menu

「AI大国」を目指す中国 2030年に関連産業を10兆元規模へ

この先、急成長が期待されている産業として、AI(人工知能)が挙げられよう。モバイルインターネット、スーパーコンピューター、センサー付き無線ネットワーク、脳科学などの領域において、飛躍的に技術が進歩したり、新たな理論が打ち立てられたりしている。

こうした変化が世界の経済・社会を大きく変えようとしている。教育、医療、老人福祉、環境保護、都市機能、司法サービスなど、広範囲の領域で、AIが大きな変化をもたらそうとしている。

中国は、人工知能の領域において、国際科学技術論文の発表件数、特許件数で世界第二位であり、一部の領域では、コアとなる関連技術に関して既にブレークスルーしている。たとえば、語学認識、視覚認識の技術では世界のトップレベルにあり、深層学習、直感感知、総合推理、ハイブリッド知能、群衆知能などは発展の初期段階に差し掛かっている。また、中国語情報処理、監視・コントロール、生物の特徴識別、工業用ロボット、サービス用ロボット、無人運転などでは実用段階に差し掛かっている。

7月8日、AI国家発展戦略を発布、3段階で目標設定

AI戦略,中国

(写真=PIXTA)

中国はAI産業の育成・発展を国家重点研究発展計画の重点プロジェクトとしている。国務院は2016年5月に“インターネット+”人工知能三年行動実施方案を発布したが、さらに、2017年7月8日付で「新一代人工知能発展計画」を発布している。この計画では3段階に渡って、より具体的な戦略目標が設定されている。

第一段階では、「2020年までにAIの全体技術、応用技術を世界の先端水準に引き上げ、AI産業を新たな重要経済成長点とする」などとしている。AI核心産業の売上規模を1500億元、関連産業では1兆元を超える規模に育てる計画である。

第二段階では、「2025年までにAI基礎理論において、重大なブレークスルーを起こし、一部の技術・応用技術について世界をリードする水準に引き上げ、AIを産業のレベルアップ、経済構造転換の主要動力とする」などとしている。AI産業をグローバル・バリュー・チェーンに組み込み、製造、医療、都市、農業、国防などの領域において広く普及させ、AI核心産業の売上規模を4000億元、関連産業では5兆元を超える規模に育てる計画である。

第三段階では、「2030年までにAI理論、技術、応用技術など全体として世界をリードする水準に引き上げ、世界の主要なAI・クリエーション・センターに育てあげる」などとしている。AIを生産・生活、社会・ガバナンス、国防など各方面に対して、深く大きく浸透させ、コア技術、カギとなるシステム、支援プラットフォーム、AIを応用した産業チェーン、ハイエンド産業群を形成し、AI核心産業の売上規模を1兆元、関連産業では10兆元を超える規模に育てる計画である。

6つの重点任務を設定、資金支援、法整備などを進める

重点任務として、次の6点を挙げている。

(1)開放的で、協調的なAI科学技術の開発システムを構築する
(2)ハイエンドで効率の高いインテリジェント・エコノミーを育成する
インテリジェント・エコノミー:あらゆるモノやコトのデータ化とAIの高度化により、人間との協調や人間の支援、さらには、人間が介在しなくても自律的な取引が形成され、市場の付加価値を生み出す経済圏(AIによる人間なしで取引が可能な経済圏–「インテリジェント・エコノミー」の未来、2016年6月15日、林雅之氏)
(3)安全で便利なインテリジェント・ソサイエティを建設する
(4)AI領域の軍民融合を強化する
(5)安全高効率なインテリジェント・インフラ設備システムを構築する
(6)新世代AI重大科学技術プロジェクトの見通しをレイアウトする

また、資金については、財政資金が誘導し、市場が主導となって資金を支えるメカニズムを作り上げる。国家が重点実験として、AIクリエーション基地を制定するなど、資金が集めやすいような体制を作り上げる。国内外からプロジェクトを立ち上げるための資金調達を支援するなどとしている。

産業育成を保障する措置として、法律、規範などを制定する。発展のための詳細で具体的な重点政策を打ち出す。技術標準、知的所有権体系を構築する。安全・監督管理、評価システムを構築する。労働者の教育訓練を強化する。AI普及活動を広範に展開するなどとしている。

バイドゥ、アリババ、テンセント、レノボ、華為、京東などが既に産業形成

日本では、2016年10月から総務省が「AIネットワーク社会推進会議」を開催し、AIネットワーク化をめぐる社会的・経済的・倫理的・法的な課題について検討している。日本政府もAIの発展を後押ししようとしているが、民主主義国家としての政府の働きには限界がある。その点で、共産党一党独裁体制で社会主義国である中国における政府の力は強大である。世界第二位の経済規模を持つ中国において、他国の企業を排除することに繋がりかねない国家資本主義を堂々と実行できる点で中国企業は国際的に有利である。

そもそも、AIの重要な要素となるビッグデータにおいては、人口が多く、中国語による文献数の多いことが非常に有利である。その上に国家の多大なサポートがあるという点を認識すべきであろう。

 

 

また中国東部・安徽省で開かれた、外国メディアを招いた記者会見。記者たちの注目を集めたのは、会場に置かれたモニターだ。話し手の中国語がそのまま文字になり、さらに同時に英語に訳されていた。これには音声を認識する人工知能、いわゆるAIの技術が使われていた。

この技術を開発したのは安徽省の地元企業だ。英語名を“アイフライテック”という。紹介された小型の通訳機に女性が中国語で話しかけると、話した内容がすぐに英語に翻訳された。中国語の難しい抑揚も正しく認識されている。反対に英語で話しかけても、あっという間に中国語に訳された。

値段は日本円で約5万円(2999元)。すでに商品化されており、ビジネスマンの海外出張に便利などとして、生産が追いつかないほどの注文を得ているという。別の機械では日本語も中国語に翻訳可能だ。

音声認識の分野では中国でトップレベルというこの会社。一部には技術を無料で開放して顧客を増やし、その技術は大手ソーシャルネットワークなど、中国で47万以上の会社に採用されていると胸を張る。

同じ安徽省の基幹企業の1つ“江淮自動車”。今後、需要が伸びるとみて力を入れているのが、“電気自動車”だ。新たに開発した電気自動車にも、アイフライテック社の音声技術が使われていた。

エアコンをつけるように中国語で言うと、AIが応答し、すぐにエアコンがついた。カーナビも音声で操作できるという。

中国政府は、こうしたAIを国際的な新しい競争分野と位置づけ、官民挙げて“AI強国”を目指している。習近平国家主席はこう述べた。

「製造強国の建設、先進的な製造業の発展を加速させ、インターネット・ビッグデータ・AIと実体経済の融合を進める」

かつて安い労働力を武器に“世界の工場”と呼ばれた中国は、今やその姿を変え、自らが望む“AI大国”への片鱗を見せつつある(日テレNEWS24 ZUU online)

 

災害時のAI活用災害ラジオにAI活用

IoT・AI活用中小企業のためのAI活用チャレンジ

関連記事

  1. AITAKEOVERJOB

    人工知能やロボットには奪われない「8つの職

    人工知能やロボットが人間の仕事を奪う、という言説がよく聞かれるが、果たして本当にそうだろうか。未来研…

  2. エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

    バルト三国最北にあるエストニアは、通話/メッセージングサービス「Skype」が誕生したことでも知られ…

  3. ジュミア・テクノロジーズ

    アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・ テクノロジーズ」…

    ジュミア・テクノロジーズは、eコマースから少額決済までアフリカ大陸14カ国で幅広いビジネスを展開!…

  4. リーン・スタートアップ手法が全米標準に

    米国議会の2016年最終日、民主党と共和党は米国のイノベーションと研究開発を強化する法令に合意しまし…

  5. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  6. アリババの使命 -スモールビジネスを助けていくこと-

    中国のアリババ創業者のジャック・マーは先日、約30名の部下たちを引き連れてイスラエルを初訪問した。彼…

  7. 世界最小クラスの「紛失防止」IoTデバイス

    なくすを、なくす。アラートで紛失を防止MAMORIOはスマートフォンとペアリング(同期)し大…

  8. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜索も可能に

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが、多くの大企業は技術の進…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. dellsmallbusiness
  2. smallstart_oogle
  3. Game-Builder
  4. apple
  5. rebuild

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP