menu

日本人が知らない中国のブロガーの稼ぎ方「投げ銭」も一般化

今から数年前、中国の沿岸部の町の厦門(アモイ)で工業デザイナーを務めていたLin Shaoは「WeChat」でブログを書き始めた。給料は良かったが、仕事は退屈だった。

スマホ向けの電子書籍の感想をブログに書いていたLinは、その後しばらくしてインフルエンサーとしての地位を築き、昼間の仕事を辞めた。現在33歳のLinはフォーブスの取材にこう話した。

「自分が読んだ書籍の感想を他の人とシェアするのはとても楽しい。WeChatがブログサービスを開始したとき、これこそが自分がやりたいことだと思った」

現在、2200万人のファンをWeChatで持つ彼は、2017年に数百万ドルをブログの広告収入や、電子書籍のアフィリエイト収入で得た。月間アクティブユーザー(MAU)が9億8000万人とされるWeChatは、今や単なるメッセージアプリではなくEコマースや配車サービスのハブとしても利用されている。調査企業「iiMedia 」によると、2017年時点でWeChat内では1500万件を超えるブログが個人や企業によって公開されていた。

WeChatはフェイスブックほど洗練された人工知能(AI)技術は用いていない。しかし、2015年時点でWeChatのプラットフォームの価値は835億ドル(約9兆円)と算定されている。テンセントの時価総額は5000億ドルを突破し、フェイスブックのそれを上回っている。

Linのような若い世代にとって中国の主要メディアのコンテンツは退屈で、SNSにアクセスする時間のほうが長く、一日の大半をアプリ内で過ごしている。

テンセントはデジタル決済サービスの「テンペイ」も提供し、ブログのファンが書き手に “賛賞(Zan Shang)”という投げ銭機能でチップを払うことができる。iiMediaの試算では、活発なブロガーたちは月平均6.3ドルの投げ銭を得ているという。また、一記事あたりの平均収入は1.6ドルから7.8ドルのラインだという。500万以上のアクティブなブログがあることを考えれば、月額のチップの総額は3000万ドルを超えることになる。

気に入ったコンテンツには「投げ銭」を

「投げ銭はある種の社会現象になりつつある。中国ではモバイル決済の浸透度が高く、人々は近年、気に入ったコンテンツには金を払いたがるようになった」と調査企業「China Channel」のMatthew Brennanは話す。

しかし、アップルは投げ銭の仕組みをめぐってテンセントと対立した。アップルはWeChat内の投げ銭が「アプリ内課金」であるとして、30%の取り分を要求。両社の対立の結果、昨年からiOS上で投げ銭の利用ができなくなった。しかし、1月の中旬に両社はこの件で合意に達し、今後のアップデートで投げ銭の利用が可能になる。

また、テンセントはWeChatブログ内の広告収入を全てブロガーたちに還元している点も注目すべきポイントだ。ブロガーらは広告主と直接、金額交渉を行うこともできる。

テンセントの主要な収入元はゲーム事業であり、「王者栄耀(Honor of Kings)」などのモバイルゲームから莫大な収入を得ている。投資企業「S.Capital」のChen Yuetianは「テンセントはWeChat自体で儲けようとはしていない。WeChatはユーザーやトラフィックを呼び込む窓口なのだ」と述べた。

しかし、ブロガーの影響力の高まりに神経を尖らせているのが中国政府だ。昨年、有名人のゴシップ等を掲載するWeChatアカウントが突如閉鎖に追い込まれた。当局は最近ではヒップホップなどの“程度の低い”コンテンツの掲載中止を要請するようになった。また、“趣味の悪い”ビデオゲームを追放する動きも始まっている。

一方でWeChatの利用者数が飽和状態に達しつつある中で、新たなメディアプラットフォームも勢力を拡大している。その一つが、一日の利用者が2億人に達するといわれるニュース配信サイトの「今日頭条(Toutiao)」だ。今日頭条の運営元の「Bytedance」は、総額で約1億5000万ドルをブロガーらに支払い、コンテンツを増強しようとしている。

「プラットフォームの覇権の拡大を狙う今日頭条は、今後テンセントと対立していくことになる。しかし、WeChatはあまりにも巨大なユーザーベースを抱えており、これに対抗するのは非常に困難だろう」と投資企業「Zhen Fund」の担当者は述べた。(Fobes)

 

日本でも徐々に気に入ったコンテンツに対価を支払う投げ銭システムが浸透してきています。今までは収入広告が提供者の主な収入だったので、視聴者や閲覧者にとっては興味のない広告を目にしなくてはいけませんでしたが、今後は不必要な広告を見ずに、自分が気に入ったコンテンツ提供者に少額のお金やプレゼント、仮想通貨などを支払うことができるようになっていく流れになりそうです。Newspicsは経済ニュースに特化しておりますが、良質なコンテンツ提供というより専門家や実業家・経営者など実際事業に携わっている人々のコメントの価値が高いので有料サービスを展開できており、ALISでは信頼の高い投稿に対して仮想通貨を発行し、良質な記事の確保を目指しています。

aidemy東大発ベンチャー、無料AIプログラミング学習Aidemyのアプリ化決定

英文チェック、修正ツールGrammarly

関連記事

  1. 身近なIoT例

    IoT(全てのモノがインターネットに繋がる)とは実際どのようなものなかを、身近な具体的な事例を挙げて…

  2. legalforce_smallstart

    AIが1秒で契約書をレビューする「LegalForce」

    AIを搭載した契約書レビュー支援サービス「LegalForce」を提供するLegalForceは11…

  3. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

  4. ペットボトル型 ポータブル水力発電機

    クラウドファルンディングサイトのKICKSTARTERからポータブル水力発電機が登場し、既に$147…

  5. aiminutes

    「AI」で音声から議事録作成 県がソフト導入、職員負担を軽減

    岡山県は、庁内会議や記者会見などの記録作成用に、音声データを自動で文章化するシステムを導入した。働き…

  6. かわいすぎる!ピコピコ動くネコ耳つきスーツケース「Fravel」…

    なでたり一緒に歩いたりすると、ピコピコ動くネコ耳のついたスーツケース「Fravel」が、クラウドファ…

  7. フィンテック都市のロンドン

    ヨーロッパ随一のテクノロジー都市、ロンドン「テクノロジー」をテーマに、あるいは「スタート…

  8. learnfromyourmistake

    失敗から学ぶ「起業」―成功を勝ち取るために押さえておくべき“教訓…

    近年、起業のハードルは下がったという声もある。一因にあるのはやはりインターネットの普及であり、ユーザ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP