menu

海外インフルエンサーx地方 「日本人が知らないNipponの魅力はたくさんある」

スシ、サムライ、ニンジャ。ハリウッド映画やマスメディアで切り取られる、伝統的なステレオタイプの「日本」のイメージはまだまだ海外で根強く残る。「自分自身も日本へ移住する前はそうした表面的なイメージしか持っていなかった外国人のひとりだった」と語るのは、日本最大級の海外向けトップインフルエンサー、クリエイター、エンターテイナーが集結するグローバルコミュニティ、Tokyo CreativeのCEOであり、自身も現役YouTuberでもあるクリス・オカノだ。

同社は3月7日にディー・エヌ・エーより約3000万円の出資を受け、インフルエンサーコミュニティブランドTokyo Creativeの新たな主軸ビジネスとして、オンラインサロンTokyo Creative LEARN(以下、TC LEARN)を開設したことを発表した。圧倒的な外国人フォロワー数で海外へ大きな影響力を持つTokyo Creative所属のトップインフルエンサーを多数起用し、純粋な教育学習プラットフォームを超えたコミュニティ型オンラインサロン兼コミュニティとして始動するとしている。

「所属しているインフルエンサーのカテゴリー、フォロワーはオタク系や美容系、観光系など様々。いろいろなターゲットにリーチできる豊富なバリエーションのコンテンツを作ることができるのが強みの1つです。ある人は東京ドームに注目し、ある人は池袋に注目するなどインフルエンサーそれぞれが信じている、面白いと思う『日本』は違い、語り方も違ってきます。多くのインフルエンサーが所属しているTokyo Creativeだからこそできるコンテンツの作り方だと捉えています」(オカノ)

所属インフルエンサーによる動画本数は現在4000本ほど、視聴回数はすでに累計10億回を超えているという。Tokyo CreativeのSNSアカウントには46万人以上がフォローしており、所属インフルエンサーによる日本に関するバラエティ豊かな動画が掲載されている。

日本に関する疑問の「解」が見つかるコミュニティ

Tokyo Creativeがインフルエンサー事業を行っていくなかで感じた海外のフォロワーが抱く「日本への誤解」がTC LEARNをスタートさせるきっかけとなったという。ジャンルはマーケティングの基礎学習から日本でモデルになるためのHow toまで、幅広いコンテンツテーマを展開。実際に日本に住むインフルエンサーだからこそ発見することができた「日本への誤解」に対するコンテンツや、毎日のように寄せられるフォロワーや視聴者からの細かい質問への回答などに対して「解」を見つけてもらえるようなコミュニティを目指していく。

「それぞれのインフルエンサーが、何をコアとして、情熱的に日本を取り上げているのかは一概には言えないことです。ただ、皆に共通しているのは、日本にはまだまだ意外に知られていない情報がたくさんあり、それをとにかく海外の視聴者やフォロワーに伝えていきたいという思いがあること。

地方創生のインバウンド事業も手掛けていますが、地方で暮らしてはじめてわかる景色の素晴らしさ、自然の素晴らしさ、地方に住む方の温かさを、フィルムで撮る感覚で動画をつくる。またアニメや美容系のプロダクトや体験を、喜んでくれるファンのために、コンテンツを探し、作り、発信しています」(オカノ)

クリエイティブは自由に、ルールは暗黙の了解で厳守

とはいえ、事業をはじめた当初は、日本の情報を発信する場はYouTubeがベストだとはまだ確信を持っていなかったとオカノは語る。YouTubeで動画を作りつつ、自分の近しい友人が見てくれるfacebookを通じて動画を発信し友人の反応をみた結果、友人からの反響が高かったことからYouTubeが最適であるという結論に至った。

日本の良さは、ニンジャやサムライといったテンプレートの枠を超えたところにたくさんあるという事実を広げていくために、facebookとYouTube向けのコンテンツで発信していくこととなった。そこからオカノは日本の旅に強いインフルエンサーとして活動することになる。

しかし、海外発のYouTuberとなると思い出されてしまうのが、海外YouTuberが日本で過激な動画を撮影して炎上した事件だ。Tokyo Creativeでは欧米式のマネジメントを採用しており、クリエイティブに関してはクリエイターを極力コントロールせず、その代わりに日本の文化を傷つけるような、Tokyo Creativeのブランドを傷つけるような行為は暗黙の了解として厳守しているという。

「郷に入れば郷に従う、という思想の元にクリエイターたちとコンテンツを作っています。日本に住み、日本が大好きでその魅力を海外に伝えたいと思っている外国人だからこそ、日本の奥ゆかしさは理解しています」(オカノ)

クリエイターが感じた、ありのまま日本を伝えたほうが海外の視聴者により刺さるコンテンツになるため、ガイドラインを固めすぎるのはなかなか難しい。しかし、日本に住んでいるクリエイターであり、日本のイメージを発信するコンテンツを作っている、かつ日本の公共施設で動画を撮っているということをやはり意識しなくてはならないため、その認識ができていることを条件にクリエイターはTokyo Creativeに参加している。

日本人も知らない「Nippon」を世界の片隅まで!

日本がインバウンド市場の目標として、2020年までに4000万人、2030年までに6000万人の訪日観光客数を掲げている。現状の内訳として、85%の訪日観光客はアジア圏からであり、より今後インバウンド市場の拡大するためには欧米諸国からの観光客数の増加が必須となる。

「欧米からの観光客をもっと増やしていくために、アクティブに旅をしている20代から30代の若い方に訴求していくべきです。そしてその世代は主にソーシャルメディアから情報を得ることが多い。最新のトレンドの情報を得て、旅の目的地を決めるような人が、Tokyo Creativeのクリエイターたちにとってのターゲットになっています」(オカノ)

また、オカノによると欧米の旅行者と地方の観光地は相性がよいという。欧米では旅行のスタイルとして、レンタカーを借りて各地を回るロードトリップスタイルも多い。そうした視点をうまく組み合わせ、うまく発信してあげることで、今まで日が当たらなかった地方の観光地やプロダクトがフューチャーされることも珍しくないそうだ。

東京、大阪、京都ではすでに溢れてしまいそうなほどの観光客が訪れている一方、ポテンシャルが十分あるにも関わらず、地元の人が気付いていない、もしくは情報発信が上手く出来ていないな地方自治体が数多く存在する。そうした自治体の魅力を、影響力のある外国人インフルエンサーが情報を発信することで、世界中にその魅力を知ってもらい、最終的には地方をもっと盛り上げていきたいとオカノは考えている。

知られざる日本を世界に発信したい、というのがTokyo Creativeモットーだ。日本の地方について知ってもらうため、そして世界中のフォロワーが持つ「日本の誤解」を解くためのインフルエンサーマーケティング、そしてTC LEARNをさらに展開していく予定だそうだ。

最近ではyoutubeも再生回数に応じた広告収入の他、投げ銭機能やLIVE配信、企業広告といった配信する人に応じて利益を出せる方法を複数用意しているので、よりyoutubeが利用しやすくなっているようです。

regional revitalizationスモールビジネスで大逆転! 地方経済が復活するただ1つの方法

fail情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000万円

関連記事

  1. regional revitalization

    スモールビジネスで大逆転! 地方経済が復活するただ1つの方法

    「2040年には全国1800市区町村の半分の存続が難しくなる」―― これは今から5年前の2014年…

  2. yamashiroya

    地方の旅館がSNSを利用して海外展開サービスを成功

    2015年大分県の家族旅館"山城屋"に香港の雑誌社が取材にやって来た。”…

  3. orchestrabusiness

    「儲からない」オーケストラ、どうやって運営している?驚愕の資金集…

    クラシック音楽が好きという人は多いと思うが、音楽家がどのような生活を送っているのか、オーケストラがど…

  4. とある主婦が在宅で月$12,500稼げるようになった話?

    どこにでもあり、どこか普通と違うお話リー・ウィリアムさんは二人の子供を抱える主婦だが、経済的…

  5. israelstartup

    イスラエスから学ぶ、ビジネスを成功へ導く3つの「C」

    過去最多の日本人ビジネスマンがイスラエルを訪問まずは、2017年を振り返ってみよう。2017…

  6. スマホを探す最も簡単な方法

    誰でも一度はあれ、スマホどこだっけ。。という失敗が一度はあるかもしれません。大抵近くにあったりするも…

  7. oyolife

    インドから上陸「不動産業界のアマゾン」の正体

    敷金・礼金・仲介手数料は無料、契約手続きはすべてスマホで完結。不動産屋に出向くことはおろか、紙での…

  8. Estonia_smallstart

    驚き! ネットがあれば数分で海外に会社作れる

    エストニアの制度を使うとネットがあれば数分で海外法人が作れる。スタートアップとして申請して認めら…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP