menu

イギリスで日本酒造り、大阪の酒造会社が初の試み

大阪の酒造会社がイギリスに日本酒の酒蔵を作りました。日本の酒造会社としては初めての試みです。

先週、イギリスで行われた日本酒の酒蔵のオープニング式典。振る舞われているのは、現地で造られた日本酒です。

「本当に見事です。口当たりがとてもなめらかで、香り深くまろやかな味です」(招待客)

酒蔵は、ロンドンから車で2時間ほど離れたのどかな田園地帯の中にできました。大阪の「堂島麦酒醸造所」の橋本社長は、日本の会社が進出していなかった点をチャンスと捉え、イギリスを挑戦の舞台に選びました。酒米は日本から取り寄せ、水は地元のものを使用。イギリスの水は硬水のため、機械で軟水に変えたといいます。

「初めての蔵で、初めての水で、よくここまでいい酒をみんなで造れたなと」(堂島麦酒醸造所 橋本良英社長)

酒造りの中心となったのは、イギリス人のトニー・ミッチェルさん(50)。日本酒に惚れ込み、妻の地元である福岡の蔵元で働いた経験もあります。その後、酒蔵を離れ、東京のイギリス大使館で働いていましたが、2年前、橋本社長から偶然、プロジェクトの話を聞き、イギリスに戻ることを決めました。

「プロジェクトの話を聞いた瞬間にそれは私の仕事、決定しました。一生懸命、酒を造って、人と一緒に・・・。それは和醸良酒という気持ち」(トニー・ミッチェルさん)

「和醸良酒」。蔵人の和が良い酒を造り、良い酒が和をもたらすという2つの意味を持つ言葉を胸に酒造りにあたりました。

「(イギリスでは日本酒は)二日酔いがひどいとか(考えられている)。でも私たちが造った酒を飲んだら、全然考えは変わりますね。イギリス人に分かってもらいたい。酒の良さ、酒文化の良さ」(トニー・ミッチェルさん)(TBS NEWS)

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

起業家不毛の地「オーストラリア」が南半球のシリコンバレーになる

関連記事

  1. フリーランス美容師が利用する個室シェアサロン「GO TODAY …

    株式会社GO TODAY SHAiRE SALON(東京都渋谷区、代表取締役:大庭邦彦)は、フリーラ…

  2. シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーは長きにわたって、現状を打ち破ろうとするテック企業のホームグラウンドとして知られてきた…

  3. ソーシャルメディアを用いた宣伝方法について

    ソーシャルメディアを用いた集客、宣伝についてはよく言われている事ですが、使ってみ…

  4. ハロウィンビジネス

    ハロウィンは毎年10月31日に行われ、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出…

  5. 目指すはホームクリーニング界のウーバー、「ニーツォ」の仕組みと課…

    ローテクから始めるスモールビジネスでも清掃ビジネスを紹介しましたが、清掃を専門にしていない人でも、登…

  6. ベンチャー企業を毎年数千社も生む「マイクロVC」という革命

    『謎の米ベンチャー企業』の正体」といった内容の記事が2017年9月、「週刊ダイヤモンド」に掲載された…

  7. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク&革新的スタート…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデータ連携、セキュリティ、…

  8. スモールビジネスを成功させるための10の項目

    Smallbusiness, ギグエコノミーは今後役所や大企業に努めていても、生活に必要なワークスタ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. blockchain
  2. venture_smallstart
  3. AWS Managed Blockchain_smallstart
  4. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP