menu

動画SEOを活用した宣伝方法

動画コンテンツはテキストや画像に比べて注目を集めやすく、SEOについても通常のウェブサイトの効果が高いことで知られています。サイトをGoogleで検索しても上位にYoutube動画が表示されるケースが増えてきました。サービスや商品については動画の方が圧倒的に訴求力があり、且つ障壁が高いと思われる海外へのマーケティングも行えるので、企業でも動画マーケティングを活用し始めています。

自らyoutube動画を制作し、アクセス数を稼ぐ方法が一般的ですが、チャンネル登録者が多い番組や個人に自分の課題を取り上げて宣伝してもらう方法もあります。起業家として日本で著名な堀江貴文さんが質問に答えるチャンネルなどこれに近いとも言えるのではないかと思います。

このチャンネルでは著名人をゲストに招いて、視聴者からの事業についての質問を堀江さんが回答していく流れとなっており、直接の宣伝にはなりませんが、相手にメリットを与えてゲスト出演を依頼してみる等の提案はできるかもしれません。例えばスタジオを確保して、自分以外の様々なこんな面白いことをやってるんだよ的な起業家を、1日毎にゲスト出演させてもらう代わりに、出張費、宿泊費を負担するなど。沖縄とか観光地であれば喜ぶかもしれません。

Youtube動画を作ってみる

実際に動画を制作してYoutubeに登録するのは簡単です。またYoutubeにアカウントを作るのも動画をアップするのも費用はかかりません。動画編集が必要でなければスマホのカメラだけでも充分です。例えば食品加工会社であれば、工場内の製造過程を撮影してアップするだけで衛生状態など気になる取引先に対するアピールになりますし、関係のない人でも食品製造過程に興味がある人なら閲覧することでしょう。サイト内から動画情報を発信しても、逆に動画から会社Webサイトにアクセスしてもらえることも可能となります。

 

人気の個人SNSに依頼

最初は無料で行う事がよいかと思いますが、数多い動画制作会社に依頼し質を高める選択肢もあります。しかしどんなに良いコンテンツを制作しても、見てもらわなければ制作会社が喜ぶだけで意味はありません。よって自社の事業や商品を認知してもらう方法として、youtubeのチャンネル登録者数やtwitterフォロワー数が多い人や人気のインスタグラマー達に商品を紹介してもらう方法も浸透しています。

前提として、第三者の公平な視線から紹介するので、単なる企業宣伝だと見なされない効果が挙げられますが、実際には商品紹介料やサンプル品の提供などがあり、人々もこの点気づき始めています。

SNSはリアルじゃない 18歳の人気インスタグラマーが裏側を暴露して話題

 

次回は実際に零細企業がソーシャルメディアを使って成功した例を紹介していきます。

各国のビジネスモデル アメリカ・台湾・中国遍

ソーシャルメディアを活用して成功した零細企業例

関連記事

  1. ダンボールビジネス

    江戸時代の制度では士農工商と商人が一番身分が低く位置付け…

  2. 銀聯(Union Pay)対応決済機能

    中国経済の減衰や円高で、中国人観光客の伸び率も一時期ほどではないようですが、…

  3. cultureexperience_smallstart

    1杯のコーヒーから始まる感謝の旅

    体を張ったリポートで知られるジャーナリストが自分の飲むコーヒーに関わった人…

  4. 医療輸送ドローン

    日々新聞などやメディアで放送されるアフリカ医療問題が、ドローンを使った配送ビ…

  5. orchestrabusiness

    「儲からない」オーケストラ、どうやって運営してい…

    クラシック音楽が好きという人は多いと思うが、音楽家がどのような生活を送ってい…

  6. アプリでかんたんIoT民泊運用

    アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式…

  7. Pokémon GOビジネス

    日本では今年の夏リリース予定ですが、アメリカやニュージー…

  8. ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハ…

    ドイツのスタートアップ事情欧州の中心的な都市の中でも比較…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP