menu

中国、ネット検閲を強化 無許可のVPN禁止に

中国はよく知られているようにネット規制があるので、中国からgoogleなど見ることができません。また当局によって都合の悪い情報は突然カットされてしますので、中国に住んでいる外国人たちはVPNを使って自由なネットの世界にアクセスしていたのですが、どうもこのVPN接続さえも制限されていくようです。以下CNNより

 

香港(CNNMoney) 中国の工業・情報化省は24日までに、仮想プライベートネットワーク(VPN)の取り締まりを含むインターネット接続サービスの「浄化」を14カ月にわたって実施すると発表した。「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるネット検閲システムの回避を難しくする狙い。

新しい規制では、VPNサービスを提供する場合、事前に政府の許可を得ることを義務付ける。許可なくVPNを使うことも禁止する。

VPNを使えばインターネットのトラフィックが暗号化されることから、中国ではグレート・ファイアウォールをかいくぐって検閲対象のウェブサイトにアクセスする目的で使われている。同サービスは月額10ドル程度で利用できる。

中国のネットユーザー約7億3000万人はグレート・ファイアウォールに阻まれて、チベット問題や天安門事件などの情報にはアクセスできない。グーグルやツイッター、フェイスブックなど外国企業が運営するサービスも閲覧できず、中国政府に対する厳しい批判も検閲対象になる。

活動家などは中国政府がインターネット接続の管理に乗り出した1990年代半ば以来、検閲をかわすためのプログラム開発に取り組んできた。これに対して中国政府は度重なる規制強化で対応している。

今月に入って米アップルは、米紙ニューヨーク・タイムズのアプリを中国のアプリストアから削除した。この措置は、モバイルアプリを通じた禁止コンテンツの拡散を禁じる新規定に関係があると見られている。

昨年11月には中国政府が、サービスプロバイダーに対して個人情報の収集や中国で収集した情報の国外流出防止を義務付けたサイバーセキュリティー法を承認していた。(CNN)

中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

身近なIoT例

関連記事

  1. イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェク…

    F1の技術がふんだんに使われています。たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEH…

  2. 中国で「爆買い」新サービス、ネットライブ中継で買い物

    中国は春節の大型連休に入り、旅行客が日本に押し寄せています。「爆買い」に陰りも見え始める一方で、中国…

  3. 「D2C」というリテールの新潮流

    先日、「急成長の「子供服の定期購入」サービス 創業半年で23億円を調達」という記事がNewspick…

  4. yousan

    「養蚕秘録」 江戸時代に日本から欧州への初技術輸出?

    今年は、明治改元から150年。維新は西洋から数々の先端技術や思想が流入し、日本に近代化をもたらした。…

  5. 岐路に立つフードデリバリー、勝者と敗者を分けた要因は?

    日本でもUber eatsなど今までデリバリーをしていなかったレストランがフード…

  6. aiclinic

    受診必要?AIがアドバイス…埼玉県が開発へ

    埼玉県は、病気やけがの際に医療機関での緊急受診が必要かどうかをアドバイスする人工知能(AI)システム…

  7. 起業活発、日本は最低水準

     ベンチャーなどの起業活動に関する国際調査であるGEM(起業家精神に関する調査)によれば、18~64…

  8. トルコ空港

    トルコ・イスタンブールに新国際空港、世界最大規模

    10月30日 AFP】トルコの最大都市イスタンブールで29日、新しい国際…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP