menu

エストニアで無人運転バス導入。信号無視するワイルドな一面も

ロボットに変身することはありませんが、運転手なしで走行できます。

運転手のいないバスが2台、エストニアの首都タリンで試験運転を3日間実施しました。大きな事故はなかったものの、サイレンを鳴らしてるパトカーに道を譲らなかったり、赤信号を無視したりと、ヒヤリとする場面が何個かあったとか…。

無人運転バスは市内のMere通りからTallinn Creative Hubまでを走ります。現在は使われていない路面電車の跡を走るため、他の交通と接触する機会は少なく、普通の道を走るよりも安全です。他の交通と接するのはMere通りとAhri通りの交差点だけ。最高速度で走れば時速50から60kmほどを出すことができますが、試験段階では安全のため時速20㎞で運行しているそうです。

1 エストニアで無人運転バス導入、信号無視するワイルドな一面も
Photo: Rene Suurkaev / ERR

法律で責任者が乗車していなければいけないので、運転手はいませんが、係員が乗車しています。乗客に無人運転技術の説明をしたり、緊急停止ボタンの制御をするとのことです。無人運転バスは日曜日以外の朝8時半から夕方の5時半まで、今月いっぱい運行しています。約10万ユーロ(約1300万円)の予算を費やして導入された無人運転バス、乗車賃はタダなんです! これは乗るしかないですよね。とは言っても…日本からエストニアまで行くのには、10万円以上かかります。

Video: EASYMILE / Vimeo
EasyMile driverless shuttle at EPFL University in Lausanne, Switzerland from EasyMile on Vimeo.

この無人運転バスを運営するフランスのベンチャー企業EasymileはDeNAと提携しており、実はすでに国内でも大学のキャンパスやショッピングモールで試験導入されたことがありました。DeNAはヤマト運輸とも手を組み、無人運転車が受取人の指定する場所に荷物を届けるサービス、「ロボネコヤマト」の試験サービスも行っています!(GIZMODO)

Video: ロボネコヤマト / YouTube

 

渋滞時にはとても便利そうな自動運転。利用にあたって緊急車両時には手動運転にするなど、法規制も取り入れつつ漫画の世界だった自動運転も日常のものとなっていくかもしれません。

インドと日本の「非欧米型」イノベーションから学べること

世界中で拡大する「ギグエコノミー」。過去1年で26%成長

関連記事

  1. 岐路に立つフードデリバリー、勝者と敗者を分けた要…

    日本でもUber eatsなど今までデリバリーをしていな…

  2. global

    中国進出企業は知らないとマズい独特な「経営パート…

    中国で頻繁に耳にする中国版経営パートナー制度しばらく前、中国に進出し…

  3. smallstart

    Facebookが機械翻訳の質を劇的に向上させる…

    Google翻訳は2016年に「ニューラル機械翻訳(Neural Machi…

  4. medicalAI

    九大起業部、会社第1号 AIで病理画像診断 社長…

    九州大の学生らが、病理画像診断ソフトの開発を手掛けるベンチャー企業「Medm…

  5. 韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植…

    最近はIoT家電も徐々に発売されつつありますが、今回紹介…

  6. dobai

    300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

    成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であっ…

  7. 工場現場で手を守る頑丈な手袋

    学生時代アルバイトで鉄工所で働いていたことがありましたが…

  8. イスラエルのスタートアップが見せてくれる近未来

    もはや私たちの日常生活に欠かせなくなった携帯電話。デジタル化がさらに進む世界…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP