menu

書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版をリリース AIの自動読み上げ機能を活用

株式会社フライヤーは、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利便性を高めること、新たな読書機会を創出することを目的とし、要約の音声版を4月18日にリリースしたことを発表した。

AIによる自動読み上げ機能を活用し、要約記事を音声化することで、車移動が多い方、活字が苦手な方、目の不自由な方などに向けて新たな読書機会をしたい考えだ。

現在はフライヤーのウェブ版で使用することができ、今後アプリ版にも対応していくという。

フライヤーのウェブ版画面。右側に「この本の要約を音声で聴く」というボタンが追加されており、クリックするとポップアップで操作パネルが出てくる。

音声は1.2倍、1.5倍、2.0倍の倍速に対応している。BGMをつけて聴くこともでき、ラジオ感覚でも楽しめるという。1コンテンツは倍速なしで約15分程度。スキマ時間でいつでも楽しむことができる。

書籍要約サービスの『flier(フライヤー)』は、1冊10分で読める書籍要約コンテンツを配信、読書体験を豊かにするディスカバリーサービス。話題の書籍や名著のなかから「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を選び、経営コンサルタントや各分野の専門家が編集した高品質の要約を配信している。会員数は現在18万人を超える。

今後は音声版をアプリで提供していくことに加えて、「Google Home」「Amazon Echo」のようなスマートスピーカーの追加機能としての提供も検討していると述べている。(ロボスタ)

 

AI音声はAmazonのAlexaもダウンロードした書籍をAIが読み上げてくれる機能があるのですが、聴いている時間が長ければ長いほどAI音声を聞いてくるのが辛くなります。いわゆる不気味の谷に当てはまるのですが、今後もっと人間の感情に沿ったAI音声が出てくると思います。

AIスピーカーはまだ音声コンテンツは十分とは言えないものの、天気予報やGoogleカレンダーと連動した今日の予定など、朝忙しい時間帯には出勤の準備をしながら情報を得られるので、音声ビジネスは今後ますます拡大していくことと思われます。

AIが業務委託契約のリスクを判定

(動画)シリコンバレーの“貧困街”が抱く希望

関連記事

  1. 大事なものをなくさない為に スマート・タグ

    もう大切なモノを失くすことはないかも。BiKNは、失くしたくない大切なモノにスマート・タグを付けてお…

  2. SMALLSTARTNEWS_ZUKKU

    サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る

    AI・業務自動化、クラウドコンピューティング、情報セキュリティ、モバイル活用など全10部門のIT専門…

  3. 通訳機

    74言語対応。翻訳機を超えた、夢の「通訳」機 share

    ■世界の人と交流できる、手のひらサイズの通訳機POCKETALKは手のひらサイズの通訳機。話…

  4. 経済の体温”世界の物価上がらぬ「謎」 背景に新型経済の台頭

    “経済の体温”と呼ばれる物価が世界的に上がらない。国際決済銀行(BIS)の調べでは、6月時点で物価上…

  5. アマゾン“年間3000万円以上稼げる”と新規の配送業者を募集

    アマゾンは、複数のインセンティブを用意して、配送ネットワークを拡大しようとしている。車両やガ…

  6. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人口6億人の購買力が爆発し…

  7. “サラリーマンが副業”稼げるバイトの実態…

    飲食店でのアルバイトから、自宅を使ったシェアハウスまで。本業以外で稼ぐにはいろいろな道がある。副業の…

  8. スマート工場はスモールスタートで、50万円から始める「見える化」…

    FAプロダクツは、スマートファクトリー化に向けた障壁を下げるため、既存設備の稼働監視や帳票レス化を低…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP