menu

テレビ局などにVR×AIサービスを提供するジョリーグッド、ディップらから総額4億円を調達

テレビ局や制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro(グル・ブイアール・メディアプロ)」や、VRコンテンツとユーザーの視聴行動を解析する人口知能エンジン「VRCHEL(ヴァーチェル)」などを提供するジョリーグッド。同社は11月17日、ディップ、エースタートを引受先とした第三者割当増資により、総額約4億円の資金調達を行ったことを明らかにした。

ジョリーグッドは2014年5月の創業。代表取締役CEOを務める上路健介氏は、テレビ局で技術者として番組制作に従事した経験を持つ人物だ。
>同社が展開するサービスのひとつGuruVR Media Proは、テレビ局や制作会社向けのVRソリューション。撮影から編集、配信までの制作環境をワンストップで提供していることが特徴で、撮影や編集システムに加え、配信や効果測定に活用できるCMSも備える。

2016年6月のリリース以降、すでに北海道放送の「HBC VR」やテレビ西日本の「VR九州」、毎日放送の「絶景散歩VR」など各地のマスメディアと共同で多数のVRサービスを展開している。

おなじく同社が手がけるVRCHELは、VRコンテンツの属性とユーザー視聴行動のパターン解析を行う人工知能エンジンだ。映像や音声から各VRコンテンツの詳細を分析するだけでなく、実際に視聴したユーザーの行動を分析することで最適なソリューションを提案できるのが強み。こちらも東海テレビと共同で展開するVRアプリ連動テレビ番組などで活用されているという。

ジョリーグッドでは今回の調達資金によりサービス拡充と体制強化を行い、引き続き地域や企業にVR×AIソリューションを提供していく。(TechCrunch)

経営陣「AIで業務改革をしろ!」→現場「そう言われても」 JALがAIを“実用化”するまで

ai-speakerAIスピーカー なぜ注目?

関連記事

  1. Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイ…

    Googleがクラウドサービスとして提供している「Google Cloud …

  2. uber

    ギグ・エコノミーじゃなくて起業家エコノミー

    Uberはそのライドシェアリングのサービスを始めた時から、労働者であるドライ…

  3. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2…

  4. small start-voice

    封筒を開けないでも内容物が音声メッセージでわかる…

    チューリッヒ生命は10月30日、目が不自由な顧客へのサービス向上の一環として…

  5. タイでビジネスをするなら欠かせない「世界初の国家…

    微笑みの国タイといえば、ムエタイ、象、タイカレーやトムヤンクンなどを連想する…

  6. uber創業前夜

    ウーバー誕生前夜 

    2017年の年の暮、ソフトバンクグループがシェアリングエコノミー…

  7. 都市の成長力ランキング

    野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性…

  8. ベトナム産蜂蜜の輸出、量多くも価格は世界最低

    ベトナム養蜂協会や養蜂研究所などは17日、蜂蜜の品質向上と輸出促進をテーマと…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP