menu

中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足へ

日本商工会議所が、2月にも中小企業へのモノのインターネット(IoT)普及に向けた専門組織を発足させることが28日、分かった。全国の商工会議所と協力して、IoTを活用した製造工程管理などのシステムの導入を促進させる。中小企業では、人手不足が深刻化しており、生産性の大幅な向上を進める考えだ。

専門組織は委員長にNTTデータの岩本敏男社長が就任するほか、共同委員長には太田商工会議所の正田寛会頭(しげる工業相談役名誉会長)と大分商工会議所の姫野清高会頭(桃太郎海苔社長)が就く予定だ。このほか、学識経験者らを含め20人程度で構成する。

定期的に会合を開き、中小企業でのIoT導入の先行事例を共有し、各商工会議所を通じて、会員企業の導入促進を図る。また、各商工会議所でのセミナー開催を支援するほか、経済産業省のIoT人材育成の「スマートものづくり応援隊」との連携も強化する。

3月にはIoTで先行するドイツで開催される国際情報通信技術(ICT)見本市「CeBIT(セビット)」を視察するほか、現地企業の見学や意見交換を計画している。

大企業ではIoTの導入が加速しているが、情報関連の投資規模が小さな中小企業は大きく遅れているのが実情だ。だが、ICT各社では中小企業向けに特化したIoT導入のためのツールなどの提供も始まっている。日商は「中小企業の身の丈にあった導入を加速させたい」としている。(産経ニュース)

 

IoTと3Dプリンタの行方

韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植木鉢

関連記事

  1. remotowork

    組織を腐らせる「ダメリモートワーク」

    働き方改革の一環としてリモートワークを採用する会社が増えている。社員はパソコンで会社につながればいつ…

  2. Consentium

    デジタル通貨取引機能を搭載するチャットアプリ「Consentiu…

    ユーザ間のマルチデジタル通貨取引を可能にするモバイルチャットアプリ、Consentium がアジアで…

  3. RaaS

    農業RaaSの衝撃 「何もない男」が日本中を歩いて見つけたこと

    人生の目標も、技術も、資金もない。できるのは、人に会って話をすることだけ。「何もない男」が探し、た…

  4. japanTraditionalcrafts

    中国人富裕層160人が人口17万人の職人の街、富山県高岡市を視察…

    「ものづくりの伝統と革新に挑む高岡に、中国から約160人のものづくり関係者が来訪!」10月初…

  5. フランスの給与サービスPayFitが1590万ドルを調達

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(1400万ユーロ)を調達…

  6. dobai2

    ドバイに学ぶ観光戦略

    普通であれば忙しいはずの年度末、わざわざ休暇を取ってドバイに行ってきました。お目当ては3月31日の競…

  7. smallbusiness

    今、アメリカで注目のスモールビジネス、15社

    アメリカでは毎日、新たなスモールビジネスが登場し、交通、食品、ファッション、ビューティ、ゲームといっ…

  8. battery

    東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低…

    東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らの研究グループは、デジタル化により世界最小電力で動作するB…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP