menu

副業・スモールビジネス 事業例一覧サイト

JNEWS.comのサイトではスモールビジネスに特化した事業例のさわりを無料で見る事ができるようです。有料コンテンツでも2週間の無料期間があるので、自分が始めたい、と思っている事業の冒頭部分の記事を読んでみるのも参考になるかと思います。

副業・スモールビジネス(JNEWS.com)

 

0923

 

〜小話〜

あるとき株で成功した人が、とある町の特産品の株を買いました。現地を訪れてみると町ではその話題で持ち切りになっており、富豪が購入しているのだからきっと儲かる、ということでその株を多くの人が買う騒ぎになっていたそうです。この様子を見た金持ちはすぐさま売却することにしたのだとか。

世の中に出回っている儲け話というのはほぼ、旬を過ぎています。実際儲かっているのであればそれを拡大すればいいだけで、人に伝える段階は既に旨味がなくなっていることを表しています。情報を鵜呑みにするのではなく、参考にする事で勉強する事ができるという心構えでいれば利益がでなくとも損をすることはないことでしょう。

既存の機械にもIoTを

孔子平和賞

関連記事

  1. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

  2. ベンチャー企業 成長の鍵は

    今、ベンチャー企業が熱い。上場が相次ぎ、2017年のベンチャー調達額は5年前の4倍を超える。第4次ブ…

  3. 映画から学べるスモールビジネス

    自身でビジネスをしていると、色々な人から刺激を受けたり、様々な状況から学べることが多くなるのですが、…

  4. streetperformance

    クレジットカードで投げ銭ができる「世界初のストリートパフォーマー…

    Suica・ICOCAなどの交通系電子マネーやETC・Apple Payなど、現金を持ち歩かなくても…

  5. Small-Company

    「小さな大企業」に選ばれた日本の3社 無名ゆえの戦略とは

    プロダクトだけが優れていても世界へは羽ばたけない。鍵となるのは「関係性の転換」だ。今回のスモール・…

  6. ベンチャー企業を毎年数千社も生む「マイクロVC」という革命

    『謎の米ベンチャー企業』の正体」といった内容の記事が2017年9月、「週刊ダイヤモンド」に掲載された…

  7. 日本人がシリコンバレーで起業したFlyDataが400万ドルを調…

    2011年に米国シリコンバレーで創業したスタートアップ企業「FlyData」が、未来創生ファンド、ア…

  8. かわいすぎる!ピコピコ動くネコ耳つきスーツケース「Fravel」…

    なでたり一緒に歩いたりすると、ピコピコ動くネコ耳のついたスーツケース「Fravel」が、クラウドファ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP