menu

イギリスで日本酒造り、大阪の酒造会社が初の試み

大阪の酒造会社がイギリスに日本酒の酒蔵を作りました。日本の酒造会社としては初めての試みです。

先週、イギリスで行われた日本酒の酒蔵のオープニング式典。振る舞われているのは、現地で造られた日本酒です。

「本当に見事です。口当たりがとてもなめらかで、香り深くまろやかな味です」(招待客)

酒蔵は、ロンドンから車で2時間ほど離れたのどかな田園地帯の中にできました。大阪の「堂島麦酒醸造所」の橋本社長は、日本の会社が進出していなかった点をチャンスと捉え、イギリスを挑戦の舞台に選びました。酒米は日本から取り寄せ、水は地元のものを使用。イギリスの水は硬水のため、機械で軟水に変えたといいます。

「初めての蔵で、初めての水で、よくここまでいい酒をみんなで造れたなと」(堂島麦酒醸造所 橋本良英社長)

酒造りの中心となったのは、イギリス人のトニー・ミッチェルさん(50)。日本酒に惚れ込み、妻の地元である福岡の蔵元で働いた経験もあります。その後、酒蔵を離れ、東京のイギリス大使館で働いていましたが、2年前、橋本社長から偶然、プロジェクトの話を聞き、イギリスに戻ることを決めました。

「プロジェクトの話を聞いた瞬間にそれは私の仕事、決定しました。一生懸命、酒を造って、人と一緒に・・・。それは和醸良酒という気持ち」(トニー・ミッチェルさん)

「和醸良酒」。蔵人の和が良い酒を造り、良い酒が和をもたらすという2つの意味を持つ言葉を胸に酒造りにあたりました。

「(イギリスでは日本酒は)二日酔いがひどいとか(考えられている)。でも私たちが造った酒を飲んだら、全然考えは変わりますね。イギリス人に分かってもらいたい。酒の良さ、酒文化の良さ」(トニー・ミッチェルさん)(TBS NEWS)

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

起業家不毛の地「オーストラリア」が南半球のシリコンバレーになる

関連記事

  1. 動画SEOを活用した宣伝方法

    動画コンテンツはテキストや画像に比べて注目を集めやすく、SEOについても通常のウェブサイトの効果が高…

  2. スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

    本連載では、イスラエルのビジネス慣習についていろいろお伝えしてきたが、今日は、技術立国イスラエルとい…

  3. Estonia_smallstart

    驚き! ネットがあれば数分で海外に会社作れる

    エストニアの制度を使うとネットがあれば数分で海外法人が作れる。スタートアップとして申請して認めら…

  4. ローテクから始めるスモールビジネス

    ネットを使うことはビジネスする上でほぼ必須条件になりつつありますが、かといって仕事そのものまでネット…

  5. 東南アジアで勢いのある3つのスタートアップ企業

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の10ヵ国の総人口は6億人を超えており、巨大な市場を形成しています。…

  6. トルコの植毛ビジネス 手術を受けた英男性の体験を追う

    毎年数千人の男性が、生え際の後退を止めるためにトルコに手術を受けに行く。BBCのティファニー…

  7. fail

    情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000万円

    ひとくちに「起業」といっても、その実態は様々。人生をかけた大博打となるケースももちろんあるが、副…

  8. Processed-Mea1

    加工食肉製品群を伸ばし5期連続で増収増益

    〈加工品構成比を25%に拡大へ、市場が変化する中で自らも変化する考えを浸透〉スターゼンの中津濵健…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP