menu

エヌビディアの次を狙う新興企業「AI特化型チップ」で激戦開始

近年、人工知能(AI)分野ではディープラーニングが最もホットなトピックとなった。グーグルフォトに導入された写真の整理機能や、アマゾンやアップルの音声アシスタント機能、自動運転車の開発にあたってもディープラーニングは欠かせない。

しかし、ディープラーニングの進化には巨大なコンピュータ処理能力が要求され、既存の半導体チップでは膨大なアルゴリズムを処理しきれないのが現実だ。この現状を踏まえ、エヌビディアやインテルらの大手や、新興のスタートアップ企業はAIに特化したチップ開発にしのぎを削っている。

この分野で最大の注目株といえるのが、カリフォルニア州ロスアルトス本拠の「セレブラス・システムズ(Cerebras Systems)」だ。PitchBookの情報によると、同社の調達資金総額は1億1200万ドルに及び、企業価値は8億6000万ドル(約948億円)とされている。しかし、セレブラスは現状でまだ一つの製品もリリースしていない。

関係筋によるとセレブラスはディープラーニングの「トレーニング」に特化したハードウェアの製造を行っている。トレーニングとはコンピュータが学習を行うためのプロセスで、例えるならばシャム猫とメインクーン(大型の家猫)の違いを巨大なデータベースから学習する過程のことだ。このプロセスには莫大な情報処理パワーが要求される。

2016年創立のセレブラスには半導体分野のベテランがそろっている。共同創業者でCEOのAndrew Feldmanは、高密度サーバベンダーの「SeaMicro」を設立した人物として知られ、同社を2012年に3億3400万ドル(約368億円)でAMDに売却した。

その後、FeldmanはAMDで約2年半、バイスプレジデントとして勤務した後、同僚らとともにセレブラスを立ち上げた。メンバーには1990年代にサンマイクロシステムズでシニアチップデザイナーを務めたGary Lauterbachも含まれている。

 

セレブラスの出資元にはBenchmark CapitalやOpen Field Capital 、Foundation Capitalらの名前があげられる。Foundation Capitalはセレブラスの競合といえるAIチップメーカーのGraphcoreにも出資を行っている。

現状でディープラーニング向けの半導体市場の覇権を握るのはエヌビディアだ。ゲーム等のグラフィック処理に用いられてきたエヌビディアのGPUは、数年前からディープラーニングのアルゴリズム処理に最適であるとみなされ、AI革命を牽引する企業としてのポジションを確立した。

しかし、セレブラスのようなスタートアップ企業らはディープラーニング領域にGPUを上回る製品を投入しようとしている。フォーブスの電話取材にCEOのFeldmanはこう述べた。

「GPUがこの領域で最も優れた製品というわけではない。エヌビディアの製品はインテルのCPUよりは、ディープラーニングに適しているとは言えるが、GPUはもっと広範囲な利用ケースを想定した製品だ」

ディープラーニングに特化したAIチップの製造を行うスタートアップとしてはほかに、カリフォルニア州キャンベル本拠の「Wave Computing」や、英ブリストル本拠の「Graphcore」らがあげられる。

エヌビディアは時価総額11兆円に

エヌビディアの時価総額がこの1年で3倍に上昇し、1000億ドル(約11兆円)近くに達した今、AIチップ領域には莫大な資金が注がれている。Wave Computing とGraphcoreの2社はそれぞれ6000万ドルを調達した。GraphcoreにはディープマインドCEOのDemis Hassabisやウーバーの主任研究員のZoubin Ghahramani、イーロン・マスクが支援するオープンAIのメンバーらも出資者として参加している。

中国のAIスタートアップ企業「Cambricon」も先日、中国の政府系ファンドが主導するシリーズAで1億ドルを調達したばかりだ。

しかし、資金調達が加熱する一方でこの分野には多くの課題がある。チップの製造には数年の期間を要し、現状のプロダクトはどれもまだ試作品の段階だ。どの企業が勝ち抜くかを見抜くのは非常に難しい。

また、これらの新興企業がどの程度の市場規模を獲得できるかも不確定だ。AIチップメーカーの最大の顧客となるのはデータセンターだが、この分野は米国ではアマゾンやアップル、フェイスブックやグーグル、マイクロソフト、中国ではバイドゥ、アリババ、テンセントが握っている。

グーグルは既に独自のAIチップであるTPU(Tensor Processing Unit)を開発しており、マイクロソフトはFPGA(field-programmable gate array)と呼ばれるチップの採用を進めている。

クアルコムは5兆円でオランダ企業を買収

また、この領域では統合化の流れも起きている。インテルはプログラム可能なチップメーカーのAlteraを167億ドルで買収し、自動運転支援のMobileyeを150億ドルで傘下に収めた。さらにインテルはAIスタートアップのNervanaを4億ドルで買収している。

一方、クアルコムは自動運転分野で躍進が期待されるオランダの半導体メーカー「NXPセミコンダクターズ」を470億ドル(約4兆9300億円)で買収し、EU当局の承認を待っている段階だ。

クアルコム傘下のベンチャーキャピタル、クアルコムベンチャーのQuinn Liは市場の見通しを次のように述べる。

「我が社もセレブラスのようなAI特化型チップメーカーの動向には関心を持っている。しかし、この分野で最大の顧客となりうるデータセンター市場には不確定要素が多く、現状では出資を行っていない。見込まれる顧客数は限定的であり、エヌビディアが覇権を握る市場への参入は困難だ」

現状では市場の動向を探っている段階だ、とLiは言う。「グーグルは既に自社で独自のAIチップの開発を進めており、自社開発のメリットを感じている。アマゾンやマイクロソフトは、もしかしたらセレブラスに関心を持つかもしれないが、我が社としてはまだこの分野の市場規模を見極めている段階だ」(Forbes)

 

並列処理が得意でNVIDIAと同じようにGPUを開発していたAMD社も「FireStream」というブランドで GPGPU 製品を展開していましたが、今 1 つの状態の状態になっていました。 しかしAI事業・市場は巨大な為AMDも新 GPU「VEGA」(開発コードネーム) を発表して、この状況の巻き返しを図っており、各社しのぎを削っている状態のようです。

日本人がシリコンバレーで起業したFlyDataが400万ドルを調達して、日本オフィスを開設

イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 2017」が開幕

関連記事

  1. 岐路に立つフードデリバリー、勝者と敗者を分けた要…

    日本でもUber eatsなど今までデリバリーをしていな…

  2. global

    中国進出企業は知らないとマズい独特な「経営パート…

    中国で頻繁に耳にする中国版経営パートナー制度しばらく前、中国に進出し…

  3. smallstart

    Facebookが機械翻訳の質を劇的に向上させる…

    Google翻訳は2016年に「ニューラル機械翻訳(Neural Machi…

  4. medicalAI

    九大起業部、会社第1号 AIで病理画像診断 社長…

    九州大の学生らが、病理画像診断ソフトの開発を手掛けるベンチャー企業「Medm…

  5. 韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植…

    最近はIoT家電も徐々に発売されつつありますが、今回紹介…

  6. dobai

    300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

    成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であっ…

  7. 工場現場で手を守る頑丈な手袋

    学生時代アルバイトで鉄工所で働いていたことがありましたが…

  8. 経営陣「AIで業務改革をしろ!」→現場「そう言わ…

    「ハワイ島で気になることがあったら質問してね!」――日本航空(JAL)が、A…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP