menu

新ビジネスではなく近くのチャンスを

 

PCからスマホやiPadのようなタブレットの登場で、一昔に比べてIT機器やツールも使い易くなってはいますが、新しい技術やサービス、ツールがどんどん登場してきてついていくのも大変です。

今の世の中SNSで宣伝するのは当然、使わないと勿体ないような風潮もありますが(そんな記事を書いた気もする)、経済的に成功している人がみんな最新の流行にのり、SNSを使い、注目を集めているかというとそうではありません。子供の頃読んだ漫画に、昼間ゴミ漁りや乞食をして、夜豪邸に帰っているというのがありましたが、実際にゴミから巨万の利益を出している人もいます。

ゴミの億万長者

ゴミ漁りして不審者扱いされないか心配ではありますが、モノが豊かになって使えるのに捨てている豊かな社会では、ゴミといっても見方を変えれば貴重な資源ともとれます。これを企業化するとリサイクルショップなどになり、これはこれで一つのビジネスとして成り立ちますが多店舗との競争、店舗維持費用、借地料、人員確保などで固定費も多くなってしまい、舵取りを誤ると瞬く間に経営も危なくなる面もあります。それに対してこの記事で紹介されている人物は、ゴミから拾って修理し、ガレージセールで利益を出した時点で大きなチャンスになると確認しながら、一人で続けていったことでしょうか。本職が別にあるというのもあったかもしれません。

サイドビジネスから始める

この記事からは様々なことが学べます。本職しながら趣味(得意分野)から始めていった事。実際に起業するとサラリーマン時代のように毎月決まった日に給与が振り込まれることはなくなり、思うように収入がないと資金繰りに苦しめられます。また最初からうまくいかず、思った通りに行かないことは誰でも、例え商才豊かな人でさえ同じですが、成功したポイントは系統立てたアプローチを試み、実践しながら学び、そして軌道修正していった点にあるようです。

 

「実践しながら学んで、回収システムみたいなものをつくり上げていったんだ。自分が何をしているのか、よく理解してもいないうちからね」

 

見習います。

 

ソーシャルメディアを用いた宣伝方法について

VR動画ゲーム 全身版

関連記事

  1. 2019年発行予定のデジタルノマドビザとは

    エストニア政府がエストニアでの365日有効な労働及び旅行ビザの発行を検討している…

  2. かわいすぎる!ピコピコ動くネコ耳つきスーツケース「Fravel」…

    なでたり一緒に歩いたりすると、ピコピコ動くネコ耳のついたスーツケース「Fravel」が、クラウドファ…

  3. kizzania_smallstart

    「働くってすごい!」と初心に帰った気分 憧れの仕事を体験する「大…

    普段は子どものみのお仕事体験を大人ができる「大人のキッザニア」が2018年12月にキッザニア甲子園…

  4. 中国の爆買におけるビジネスについて

    中国では恐らくドイツ製品の信頼が最も高く、次に日本製品でしょうか。ただドイツは遠いのでそう簡単には行…

  5. twitterを利用した宣伝方法

    1,200以上の事業者を対象にした調査でスモールビジネス事業の約半数はFacebook,twitte…

  6. ドイツの スタートアップ事情

    欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな人種が暮らす多文化共生が根付いているベルリンを…

  7. startup

    2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  8. shopping arcade_smallstart

    NYから広がる復活する街の小さな本屋さん

    米ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが2015年11月、本社のあるワシントン州シアトルに、同社…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP