menu

中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足へ

日本商工会議所が、2月にも中小企業へのモノのインターネット(IoT)普及に向けた専門組織を発足させることが28日、分かった。全国の商工会議所と協力して、IoTを活用した製造工程管理などのシステムの導入を促進させる。中小企業では、人手不足が深刻化しており、生産性の大幅な向上を進める考えだ。

専門組織は委員長にNTTデータの岩本敏男社長が就任するほか、共同委員長には太田商工会議所の正田寛会頭(しげる工業相談役名誉会長)と大分商工会議所の姫野清高会頭(桃太郎海苔社長)が就く予定だ。このほか、学識経験者らを含め20人程度で構成する。

定期的に会合を開き、中小企業でのIoT導入の先行事例を共有し、各商工会議所を通じて、会員企業の導入促進を図る。また、各商工会議所でのセミナー開催を支援するほか、経済産業省のIoT人材育成の「スマートものづくり応援隊」との連携も強化する。

3月にはIoTで先行するドイツで開催される国際情報通信技術(ICT)見本市「CeBIT(セビット)」を視察するほか、現地企業の見学や意見交換を計画している。

大企業ではIoTの導入が加速しているが、情報関連の投資規模が小さな中小企業は大きく遅れているのが実情だ。だが、ICT各社では中小企業向けに特化したIoT導入のためのツールなどの提供も始まっている。日商は「中小企業の身の丈にあった導入を加速させたい」としている。(産経ニュース)

 

IoTと3Dプリンタの行方

韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植木鉢

関連記事

  1. cultureexperience_smallstart

    1杯のコーヒーから始まる感謝の旅

    体を張ったリポートで知られるジャーナリストが自分の飲むコーヒーに関わった人全員を洗い出しお礼を伝え…

  2. 中国打賞

    デジタルで変わる中国

    中国・深圳は今非常な勢いで変貌しているののですが、 そんな深圳のファーウェイ本社社員が、アプリや…

  3. 世界中のフリーランスに共通する驚くべき10の事実

    フリーランスが流行の兆しを見せています。米国だけで5500万人のインディペンデント・ワーカー(独立労…

  4. blockchain

    国連世界食糧計画(WFP)、食糧支援にブロックチェーン活用

    WFPの食糧支援では、支援対象者に現金や電子マネー、デビットカード、引換券などを配布し、自身がこれら…

  5. AI_chat_smallstart

    利用者の半数が受診をやめた AIチャット・ドクターは 医療費抑制…

    日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代…

  6. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク&革新的スタート…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデータ連携、セキュリティ、…

  7. ビットコイン大国を目指すスイスの挑戦

    <法整備と安全性の確保に手間取る他国に先駆け、金融立国スイスは仮想通貨ビジネスを全力で後押しする>…

  8. 全国鉱工業公設試験研究機関保有機器・研究者情報検索システム

    アメリカのシリコンバレーでは少数人数でのメーカースタートアップが盛況ですが、プロトタイプを動画で紹介…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP