menu

アジア各国の賃金

過去10年間の各国の賃金の変化を見ると、中国やアセアン諸国の上昇率が比較的高く、台湾・韓国・日本の上昇率は比較的低くなって います。 中国の深センを1としたときに、各国の賃金が何倍かを指数化した数字を比較すると、タイは若干上昇、マレーシア、インドネシアは、 比率が10年前とほぼ同程度の水準で推移しているのに対し、フィリピン、ベトナムは若干低下しています。また、台湾、韓国、日本も比 率は低下しています。特に、日本は、長く続いた低成長により、2005年の9.8倍から5.9倍へと低下しています。以下は各国平均賃金。

アジア・オセアニア各国の「製造業の一般工、エンジニア、中間管理層の月額賃金」、「非製造業のスタッフ、マネージャー の月額賃金」、「店舗スタッフ(アパレル、飲食)の月額賃金」の賃金水準(基本給)データを、以下の通りです。(三菱東京UFJ銀行)

AIが医師の代わりになるイギリス

世界最小クラスの「紛失防止」IoTデバイス

関連記事

  1. できる社員は体力+根性?

    予防医学の一番のテーマは「オフィスワーカーの健康」小林雅氏(以下、小林)…

  2. AIで人事も自動に、オンデマンド配置が新潮流

    米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズなどいわゆる「ギグエコノミー」のパ…

  3. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜…

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが…

  4. AIが医師の代わりになるイギリス

    AIの導入により効率化を勧めた、リストラした、という取り組みは、今のところ民…

  5. Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイ…

    Googleがクラウドサービスとして提供している「Google Cloud …

  6. 中国の2000分の1以下、足踏みする日本のシェア…

    ネットを通じて自宅や車を貸し出すことなどで収入を得るシェアリングエコノミーの…

  7. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒…

  8. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行…

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP