menu

スマホのARを使って自宅をお化け屋敷に

 

スマホのAR技術(Augmented Reality.と人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉)を用いて記憶に新しいサービスと言えば全世界で記録的なヒットを生んだ”Pokemon GO”ですが、ゲーム市場で新しい試みが行われています。

米国のスタートアップ Novum Analytics ではスマートフォンのカメラとライトを使い、ARを用いて仮想お化け屋敷化した自宅を探検する ゲームアプリ Night Terrors を発表しました。現在クラウドファンディングサービス Indiegogo で製品としての制作資金を募っています。
Night Terrors は、AR 技術が持つ「そこにないものを映し出す」というリアルでない特性を、「リアルな映像」のために使った初めてのアプリかもしれません。

ゲーム内容はどちらかと言えば単純で、日が暮れて真っ暗な家の中を、スマートフォンのカメラとライトを頼りに徘徊するだけ。画面にノイズが走ったり フラッシュが突然光ったりなかなか凝っています。ストーリーは2つのミッションで構成されます。ひとつは、自宅のどこかに隠れている少女を助け出すこと。ふたつめは生き残ること。(出典:engadget)

 

実はこちらのゲームは別のクラウンドファウンディングで出資を集めていたのですが、目標金額に届かず 頓挫していたのを改めて出してみたというケースです。 何度でも挑戦できるこのようなアメリカの風潮は日本にもほしいところです。

中国人旅行者の変化

昆虫を食料にして食料危機回避に

関連記事

  1. Airbnb新シェアリングエコノミー

    シェアリングエコノミー自体旬が過ぎた、という説もありますが、日本ではまだまだ活用できるシーンが多いよ…

  2. もうメジャーも設計図もいらない:部屋を丸ごと3DスキャンするiP…

    2013年にKickstarterで話題となったiPadを3Dスキャナーに変えるデヴァイス「Stru…

  3. 中国の3大「AIテクノロジー」企業、1400億円市場を狙う各社の…

    中国はコピー大国の汚名を返上すべく、テクノロジー分野で最もホットなAIの開発に国を挙げて取り組んでい…

  4. イスラエルがブロックチェーン領域で先端を行く3つの理由と、201…

    グローバルで存在感を放つイスラエルイスラエルスタートアップエコシステムの日本での認知度は年々高ま…

  5. スタートアップ時見逃しがちなこと

    多くの会社が起業に失敗しており、その成功率は5-6%と言われるほど少ないのですがメディアで多く目にす…

  6. streetperformance

    クレジットカードで投げ銭ができる「世界初のストリートパフォーマー…

    Suica・ICOCAなどの交通系電子マネーやETC・Apple Payなど、現金を持ち歩かなくても…

  7. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  8. スモールビジネスのIT担当者は9割以上が兼任

    デル株式会社は、全国のスモールビジネスのIT担当者に対して実施した意識調査の結果を発表した。調査では…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP