menu

ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算しておよそ11万7800円。

旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。ポーランドを旅行するには、いくらぐらいお金がかかるのでしょうか。ポーランドを1週間周遊した筆者が、実際にかかった旅の費用をお伝えします。

メルヘンチックな中世の街並みや、素朴で可愛らしい陶器で人気を集めているポーランド。「負の世界遺産」のアウシュビッツ博物館があることでも知られていますね。

訪問都市と滞在日数
ポーランド旅行1週間の【リアルなお金の話】コスパ抜群でおすすめの国! 画像1

1週間(7泊8日)で、ワルシャワ、ヴロツワフ、クラクフ、オシフィエンチム(アウシュビッツ博物館)とヴィエリチカ(ヴィエリチカ岩塩坑)の5都市を訪問しました。

ワルシャワに到着して1泊、ヴロツワフで1泊してから、クラクフに移動して4泊。クラクフから日帰りで、アウシュビッツ博物館とヴィエリチカ岩塩坑にも足を延ばしました。その後、再びワルシャワに戻って一泊。左回りで円を描くようなルートをとりました。

旅のスタイル
ポーランド旅行1週間の【リアルなお金の話】コスパ抜群でおすすめの国! 画像2

頻繁に旅に出るため、筆者の旅行スタイルは低予算のバックパッカースタイルが基本。7泊すべてドミトリーに宿泊しました。しかし、自炊はせず、食事はすべてレストランやカフェ、フードコートなどでの外食で済ませました。

1000円でお腹いっぱい食べられるポーランド
ポーランド旅行1週間の【リアルなお金の話】コスパ抜群でおすすめの国! 画像3

ポーランドは、ヨーロッパのなかでは物価の安い国。クラクフは他の都市に比べてやや物価が高い印象を受けましたが、ポーランドでは、ドミトリーなら1泊1000円から宿泊でき、フランスやドイツといった西欧先進諸国に比べると、現地での出費はだいたい半額程度で済みます。

ヨーロッパで外食をすると、日本よりも高くつくことが多々ありますが、ポーランドでは1000円でお腹いっぱい食べることも可能。クラクフのおしゃれなカフェで、ボリュームたっぷりのピエロギ(ポーランドの餃子)とサラダのプレートとフルーツスムージーを注文したら、1000円でお釣りがきました。

1000円でちゃんとした食事がとれる国は、ヨーロッパでは貴重な存在といえます。

コストパフォーマンスが高いポーランド旅行
ポーランド旅行1週間の【リアルなお金の話】コスパ抜群でおすすめの国! 画像4

ヨーロッパの物価が安い国のなかには治安面で懸念が残ったり、英語が通じにくかったりして、旅慣れない人にはおすすめできないこともあります。

ところが、ポーランドの場合、少なくとも夏の観光シーズンに主要な観光地をめぐる限りにおいては、とても安全という印象を受けました。筆者は一人旅でしたが、それでも不安や恐怖を感じるような場面はありませんでした。

また、ポーランドの観光地ではたいてい英語が通じますし、宿泊施設は安くてもおしゃれで快適。都市間を移動するバスは新しいうえに無料Wifiも備わっていて、値段以上の満足度を得ることができました。

近年人気上昇中のポーランド陶器も、現地で購入すれば日本価格の半額程度です。

次は旅の総費用と内訳をご紹介!

ポーランド1週間周遊旅行にかかった費用
ポーランド旅行1週間の【リアルなお金の話】コスパ抜群でおすすめの国! 画像5

ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算しておよそ11万7800円。

内訳
航空券:8万円
宿泊費:1万円
現地での交通費:6500円
観光:6600円
ツアー参加費(アウシュビッツ博物館):3200円
食費:1万1500円

航空券以外の出費はわずか3万7800円。ヨーロッパでは破格の安さです。

※筆者はドイツから渡航したため、航空券のみ実際にかかった費用ではなく、東京~ワルシャワ間の往復運賃の参考価格を記載しています。なお、航空券の価格は旅行時期等の諸条件によって異なります。

ポーランド旅行1週間の【リアルなお金の話】コスパ抜群でおすすめの国! 画像6

かかる費用と、安全性や快適性のバランスを考えると、ポーランドはヨーロッパのなかではきわめてコストパフォーマンスの高い旅先といえるでしょう。

費用を抑えつつ、安全に中世ヨーロッパの街並みを楽しみたいなら、ポーランドで決まりかもしれません。(OVO)

世界を変え続ける イスラエル発のテクノロジー

心肺蘇生ができる人を派遣するアプリがドイツでテスト中!欧州全体での展開も視野に

関連記事

  1. smartphoneparts

    電子部品受注 また最高

    電子部品大手6社の2017年10~12月期の受注額は前年同期比15%増の約1…

  2. いま注目すべき、イスラエル発スタートアップ6選

    人工的に「鶏肉」を作り出すラボ、仮想通貨を搭載した170万円の携帯、病変の見…

  3. cryptocurrency_smallstart

    どうしてビットコインを選んだ人がいますか?その価…

    ビットコインの歴史が長くありません。それは2009年本聡に唱えされました。…

  4. アリババ、日本で中国発スマホ決済 QRコード使用…

    中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォン…

  5. nursing_smallstart

    米国で急成長を遂げる介護ビジネス

    スコベルは現在、他の人々がより落ち着いた形で家族の死や施設への入居…

  6. gig economy_telework

    テレワーク、本当に導入しないままでいいですか?

    テレワーク制度を導入する際に重視すべきポイントは何か。テレワークに関するト…

  7. (後)ブラジルの未来を切り開く日系人経営者 越山…

    『信用』最重視で家族経営の原点貫く先見性と品質本位で輝きが増す長崎県移住…

  8. 日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ…

    ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP