menu

中国、ネット検閲を強化 無許可のVPN禁止に

中国はよく知られているようにネット規制があるので、中国からgoogleなど見ることができません。また当局によって都合の悪い情報は突然カットされてしますので、中国に住んでいる外国人たちはVPNを使って自由なネットの世界にアクセスしていたのですが、どうもこのVPN接続さえも制限されていくようです。以下CNNより

 

香港(CNNMoney) 中国の工業・情報化省は24日までに、仮想プライベートネットワーク(VPN)の取り締まりを含むインターネット接続サービスの「浄化」を14カ月にわたって実施すると発表した。「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるネット検閲システムの回避を難しくする狙い。

新しい規制では、VPNサービスを提供する場合、事前に政府の許可を得ることを義務付ける。許可なくVPNを使うことも禁止する。

VPNを使えばインターネットのトラフィックが暗号化されることから、中国ではグレート・ファイアウォールをかいくぐって検閲対象のウェブサイトにアクセスする目的で使われている。同サービスは月額10ドル程度で利用できる。

中国のネットユーザー約7億3000万人はグレート・ファイアウォールに阻まれて、チベット問題や天安門事件などの情報にはアクセスできない。グーグルやツイッター、フェイスブックなど外国企業が運営するサービスも閲覧できず、中国政府に対する厳しい批判も検閲対象になる。

活動家などは中国政府がインターネット接続の管理に乗り出した1990年代半ば以来、検閲をかわすためのプログラム開発に取り組んできた。これに対して中国政府は度重なる規制強化で対応している。

今月に入って米アップルは、米紙ニューヨーク・タイムズのアプリを中国のアプリストアから削除した。この措置は、モバイルアプリを通じた禁止コンテンツの拡散を禁じる新規定に関係があると見られている。

昨年11月には中国政府が、サービスプロバイダーに対して個人情報の収集や中国で収集した情報の国外流出防止を義務付けたサイバーセキュリティー法を承認していた。(CNN)

中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

身近なIoT例

関連記事

  1. できる社員は体力+根性?

    予防医学の一番のテーマは「オフィスワーカーの健康」小林雅氏(以下、小林)…

  2. AIで人事も自動に、オンデマンド配置が新潮流

    米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズなどいわゆる「ギグエコノミー」のパ…

  3. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜…

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが…

  4. アジア各国の賃金

    過去10年間の各国の賃金の変化を見ると、中国やアセアン諸国の上昇率が比較的高…

  5. Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイ…

    Googleがクラウドサービスとして提供している「Google Cloud …

  6. 中国の2000分の1以下、足踏みする日本のシェア…

    ネットを通じて自宅や車を貸し出すことなどで収入を得るシェアリングエコノミーの…

  7. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒…

  8. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行…

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP