menu

スマホのARを使って自宅をお化け屋敷に

 

スマホのAR技術(Augmented Reality.と人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉)を用いて記憶に新しいサービスと言えば全世界で記録的なヒットを生んだ”Pokemon GO”ですが、ゲーム市場で新しい試みが行われています。

米国のスタートアップ Novum Analytics ではスマートフォンのカメラとライトを使い、ARを用いて仮想お化け屋敷化した自宅を探検する ゲームアプリ Night Terrors を発表しました。現在クラウドファンディングサービス Indiegogo で製品としての制作資金を募っています。
Night Terrors は、AR 技術が持つ「そこにないものを映し出す」というリアルでない特性を、「リアルな映像」のために使った初めてのアプリかもしれません。

ゲーム内容はどちらかと言えば単純で、日が暮れて真っ暗な家の中を、スマートフォンのカメラとライトを頼りに徘徊するだけ。画面にノイズが走ったり フラッシュが突然光ったりなかなか凝っています。ストーリーは2つのミッションで構成されます。ひとつは、自宅のどこかに隠れている少女を助け出すこと。ふたつめは生き残ること。(出典:engadget)

 

実はこちらのゲームは別のクラウンドファウンディングで出資を集めていたのですが、目標金額に届かず 頓挫していたのを改めて出してみたというケースです。 何度でも挑戦できるこのようなアメリカの風潮は日本にもほしいところです。

中国人旅行者の変化

昆虫を食料にして食料危機回避に

関連記事

  1. IoTの動き ドイツ

    ソフトバンクのARM巨大買収にてIoTがどのようなものか、また生活に今後どんな影…

  2. 観葉植物でスマホを充電。環境にも優しいエコ充電

    観葉植物でスマホを充電? 環境にもお財布にも優しいエコ植木鉢ができました。植物の光合成を利用し、スマ…

  3. freec_smallstart

    東南アジアでビジネス版Facebook目指す「freeC」が正式…

    「例えるならビジネス情報に特化したFacebookのようなもの。就職やクラウドソーシング、イベント…

  4. 空いた時間で働く ギグワーク

    日本の経済誌DIAMOND OnlineではIT化の浸透によって場所を選ばずフリ…

  5. ドイツの スタートアップ事情

    欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな人種が暮らす多文化共生が根付いているベルリンを…

  6. 資金調達番組 日本とアメリカ

    一昔前に人気を博した"マネーの虎"という日本のTV番組では、出資してもらいたい様々なジャンルの起業家…

  7. ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

    [ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)…

  8. orchestrabusiness

    「儲からない」オーケストラ、どうやって運営している?驚愕の資金集…

    クラシック音楽が好きという人は多いと思うが、音楽家がどのような生活を送っているのか、オーケストラがど…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP