menu

VR技術で仮想旅行体験

VRを用いたソフトやサービスも医療やゲーム、旅行分野で続々と登場してきています。

まだテストも兼ねた期間限定のサービスですが、仮想旅行のサービスも始まりました。以下レスポンス

自宅のリビングや庭、オフィスの休憩スペースで海外旅行が体験できる時代がやってきた。KDDI と ナビタイムジャパン が仕掛けるリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」だ。その使い勝手や近未来が体感できる動画が公開中だ(写真22枚)。 動画は、祖父と孫娘の「未体験」が描かれている。2人はいままでいっしょに海外に行けなかったが、この「SYNC TRAVEL」で念願の“海外旅行”を体験するというストーリー。 孫娘の携帯に「SYNC TRAVEL」からの旅の知らせが届く。箱を開けると、中にはVRが。孫娘と祖父が、自宅の居間でいっしょにVRゴーグルを装着。ドイツはミュンヘンへ、現地のガイドとともに海外旅行をバーチャル体験していく。「BUY NOW」とVRに表示され、現地ガイドに頼み、ドイツ土産も購入。次は、ヨーロッパから一気に南米、アルゼンチンへ。茶の間にいながらアルゼンチンの大自然を満喫するふたり……。 国内初となるVRによるリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」がいよいよオープンする

 

 

 

まだ仮想体験コンテンツを撮影できるカメラが出回っておりませんが、今後小型の全方向撮影のカメラが出回れば旅行者がバーチャルトラベルのコンテンツを配信できる世の中もそう遠くはないかもしれません。

360度パノラマ撮影が可能な小型球体カメラ「Luna 360」

昆虫を食料にして食料危機回避に

持ち主を追いかけて自走するスーツケース

関連記事

  1. israelstartup

    イスラエスから学ぶ、ビジネスを成功へ導く3つの「C」

    過去最多の日本人ビジネスマンがイスラエルを訪問まずは、2017年を振り返ってみよう。2017…

  2. ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

    [ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)…

  3. 中国の3大「AIテクノロジー」企業、1400億円市場を狙う各社の…

    中国はコピー大国の汚名を返上すべく、テクノロジー分野で最もホットなAIの開発に国を挙げて取り組んでい…

  4. シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーは長きにわたって、現状を打ち破ろうとするテック企業のホームグラウンドとして知られてきた…

  5. battery

    東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低…

    東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らの研究グループは、デジタル化により世界最小電力で動作するB…

  6. 世界最大のローカルビジネス口コミサイト Yelp

    日本ではレストランや食事処の口コミは食べログやRetty、コンピュータなどは価格.comなど業種別の…

  7. blockchain

    医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

    仮想通貨を支える技術として近年、注目を集めるブロックチェーン(分散型台帳)。データをネット上に分散さ…

  8. shopping arcade_smallstart

    NYから広がる復活する街の小さな本屋さん

    米ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが2015年11月、本社のあるワシントン州シアトルに、同社…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP