バッテリーも安定していた。(出典:WIRED)

スマホを探す最も簡単な方法

撮影した写真と同じイメージを簡単に探せるサービス

関連記事

  1. スタートアップ時見逃しがちなこと

    多くの会社が起業に失敗しており、その成功率は5-6%と言われるほど少ないのですがメディアで多く目にす…

  2. おとぎ話を天井に演出 Moonlite

    お母さんならでは発想と言えるiPhoneを使ったベッドタイムのおとぎ話を楽しく演出するアイテムがKI…

  3. Startup-Israel

    破壊的イノベーション」がイスラエルから生まれる理由

    日本とイスラエルの関係が急速に深まっている。「イノベーションが核となっている」(外務省)と言われ、…

  4. 目だけでマウスを動かすハンズフリーマウス

    健康なときには気づかないものですが、いざ病気や怪我になると日常で当たり前にできていた生活やパソコンな…

  5. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  6. 起業家不毛の地「オーストラリア」が南半球のシリコンバレーになる

    オーストラリアが、にわかにスタートアップ・ブームに沸いている。「第2のシリコンバレー」を目指す、オジ…

  7. スマホを探す最も簡単な方法

    誰でも一度はあれ、スマホどこだっけ。。という失敗が一度はあるかもしれません。大抵近くにあったりするも…

  8. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク&革新的スタート…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデータ連携、セキュリティ、…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP