menu

クリスマス商戦について

 

商売に携わっている人はクリスマス・年末年始にかけてはいつもに増して販売に気をつかう時期がきました。

最近ではドイツのクリスマスケーキ シュトレンが人気なので、売上増を見込んでパン屋やスーパーでも取り扱いされてきています。シュトレンには酵母の入った生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされております。切り分けて家族で少しずつ食べていけるのですが、生ケーキと違い日数が長持ちできるのも人気が出てきた理由の一つでしょうか。日本では少々単価が高くても売れるのでこの時期パン屋さんの稼ぎ頭ともなってきています。一方今迄の洋菓子店では少しシェアをとられてしまうので、別の工夫が必要かもしれません。

また贈り物が活発になるので、梱包や運送会社も忙しくなります。ちなみに数ヶ月前から予約できるおせち料理は注文受けたら食材を確保して料理した後は、すぐさま冷凍して保存しておくのだそうです。

話は変わりますが、柏周辺の冷凍製造メーカーではその優れた冷凍・解凍技術から生鮮分野から医療分野にも進出してきています。

さて個人的にもこの時期は海外にいる友人にプレゼントはするのですが、お茶とか日本ならではの焼き菓子を送ったりしています。店で買って郵便局から発送しているのですがちょっと手間なので、ネットで注文して海外に安く郵送できるサービスがあれば利用していたでしょう。

逆にこのニッチの分野でサービスを始めて地位を確立する手もあります。その後アマゾンあたりに売却してしまうとか。

クリスマス直前ではちょっと遅いのですがいずれにしても普段は固い人々の財布の紐も緩むこの時期の商売は、よくよく考えれば売上を伸ばすことができるでしょう。

スマホで防犯カメラ機能を

Gmail小技 メールを予約送信する方法

関連記事

  1. English-teacher

    中国の「中小都市」英会話ビジネス

    「北上広深」と呼ばれる北京・上海・広州・深圳を中心に大都市をターゲットとした…

  2. 女性起業家が集まりイベント 八王子の公園とコワー…

    八王子駅近くの西放射線通り商店街(ユーロード)通り沿いにある三崎町公園と、コ…

  3. Estonia_smallstart

    驚き! ネットがあれば数分で海外に会社作れる

    エストニアの制度を使うとネットがあれば数分で海外法人が作れる。スタートア…

  4. 2019年発行予定のデジタルノマドビザとは

    エストニア政府がエストニアでの365日有効な労働及び旅行…

  5. ソーシャルメディアを用いた宣伝方法について

    ソーシャルメディアを用いた集客、宣伝についてはよく言われ…

  6. 避難所生活を快適にする「段ボール」の舞台裏

    いかに苦難を乗り越えて事業を進めるか、を考えなければいけません。でももう一つ…

  7. ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセル…

    [ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン東部のショーディッチで、1時間1…

  8. 日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意

    地中海に面する、中東の小国・イスラエル。人口は約860万人、ユダヤ教、キリス…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP