menu

起業活発、日本は最低水準

 ベンチャーなどの起業活動に関する国際調査であるGEM(起業家精神に関する調査)によれば、18~64歳人口に占める起業活動を行う人の割合は、日本が調査国の最低水準にある一方、シリコンバレーなどを抱える米国が高くなっている。また、アジア諸国においては、先進国のシンガポールや韓国が日本を上回るほか、新興国での起業活動は一層活発であり、米国を上回る割合で起業を行う国が少なくない。

 GEMでは、起業機会(が今後半年間にあると考える人の割合)や、失敗に対する不安(により起業を見送った人の割合)に関する認識についても調査している。起業機会があると回答する割合は、新興国で高くなる傾向があり、市場の拡大や産業構造の高度化が急速に進む中で、さまざまなビジネスチャンスが生まれていると考えられる。

他方、起業の失敗に対する不安を持つ人の割合は、アジア新興国で概して小さいものの、タイ、ベトナムでは日本を上回っている。この理由についてGEMの国別リポートでは、2008年9月のリーマン・ショック後の事業環境悪化や、特に女性において不安に感じる割合が高いことなど文化的な影響が指摘されている。

それでも、両国での起業機会に対する認識は、ほかのアジア新興国と同様に高く、現実に起業活動を行う人の割合も、ほかのアジア新興国並みに高い。文化的な背景などにより起業に対する姿勢が慎重になっている可能性はあるが、豊富なビジネスチャンスの存在が活発な起業活動を支えていると考えられよう。(SankeiBiz)

心肺蘇生ができる人を派遣するアプリがドイツでテスト中!欧州全体での展開も視野に

人材マッチングYello創業者が語る「シカゴで起業するのが最高な理由」

関連記事

  1. 中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向…

    中国の習近平国家主席は、先日の世界経済フォーラム(ダボス会議)の基調講演で「…

  2. モバイル・インターネット時代の中国の投げ銭システ…

    モバイル・インターネット時代の投げ銭・おひねりFacebookの「い…

  3. 農山村の暮らし学ぶ「塾」開講へ 24日と4月7日…

    真庭市などは6月、同市中和地域で農山村の暮らしや里山資源を活用した起業などを…

  4. startup

    マジックなんてなかった!スタートアップ企業の初期…

    あなたがもしスタートアップや新しいビジネスを始めようとしているのであれば、製…

  5. fukugyou

    目指せ「副業天国」!会社に眠るオジサンの実力を解…

     本連載は、昨年(2013年)まで米ビジネススクールで助教授をしていた筆者…

  6. ベトナム産蜂蜜の輸出、量多くも価格は世界最低

    ベトナム養蜂協会や養蜂研究所などは17日、蜂蜜の品質向上と輸出促進をテーマと…

  7. investmenttrust

    月3万円投資で「3000万円」作れる投信がある

    大手投資運用会社であるGCIアセット・マネジメント執行役員の太田創氏は、実…

  8. フランスの給与サービスPayFitが1590万ド…

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP