menu

中国、ネット検閲を強化 無許可のVPN禁止に

中国はよく知られているようにネット規制があるので、中国からgoogleなど見ることができません。また当局によって都合の悪い情報は突然カットされてしますので、中国に住んでいる外国人たちはVPNを使って自由なネットの世界にアクセスしていたのですが、どうもこのVPN接続さえも制限されていくようです。以下CNNより

 

香港(CNNMoney) 中国の工業・情報化省は24日までに、仮想プライベートネットワーク(VPN)の取り締まりを含むインターネット接続サービスの「浄化」を14カ月にわたって実施すると発表した。「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるネット検閲システムの回避を難しくする狙い。

新しい規制では、VPNサービスを提供する場合、事前に政府の許可を得ることを義務付ける。許可なくVPNを使うことも禁止する。

VPNを使えばインターネットのトラフィックが暗号化されることから、中国ではグレート・ファイアウォールをかいくぐって検閲対象のウェブサイトにアクセスする目的で使われている。同サービスは月額10ドル程度で利用できる。

中国のネットユーザー約7億3000万人はグレート・ファイアウォールに阻まれて、チベット問題や天安門事件などの情報にはアクセスできない。グーグルやツイッター、フェイスブックなど外国企業が運営するサービスも閲覧できず、中国政府に対する厳しい批判も検閲対象になる。

活動家などは中国政府がインターネット接続の管理に乗り出した1990年代半ば以来、検閲をかわすためのプログラム開発に取り組んできた。これに対して中国政府は度重なる規制強化で対応している。

今月に入って米アップルは、米紙ニューヨーク・タイムズのアプリを中国のアプリストアから削除した。この措置は、モバイルアプリを通じた禁止コンテンツの拡散を禁じる新規定に関係があると見られている。

昨年11月には中国政府が、サービスプロバイダーに対して個人情報の収集や中国で収集した情報の国外流出防止を義務付けたサイバーセキュリティー法を承認していた。(CNN)

中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

身近なIoT例

関連記事

  1. IoTと3Dプリンタの行方

    IoTという言葉が浸透して久しく、CESなどの家電ショーでも各家電メーカーだけではなく自動車メーカー…

  2. 中東のカリームが配車サービス運営開始

    中東で配車サービスを展開する「カリーム」が、イスラエル占領下のヨルダン川西岸地区で初めての送迎サービ…

  3. smallbusiness

    今、アメリカで注目のスモールビジネス、15社

    アメリカでは毎日、新たなスモールビジネスが登場し、交通、食品、ファッション、ビューティ、ゲームといっ…

  4. 拡大する「Gig Economy」とは

    米決済情報サイト「Payment.com」が発表した「Gig Work Index(GWI/フリーラ…

  5. いま注目すべき、イスラエル発スタートアップ6選

    人工的に「鶏肉」を作り出すラボ、仮想通貨を搭載した170万円の携帯、病変の見逃しを防ぐAI、危険を事…

  6. ドバイでも進む「女性の社会進出」

    イスラムの女性は働いてはいけない。車や自転車にのってはいけない。かつて、アフガニスタンがタリバン政権…

  7. ai-speaker

    AIスピーカー なぜ注目?

    AIスピーカーが日本でも相次いで発売されているみたい。どんなことができるの? 注目されているわけは?…

  8. 中国の起業年齢は平均24.67歳。「所得を増やす」より多い動機と…

    中国人青年の初起業年齢は平均24.67歳人的資源・社会保障部(省)労働科学研究所と宜信公司が…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP