menu

資金調達番組 日本とアメリカ

一昔前に人気を博した”マネーの虎”という日本のTV番組では、出資してもらいたい様々なジャンルの起業家たちが強面の投資家から厳しい指摘を受けつつ、出資を要請するというものでした。今から約10年前の古い番組なので、投資家がリサイクル大手事業の社長だったりと、現在個人でネット売買が盛況なので多少時代の移り変わりを感じたりしますが、興味深い内容となっています。今では動画視聴サイトで過去番組をみることができます。

例えば出資に当たりアイデアと事業計画書(アイデアだけなのもある)を投資家達に見てもらうのですが、この時点で多くの起業家達は辛口の評価を下します。これが罵倒など伴うシーンもあり、それだけ投資家も本気なのでしょうが、いかにも日本的な部分が感じられる内容でした。出資する、しないはビジネス判断であって感情が伴うことがあってはいけないと思うのですが、どうも熱くなってしまうようです。

同じような番組に”エジソンの卵”というアメリカの番組がありますが、これはハードウェアに限定しています。なので起業家達はまずプロトタイプを持ってきて投資家達にみてもらうわけです。興味深いのは起業家はほぼ二人一組だったこと、また判断する投資家達も何段階にも分けた実証テストと、うまく事業化するにはどうすべきか様々なスペシャリストのアドバイスも得て協力していくことです。

流れとして4組の候補があり、先ず事業化したい製品のアピールと出資希望額を伝えます。その後プロトタイプをテストし、ここで一組落とされます。

次に最も厳しい判定者、消費者達にプロトタイプを見てもらい、さらに一組落とされます。

最後にその事業のエキスパート達を読んで製品をチェックしてもらい、問題点を洗い出します。ここで最後の判断が下され、最後に一組残ります。ここで投資家と企業家達の間で交渉が行われ、双方納得できたら成立といった流れです。

かつて成功していた日本のマネーの虎たちも、今では事業破産や会社倒産の憂き目にあっている人たちがいるのは、事業を継続させるのが生き馬の目を抜くように難しい例ともいえますが、成功した自身の目だけでなく、様々な観点から多角的に判断していくことは複雑化した経済社会において留意すべき点ともいえる証拠なのかもしれません。

ただマネーの虎は純粋に多くの起業家にチャンスを与える投資経済番組ではなく、どうもTV制作側がわざと投資家が怒る起業家達を集めて、そのシーンをCMで流して視聴者を獲得する、といった意図があるようにもみえますが。。

スモールビジネスの伸張

「Apple pay」対応非接触リーダー

関連記事

  1. ダンボールビジネス

    江戸時代の制度では士農工商と商人が一番身分が低く位置付け…

  2. 銀聯(Union Pay)対応決済機能

    中国経済の減衰や円高で、中国人観光客の伸び率も一時期ほどではないようですが、…

  3. cultureexperience_smallstart

    1杯のコーヒーから始まる感謝の旅

    体を張ったリポートで知られるジャーナリストが自分の飲むコーヒーに関わった人…

  4. orchestrabusiness

    「儲からない」オーケストラ、どうやって運営してい…

    クラシック音楽が好きという人は多いと思うが、音楽家がどのような生活を送ってい…

  5. ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハ…

    ドイツのスタートアップ事情欧州の中心的な都市の中でも比較…

  6. Airbnb新シェアリングエコノミー

    シェアリングエコノミー自体旬が過ぎた、という説もありますが、日本ではまだまだ…

  7. 動画SEOを活用した宣伝方法

    動画コンテンツはテキストや画像に比べて注目を集めやすく、SEOについても通常…

  8. ハンドメイド制作から始めるスモールビジネス

    最近ハンドメイド市場が活況を呈しています。本職の職人でなくとも、趣味…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP