menu

デルが女性起業家支援をはじめて8年 状況は変わったのか

シリコンバレーの女性起業家は
セクハラのリスクと戦っている

Dell TechnologiesのCCO、Karen Quintos氏。着ているのは地元女性デザイナーの服。3人の子の母でもある

――女性起業家の支援を開始して8年になります。女性起業家を取り巻く環境はどう変わりましたか?

Quintos氏 女性起業家に関する話題が増え、フォーカスは大きく改善しています。7、8年前は女性起業家の課題や潜在性は話題になっていませんでしたが、Dellがこの問題に大きなスポットを当てて認知を広めることができました。これは、個人的にも誇りに思っています。

性別に関係なく起業家は雇用創出に大きく貢献しており、社会、経済にとって重要な存在です。中でも女性の起業は、男性を上回るペースで増えています。ですがイベントに合わせて発表した女性起業家の環境調査では、トップのニューヨークですら100点満点中63点。まだまだ改善の余地があります。

――女性起業家が抱える課題とは?

Quintos氏 課題はDWENのスタート当初から変わっていません。資本へのアクセスです。VCのベンチャー投資のうち、わずか3%しか女性が経営するベンチャーに注がれていないのです。

一方で、変化も見られます。女性投資家が起業家に投資するという動きが顕著になってきました。例えばTrue Wealth Venturesは女性パートナーが起業し、コンシューマーヘルスケア分野の女性起業家にフォーカスしています。アジアと米国の女性起業家に投資するSoGal Venturesはミレニアルの女性にフォーカスするという新しいVCですが、やはり女性がVCです。世界的に見られる動きで、女性起業家最大の課題である資本へのアクセスを解決する素晴らしい動きと言えます。

3年前、オースティンでイベントをした時、13歳(当時)のデザイナーを招待しました。すでに大手デパートのNordstromでも販売されており、成功していましたが、「最大の課題は資本」と言っていました。それまで両親の資金でしたが、次のレベルに進むには大規模な資金が必要だったのです。そこで参加していた女性パートナーがイベント後に彼女を呼び、自分のVCでピッチさせるチャンスを作りました。無事に投資を得られたと聞いています。

資本へのアクセスの他には、メンターやロールモデルが欲しい、専門知識へのアクセスが欲しいといった声を聞いています。

 

デルは女性起業家を
どう支援してきたのか

――Dellの支援も変わりましたか?

Quintos氏 このイベントは支援の一つですが、イベントをするうちに政策に訴える必要を感じました。

そこで数年前から、国別、そして都市別で女性起業家の環境を継続的に測定しています。指標となるのは市場、人材、資本、文化、技術で、例えば女性に対するポジティブ/ネガティブなツイートの数、女性が企業の幹部や議会に占める比率、有給の産休・育休など72項目についてのデータから割り出したものです。どの項目が弱いのかを都市に提示することで、具体的な対策が取りやすくなります。

実際に本社のあるテキサス州で起業家支援の提案を行なった結果、政策を変えることができました。

今年はこれに加えて、女性支援を目的とした:AIサービス「Alice」を用意しました。5月のDell EMC Worldで発表したもので、女性起業家のアイディアにDellの社内起業家が賛同し、Dell Technologiesの傘下にあるPivotalと共同で開発しました。メンターのマッチング、コミュニティに参加してアドバイスを求めるなどのことを、音声ベースのインターフェイスで利用できます。DWENのようなイベントでは物理的にもリーチできる起業家が限られます。Aliceにより、イベントに参加できない女性も支援できます。

パイプラインの問題に対しては、「Girls Track」を展開しています。少女たちの間でSTEM(科学、技術、エンジニア、数学)への関心が低くなっており、これを解決できると考えます。今年は20人が参加し、サイバーいじめなどをテーマに解決を考えてもらいました。

今後も、Dellがどのように支援できるのかを探り、女性起業家が抱えている課題や存在そのものを世界に広めていきます。

Dellはこれらの取り組みに数百万ドルを投じていますが、これに加えて女性がトップを務める企業から、提携も含めて年45億ドルを調達しています。

――シリコンバレーでは男性VCによる女性起業家へのセクハラ問題が持ちきりです。

Quintos氏 非常に残念なことです。VCは素晴らしい女性起業家からメリットを得られるはずなのに。我々Dellは、このような性によるものを含むあらゆる偏見を一切許しません。

セクハラがあったところは文化を変えなければなりません。Dellは一部のVCに、Dell社内の取り組みを紹介しました。女性起業家に対しては、数年前からどのようにピッチするか、VCに資金を求めるかの話し方をアドバイスするSpringboard Enterprisesの「Dolphin Tank」をDWENやその他のイベントで提供しています。

デルは大きくなっても
ベンチャー精神が生きている

――DWENはDellのビジネスにどう貢献していますか? この8年の間、Dell自身も非公開化、EMC買収と大きな変化がありました。

Quintos氏 続けてきたことは、我々の女性起業家支援のメッセージが表面的なものではないことを表しています。Dellは創業者(Michael Dell氏)が現在もトップを務めており、大きくなった現在でもベンチャー精神のある企業です。

DWENのきっかけは、女性起業家の求めている製品やサービスは何かを探ることで、数十人に集まってもらいました。その結果、Dellの技術、製品、サービスは彼女たちが必要としているものにかなり近いことがわかりました。

当初、なるべくDell製品を売りつけるイベントにならないように心がけていましたが、3年ぐらい前から、女性起業家も技術の活用に積極的になり、このイベントでもDellの技術について教えて欲しいという声をよく聞くようになりました。そこで、セキュリティ、クラウドといった技術分野別のワークショップを開いたこともあります。アジア、欧州のトップもイベントに参加しており、地元の起業家のニーズを汲み取ってもらっています。

私自身は顧客責任者として、彼女たちの声を製品側に反映させています。また、毎日顧客にあっているので、女性やダイバーシティを支援したい、そのような企業から調達したいという企業に、DWENの参加企業を紹介できます。

――男性のVCを呼ぶ計画は?

Quintos氏 声をかけています。VCだけでなく、男性が参加することも重要だと思います。参加しないのなら、優秀な女性起業家を見つけて投資するチャンスを女性のVCが持っていくだけのことです(笑)。(Diamond)

AIで死後の記憶を残せるか

スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

関連記事

  1. ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

    [ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)…

  2. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  3. 置き忘れを防ぐ スマートウォレット

    靴や鞄、腕時計とともに質の良い財布は、できるビジネスマンにとって重要な小物の1つ。30代に差しかかる…

  4. alibaba

    中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小にも

    中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける食品や化粧品などを中国市…

  5. venture_smallstart

    「凡人起業」のススメ

    【ビジネスパーソン大航海時代】過去の時代にない働き方が選択できる「大航海時代」がやって来ました。この…

  6. フランスの給与サービスPayFitが1590万ドルを調達

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(1400万ユーロ)を調達…

  7. 世界最速のスタートアップ育成所、中国深セン「HAX」の起業家たち…

    中国は西洋のコピー製品を作る工場だという考え方はもう古いし、それは率直に言って無知だ──。2…

  8. 完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

    米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP