menu

同時通訳が可能に

 

日本人は外国語習得が苦手と言われており、また国民性も海外の人のように分からなくてもどんどん質問したり喋ることがないので、外国人とのビジネス分野でのコミュニケーションに苦手意識を持っている人も多いようです。

勿論日本人以外でもみんなが英語を喋れるわけでもなく、バベルの塔以前の誰もが言葉が分かりあえる環境だったらいいな、という人々の願いを叶えるべくイギリスから多言語同時通訳イヤホンが発表されました。現在来年のリリース二向けて開発が行われています。

 

同時通訳イヤホン CLIK

CLIK内の専用アプリで言語選択を行い、相手と通話することになりますが、言語は日本語も含む30カ国以上に対応。また人間工学に基づいた設計で、長時間の使用にも耐えられるようになっており、通常のワイヤレス電話としても利用できるようになっています。
クラウドファウンディング上で17,000円で購入できますが通話相手にも必要なので、これで会話を初対面の人と行うには2個購入が必要になるかもしれません。

実際のビジネスミーティングでどの程度対応できるかによりますが、外国語が不得手な身としては期待したいところです。また現在はSkypeなどで海外とコンタクトをとるケースも多いので、ウェブアプリやスマホアプリで通訳アプリが実装されればさらに需要は高まるかと思います。

google 新機能でリアル店舗への来客数upへ

ハロウィンビジネス

関連記事

  1. VR技術で仮想旅行体験

    VRを用いたソフトやサービスも医療やゲーム、旅行分野で続々と登場してきています。まだテストも…

  2. 企業向けサイバーセキュリティー完全ガイド – 2018

    サイバーセキュリティーに関する脅威は日に日に増し、ニュースで情報漏洩に関する報道が毎日のように続いて…

  3. startup

    2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  4. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

  5. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  6. 完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

    米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専…

  7. ベンチャー企業 成長の鍵は

    今、ベンチャー企業が熱い。上場が相次ぎ、2017年のベンチャー調達額は5年前の4倍を超える。第4次ブ…

  8. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Startup World Cup…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP