menu

ベトナム・ダナン市−日系企業、進出ラッシュ

ベトナム第3の都市、ダナン市への日系企業の進出が加速している。2011年に約50社だったダナン日本商工会の会員数が、今年3月までに約120社に達している。日本でダナン市に関するセミナーが増えて認知度が高まってきたほか、直行便の開設で日本からのアクセスが向上している点が奏功している。同市は11月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開催地となり、一段と注目されそうだ。(大城麻木乃)

ダナン市は首都ハノイ、商都ホーチミン市に次ぐ第3の港湾都市。人口は現在約100万人だが、25年には200万人に達すると予想されている。

ベトナム航空が14年7月に成田空港からの直行便を開設したことで日本からの観光ブームに火がついた。渡航需要の高まりを受け、今年9月にはベトナムの格安航空会社ジェットスター・パシフィックが関西空港から直行便を就航する予定だ。

企業進出も盛ん。ハノイ市やホーチミン市に比べ大卒の人材確保が容易なことから、IT企業の集積地になりつつある。また、ベトナムからミャンマーまでを道路でつなぐ「東西経済回廊」の起点に位置するため、物流企業の進出も目立つ。

ベトナム商工会議所と米国国際開発庁が実施したベトナム各都市の投資環境ランキングによると、ダナン市は16年まで4年連続で首位。ハノイ市など他の都市に比べ投資手続きが容易で市政府の投資誘致も熱心なことが評価されている。ダナン市人民委員会はさらなる投資誘致を目指し、22日の週に相次いで、埼玉県と北海道で投資促進セミナーを開く。

日本貿易振興機構(ジェトロ)は3月にダナン市の衣・食・住情報を紹介する冊子「ダナンスタイル」を発行。11月のAPEC首脳会議に向け、地元は「空港やホテルなどのインフラ整備が急ピッチで進んでいる」と指摘している。投資が投資を呼ぶ好循環が生まれつつあり、ダナン駐日代表部(東京都千代田区)によると、「最近はビジネスホテルの進出も増えている」という。(日刊工業新聞)

米国のベンチャーキャピタルが狙う日本に潜む「第2のグーグル」

ベトナム発日本行き、留学生12倍超に-経済成長が後押し

関連記事

  1. ベトナムのお給料事情

    ベトナムで働く日本人は大きく分けて、日本の会社から派遣されて駐在員として働く場合と、ベトナムにある会…

  2. ニッポンの大問題 ギグエコノミーの吉凶

    聞き慣れませんが、ギグエコノミーが世界を席巻しそうです。個人が雇われずに仕事を請け負う。自由…

  3. blockchain

    医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

    仮想通貨を支える技術として近年、注目を集めるブロックチェーン(分散型台帳)。データをネット上に分散さ…

  4. 絵を売りながら旅をする生活

    才能とネットを活かした新しい生活が普及してきています。ロンドン在住のMaxwell Ti…

  5. Kickstarterが日本に上陸

    クラウドファンディングサービス「Kickstarter」が、2017年中に日本に上陸することが分かっ…

  6. NEC、クラウド型「働き方見える化サービス」を開始–…

    日本電気(NEC)は7月5日、企業における働き方改革の支援を目的とした、クラウドを活用し1IDあたり…

  7. learnfromyourmistake

    失敗から学ぶ「起業」―成功を勝ち取るために押さえておくべき“教訓…

    近年、起業のハードルは下がったという声もある。一因にあるのはやはりインターネットの普及であり、ユーザ…

  8. orchestrabusiness

    「儲からない」オーケストラ、どうやって運営している?驚愕の資金集…

    クラシック音楽が好きという人は多いと思うが、音楽家がどのような生活を送っているのか、オーケストラがど…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP