menu

ベトナムからの訪日客、今年は個人客が大幅増

日本政府観光局(JNTO)は21日、「第17回JNTOインバウンド旅行振興フォーラム」を東京都内で開催した。各国別訪日市場の講演会では、JNTOハノイ事務所設置準備室の高橋歩室長がベトナム市場について解説。昨年12月にベトナム人の査証(ビザ)取得要件が緩和されたことから、今年は個人客が大幅に増えるとの見通しを示した。

20170222 icn jnto w
JNTOインバウンド旅行振興フォーラムの様子=21日、東京(NNA撮影)

ベトナム人の観光ビザはこれまで、指定旅行会社128社のパッケージツアーに申し込んだ場合に発給された。これが昨年12月15日から在ハノイ日本大使館、在ホーチミン日本総領事館に登録した29の旅行会社が、ほぼすべてのビザ申請を受け付けできるようになり、査証取得が容易になった。

高橋氏は、「ベトナム人が行きたい国第1位である日本へのインセンティブ旅行や個人旅行が増える」と述べた上で、ベトナムの地方から日本へも行きやすくなると指摘した。

2016年のベトナムからの訪日客は前年比26.1%増の23万3,787人。このうち、留学生と技能実習生が全体の半分を占める。昨年末の要件緩和は、こうした実習生らの家族が日本を訪問しやすくなることから、個人客の一層の増加が期待できるという。

若者の1日のインターネット接続時間は平均4時間。このことから高橋氏は、「訪日プロモーションは、観光パンフレットよりも、SNSやウェブサイトを通じた売り込みが有効だ」と語った。

JNTOのフォーラムは22日まで開催し、約730人が参加を登録。地図アプリや観光関係企業、地方自治体などによる商談会も行われた。JNTOは今年3月までのハノイ事務所開設を目指す。(NNA)

はとバスを窮地から救った本当の「現場重視」とは?

年々増加する訪日ベトナム人観光客 彼らの本音と情報源とは?

関連記事

  1. AI都市

    未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市

    いま、この都市が熱い!パリ(フランス)マクロン大統領就任も追い風、起業家が生活しやすいパリの…

  2. 中国自転車シェア市場「2強対決」 アリババ陣営ofoが優勢

    中国の自転車シェア企業「ofo(小黄車)」は7月6日、アリババが主導する資金調達ラウンドで7億ド…

  3. イスラエル発、”動画を観ながらそのまま購買できる”動画通販機能を…

    動画のインタラクティブ化技術を開発するイスラエル企業Retube.incが、イスラエルスタートアップ…

  4. リトアニアで密かに発展する仮想通貨・ブロックチェーン業界——Bl…

    本稿は、仮想通貨に特化したシンクタンク Baroque Street による寄稿です。本稿を…

  5. “サラリーマンが副業”稼げるバイトの実態…

    飲食店でのアルバイトから、自宅を使ったシェアハウスまで。本業以外で稼ぐにはいろいろな道がある。副業の…

  6. 急成長中のシリコンバレー・スタートアップ企業、バンティック、日本…

    あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」に対応したイベント・ドリブン型アプリケーション開発プ…

  7. 男女別「オンラインショッピング」はこんなに違う!

    男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありま…

  8. ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算してお…

    旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。ポーランド…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP