menu

中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

中国の習近平国家主席は、先日の世界経済フォーラム(ダボス会議)の基調講演で「今後5年で中国人の海外旅行者数は7億人に達する」と語り、2014年11月のAPEC会議で示した予測「今後5年で5億人」から上方修正した。

筆者は3年前、「2014年は中国人海外旅行者の年齢層が広がっていくだろう。両親、あるいは友達と旅行する若年層や、裕福なリタイヤ層も増える」と予想した。

中国のオンライン旅行会社、途牛(Tuniu)が先日発表した調査によると、2016年の18歳未満の海外旅行予約数は前年比で110%上昇した。同時に55歳以上の予約数も同88%増えた。これらの層は既にマーケット全体の18%を占めている。また、この数字は高齢層の間にオンライン予約が浸透していることも反映している。

子供の視野を広げるため、家族で海外旅行に行く人々も増えている。彼らは家族との時間をよりよいものにするために、観光と買い物を詰め込んだツアーを避け、個人旅行を選択する傾向も強い。

また、中国の大都市である一級都市や主要二級都市在住者の海外旅行件数は伸びが減速しつつある一方、地方在住者の間では急激に伸びている。例えば、この2年で新規就航された中国-タイ、日本路線の約3分の2は中国の二、三級都市の空港を使っている。

2016年にオンラインの海外旅行予約数が前年から倍増した都市は、ウルムチ、海口、洛陽、桂林、合肥といった地方部だ。いずれも200万人以上の人口を持つが、国外の人々にとってはなじみが薄いエリアと言える。

途牛の調査は、中国の海外旅行客の間で、買い物の重要性が薄れていることも示している。彼らは旅行先の上質なグルメにお金をかけるようになっており、ホテルもそれに対応している。(Fobes)

フィンテック都市のロンドン

中国、ネット検閲を強化 無許可のVPN禁止に

関連記事

  1. 急成長SaaSスタートアップに聞く、「カネ・ヒト・モノ」の要諦

    2017年7月4日に行われたイベント「Salesforece Trailhead Live Toky…

  2. 利用者は5億人超、謎のAI企業の音声アプリが変える中国の風景

    賃の支払いや電気代のことをカナダ人の賃借人に連絡しなければならない時、北京在住のシュー・ガンさん(4…

  3. スモールビジネスのIT担当者は9割以上が兼任

    デル株式会社は、全国のスモールビジネスのIT担当者に対して実施した意識調査の結果を発表した。調査では…

  4. 中国のデーティングアプリ「Momo」が最高益を記録 ― ライブス…

    位置情報を利用した中国のネットワーキング・アプリ「Momo」が発表した最新の決算によれば、同社のユー…

  5. 世界「急成長企業」ランキング、上位5社を中国企業が独占

    中国企業はここ数年、米国企業を上回る成長スピードを達成しようとしてきたが、なかなか難しかったのも現実…

  6. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Startup World Cup…

  7. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒が被災地にあった。革新を…

  8. medicalAI

    九大起業部、会社第1号 AIで病理画像診断 社長の医学部生「世界…

    九州大の学生らが、病理画像診断ソフトの開発を手掛けるベンチャー企業「Medmain(メドメイン)」を…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP